2018-02-28

【Webコミック】星界の紋章 第26話 レビュー

2ヶ月連続更新&コミックス発売の反動なのか、今回大分待たされましたね…4ヶ月ぶりですか。でも待てば待つほど、殿下にお会いした時の喜びもひとしおというものです。

星界の紋章

漫画:米村孝一郎
レーベル:コミックメテオ

レビュー

ラフィールたちがしでかした浮揚車強奪事件を捜査中のエントリュア警部とカイト憲兵大尉。もっとも、どっちもイライラ状態です。

しかも強奪事件の犯人が、ラフィールたちかも知れないことがバレてしまいました。

今回はカイトの人間らしいところが見られますね。思った以上に表情豊かです。彼はアーヴと同じ、遺伝子改造された種族ですが、人類統合体では冷遇どころか差別されているんですよね。この後の展開がアレすぎてあまり同情する気がしないんですが、まあ歪んでしまった経緯には同情の余地があるか。

原作にはないオリジナルのセリフですね。若干森岡節の余韻が削られている&ニュアンスが変わっている気がしますが、わかりやすさはあっていいと思います。

今回はおっさん二人の会話で終わってしまいました。もしかしてこのシーンは端折ってさっさと開戦するのかと思いましたが、思った以上にじっくり描いてくださいました。ここをきちんと描いておくと、終盤のカイトの豹変に説得力が出てくるので良かったと思います。そのせいでセリフ量がすごいことになってますけど。

次回はついにペネージュさんの蹂躙戦かな?そこまで行くのは間違いなさそうですけど、終戦までいけるかどうかが微妙なところ。しかしあのシーンは作画が大変そうなので、もしかすると次回もちょっと先になるかもしれませんね。掲載期間が9/30までってぞんざいすぎるのも気になる。

今回の殿下

今回殿下の出番ないじゃん!

仕方ないので回想シーンの横顔だけでも…


※画像は第26話より引用


トラックバック URL

コメント & トラックバック

 ジンラフィの出番なくおっさん二人の会話に終始するって誰得…w。でもコアな星界ファンは、こういうの求めてたりするのでww、米村先生ファンのことわかってるwww。憎い会話こそ星界の本領。
>原作にはないオリジナルのセリフですね
 気づいてなかった…!だけどいい台詞。米村先生ここでも間違ってない。
>掲載期間が9/30までってぞんざいすぎるのも気になる
 そうなんですよね~!それはあんまりにざっくりで長すぎるのではと。…がんばって下さい。

つーかエントリュア警部出番多すぎじゃね?w
>原作にはないオリジナルのセリフですね
あのシーン、確かに原作の言い回しだと、過激派は帝国に対して「憎さあまって可愛さ百倍みたいになってる」というニュアンスだと思うんですよね。でも米村版だと、単に利用しようとしているというニュアンスになっていたので若干ずれがある気がします。ただその後のマルカたちの行動を見てると、米村版の解釈が正しいっぽいですよね。でもエントリュアはカイトにあまりいい印象を持ってないので、原作版はもしかするとわざとあいまいにしようとしたのかなーと想像も広がります。

>つーかエントリュア警部出番多すぎじゃね?
 紋章の裏主人公ですからw。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます