2016-02-13

【コミック】背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 03 レビュー

「ダンスのやつ」こと「背すじをピン!と」の最新巻です。コミックスで読むとより面白いな。

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 03

著者:横田卓馬
レーベル:ジャンプコミックス
価格:432円

あらすじ

亘理が語った自分の過去、それは子供の頃、恋心を抱いていた相手に心ない言葉を投げかけられたことだった。しかし土屋の「わたりさんがすごいなって思うところは、それをどうにかしようとしてるってとこ…わたりさんのこと、すごい尊敬するな」という飾らない言葉に励まされる。そして文化祭本番、やはりトラウマをうまく乗り越えられず出場が危ぶまれた亘理だったが、「僕が…わたりさんのこと…支えてるから!」という土屋のセリフで過去を乗り越え、笑顔でダンスを終えることが出来た。

文化祭を機に新しい部員も入り盛り上がる競技ダンス部の次なる目標は、半月後のダンススポーツ大会、そして夏の全国大会。特訓のせいかもあってか、前の試合の時とは違う、確かな手応えを感じてダンススポーツ大会に赴く土屋・亘理ペア。同年代のライバル達も勢揃いし、いよいよ一次予選が始まるのだった―

レビュー

前半は亘理さんのトラウマ話でしたね。彼女のトラウマはものすごく深刻、というものではないんですけど、それでも当人にとっては重要な問題で、そんな悩みを女の子から打ち明けられても男としてうまく回答は出来ないと思うんですが、土屋君はストレートに自分の気持ちを伝えられる子なんですよね。

背筋をピンと!3 01
背筋をピンと!3 02

めっちゃイケメンセリフというわけでもないんですけど、彼の性格の良さと飾らない人格が出ていて、非常に好感が持てます。それに笑顔で答える亘理さんもいいけどね!

しかし全然試合シーンもなく、スポーツマンガっぽさが薄かったのに、ここに来ていきなり熱血成分多くなりましたねー。今回は特に2年生の八巻・椿ペアが熱い!八巻先輩なんて動機が「かっこいい」だけなのに、同世代最強と呼ばれている部長を本気で倒そうとしてますもんねぇ。でもそんな中でも部長ペアが

背筋をピンと!3 07

きっちり壁として立ちふさがってくれるところはいい展開です。(あとこれまで目立たなかったリオ先輩もさりげにすごい実力者でしたね)

背筋をピンと!3 03

ホントこんな気持ちですわ。

つーかこのマンガ、僕が突っ込もうと思ったところにはもれなく作者のセルフ突っ込みが入っていることが多くて、コメント書きづらいw

それから今回の亘理さんのベストシーン。今回は色々候補ありましたけど、

背筋をピンと!3 04

これかな。そこは違うでしょ!「かわいいから」じゃなくて、「かわいいって言われたから」だろ!ほら、つっちーももっと褒めて!

背筋をピンと!3 05

なんという平凡セリフ!もっと気の利いた…

背筋をピンと!3 06

また作者に先に突っ込まれたー!

※画像はいずれもコミックスより引用


おまけ:

ギャグ漫画のため感想が書きにくくて取り上げてないんですが、最近

「左門くんはサモナー」が面白いです。(リンク先で1話が立ち読みできるので是非)

天使と呼ばれるヒロインの天使ヶ原てしがわらさん(てっしー)が、左門くんが召喚する悪魔(と左門くん本人)に振り回されつつツッコミを入れるという基本1話完結タイプのギャグ漫画ですが、左門くんの外道っぷりとてっしーの天使突っ込みがいい対比になっていて面白いです。
1話から面白いと思ってたんですけど、最近は特に面白い。

左門くんはサモナー1 01

※左が主人公で右がライバルキャラです。

しかし作者のデビュー作のヒロインがモノアイキャラとは…業が深すぎだろ。

※2/14追記

どんな漫画か詳しく知りたい方は、ヤマカム様のレビューが参考になりますよ!

『左門くんはサモナー 』、大天使な天使ヶ原さんが可愛すぎる件:ヤマカム


トラックバック URL

コメント & トラックバック

 ぎゃー!先越された。それは知れてましたが。仕方ないのですよ、まだ買ってないんだもん!(隣町の本屋は遠くてですねー!)

>背ピン(これが一般的な略称らしい)
>そんな悩みを女の子から打ち明けられても男としてうまく回答は出来ないと思うんですが、土屋君はストレートに自分の気持ちを伝えられる子なんですよね
 なるほど。あんまりそういう認識なかったです。そこも彼が器の大きさを示してる点ですね。
>(あとこれまで目立たなかったリオ先輩もさりげにすごい実力者でしたね)
 理央さんは真澄くんに対等な口が利ける数少ないキャラの一人なんですっ!
>土屋「ス…スポーツ漫画みたいなこと言ってる…!」
 (笑)
>それから今回の亘理さんのベストシーン
 ここ私の解釈は大きく違って、土屋くんが亘理さんを「かわいい」とつい口にしたのを亘理さんは聞き逃したかのような演出でしたが、「亘理さんちゃんと聞いて覚えてたんだ!」という驚きが私にあって、同じように土屋くんも驚いたと思うんですよ。
 で、土屋くんいつもならもう少しいいこと言えたはずですが、このことでビックリした上、照れちゃって頭の回路が上手く働かなかったかと。なので藤田さんのツッコみはちょっと的外れだというのが私の理解。苦しい解釈なのはわかってます。

>左門
 見事yukkun20さんにに布教されてしまいました。しかしリンク先の立ち読みはスマホアプリDLしないと読めないか。後で読みます。

 メールの返事は寝てから。おやすみなさい…。

 もひとついいなと思ったのが、
 土屋「これからも僕と… 踊ってくだ…くれませんか!」
 土屋くんは小市民的なので、つい低姿勢を取っちゃうんだけど、そこを改めて、亘理さんと「対等な相棒」であるという姿勢を示したのは、流石土屋くん。

>どんな漫画か詳しく知りたい方は、ヤマカム様のレビューが参考になりますよ!
 大 天 使 w 。私にとっては亘理さんも大天使です。

> 土屋くんが亘理さんを「かわいい」とつい口にしたのを亘理さんは聞き逃したかのような演出でしたが、「亘理さんちゃんと聞いて覚えてたんだ!」という驚きが私にあって、同じように土屋くんも驚いたと思うんですよ。
なるほどー。いや、十分説得的な解釈だと思います。僕の中ではつっちーはそこまで勘のいい男の子ではなかったのでw
> リンク先の立ち読みはスマホアプリDLしないと読めないか。後で読みます。
そうなんですか。PCならそのまま読めるんですが。それは面倒くさいですね。
> 土屋「これからも僕と… 踊ってくだ…くれませんか!」
あのシーンも良かったですよね!「自分が助けてもらったから、今度は助けたい」なんですから、対等な関係じゃないとね!

>十分説得的な解釈だと思います。僕の中ではつっちーはそこまで勘のいい男の子ではなかったのでw
ありがとうございます。私の中でも土屋は鈍い子なので、無理があるかと思いましたがw。
>PCならそのまま読めるんですが。それは面倒くさいですね
え?PCで読もうとしても、読めなかったのですが。Amazonですよね?

> え?PCで読もうとしても、読めなかったのですが。Amazonですよね?
あれ…昨日まではなか身!検索で見れたんですけど、今見たら駄目になってますね…なぜだ。

>今見たら駄目になってますね…なぜだ
 なか身!検索で読めますね。見落としてました、すみません。私はよく探し物のド下手さを家族に指摘されるので…。しかし怪我の功名で、Kindle落とせたからまあいいか。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます