【アニメ】ペルソナ5 #03 A beautiful rose has thorns! レビュー | Y.A.S.

2018-04-24

【アニメ】ペルソナ5 #03 A beautiful rose has thorns! レビュー

リディスルのアトリエ、ようやく再開して波に乗ってきました。今回戦闘難易度高くないですか…?

ペルソナ5 #03 A beautiful rose has thorns!

サブタイトル

「綺麗な薔薇にはとげがあるの!」。作中の杏の台詞ですね。

Aパート

ベルベットルームの面々、完全に解説キャラになってますけど大丈夫ですか?

球技大会にオリンピックメダリストが普通に参加するとかいくら何でも大人げない。そして驚異のバレー部員負傷率。これ生徒達はともかく、親が問題にしなかったのはラッキーでしたね。

この作品はこの後もクズな大人が目白押しで、やったことだけを考えると鴨志田はまだましな方なんですけど、やってることがリアルというか、現実にありそうな内容ということで、めっちゃイライラさせられます。個人的にはラスボスの次くらいに嫌いなキャラですね。

Bパート

潜入シーンもあっさり風味でしたけど、ゲームのダンジョンの内容を思い出させるカットになっていました。ソファーの影にもよく隠れたなぁ。

杏のペルソナ覚醒シーンで、蓮が「フフフ…計画通り」みたいな顔してますけど、これ偶然ですよね。

「今日から俺達4人は、同じ目的のために組む仲間だ」っていう蓮の台詞いいですよね。現実で言ったらあまりに臭すぎますけど、ペルソナ世界なら許せる。

感想

ということで今回は4/13から4/15までが描かれました。ボス戦まで行くと思いましたけど、ちょっとスピードが緩まった感じがしますね。カモシダ・パレスはチュートリアル的な側面もあるので説明台詞も多かったですけど、次回はすっきりできる展開になりそうです。しかし第3話にしてもうオープニング省略とは、さすがのボリューム。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

正直言うと 取り調べをうけて過去を
振り替える演出
ゲームでも好きじゃなかった
軽いネタバレを見ているような
気分でした

そう思う方はいてもおかしくないと思いますね。yukkun20はネタバレがあまり気にならないタイプなので(シュタゲは特別)大丈夫でしたけど。

>取り調べをうけて過去を振り替える演出ゲームでも好きじゃなかった
 取り調べされてる時点の雨宮たちが、辛い立場に置かれてるのわかって、スッキリした気持ちで観られないんです。だから私も好きな演出じゃない。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます