2017-05-20

【コミック】背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 10[完結] レビュー

デモンゲイズ2が面白すぎて、このペースだとTOF2017までにクリアしてしまいそうだ…TOF2017中にプレイするゲームを検討せねば。

さて、これまで感想を書いてきたこのマンガもついに最終刊です。横田先生、ありがとうございました!次回作も楽しみにしています(上品なマンガであれば…

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 10

著者:横田卓馬
レーベル:ジャンプコミックス
価格:432円

続きを読む(ネタバレ注意) »


トラックバック URL

コメント & トラックバック

>これまで感想を書いてきたこのマンガもついに最終刊です
 短かったですが、追いかけ回したマンガでした。
>横田先生、ありがとうございました!次回作も楽しみにしています(上品なマンガであれば…
 横田作品は下品なやつでも面白いです。ジャンプには載らなさそうですがw。

>自分が主役のポジションから完全に外れちゃっていたことを心配すべきなのでは(笑)
 つちわたが空気だった時期長かったです。でも、
>ライバル達ときっちり再戦を誓っていたり、次の大会に向けた目標を早くも考え出したりと、ようやく主人公らしいところも見せてくれました
 全国大会が終わったらまた主人公らしくなったことに安堵。
>決して超人的な成長ではありませんでしたが
 彼らが超人的主人公ペアじゃなかったのが背すピンのキモだと思います。

>本誌で見た時は打ち切りエンドか…とおもってちょっとがっかりしながら読んでました
 あれ読んだときはどん底でした。
>6巻で出てきたつっちーの妄想がまんま実現しているとは思わなかった
 いや、実際の三年つっちーはこんなにカッコよくないぞ?wそれと、
>(まあ微妙に空想の中の亘理さんの方が盛ってますけど(何を)
 ホントの三年わたりさんが貧n…ゲフンゲフン、控えめなスタイルなのは安心しましたw。大きいのは好みじゃないもん!www
>最終話は亘理さんの一人称で進んでいるのがまた憎いですよね
 禿同。
>あと八巻・椿ペアにかけられたこの一言は良かったですね
 最初は「キツいこと言われてしまったな」印象でしたが、冷静に考えると、八巻と椿の心構えはなってなかったです。精神性を軽視し過ぎてたのはその通りでした。しかし彼らは悔しさなどおくびにも出さず後輩を励ました。そこは偉かった。

>プロトタイプである「競技ダンス部へようこそ」が掲載されています!
 全背すピンファンが望んでたであろう掲載。
>部長が半端なく濃い
 背すピンの初期でも相当に濃かった。それがだんだん普通の少年としての素顔を見せて行くのがまた面白かった。
>わたりちゃんが純粋すぎて純粋すぎる
 背すピンでも十分ピュアなわたりさんですが、読み切りだと際立ってました。改めてマジ天使。
>打ち切りではなく、横田先生が描きたかったものは全て描ききってくださったんですね。ジャンプでは異色なマンガでしたけど、やっぱり良いものは支持されるんだということがよくわかりました
 描きたいものがないのに人気にぶら下がってダラダラ続けるよりずっと賢明な判断です。
>先生の次回作も楽しみにしています!
 私もです。下品なマンガでも、いいですよ?w

> ホントの三年わたりさんが貧n…ゲフンゲフン、控えめなスタイルなのは安心しましたw。
正直一年わたりさんのほうが僕の好み…ゲフンゲフン。
> 背すピンの初期でも相当に濃かった。
単にダンスという響きに群がる男共を蹴散らす出落ちキャラみたいな感じでしたもんね。

>正直一年わたりさんのほうが僕の好み…ゲフンゲフン
本当のコトをそうそう簡単に言ってはいけません!www

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます