2015-10-05

【ゲーム】新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術師~ レビュー

本日2週目が終わり、通算22個目のプラチナトロフィーを獲得しました。ハゲ…じゃない、おやじさんのカツライベントも見られて良かった。

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術師~

開発:ガスト
プラットフォーム:PS3/PSV
価格:6800円(PS3通常版・税別)、9800円(PS3限定版・税別)

レビュー

ストーリー

大陸の片隅にあるアーランド王国。そこで錬金術の修行をしていた錬金術師の少女・ロロナは、ある日お城から、3年以内にアトリエが有用であることを証明しなければ営業許可を取り消す、と告げられてしまう。しかし彼女の師匠は、面白そうだからとその対応をロロナに任せてしまった。かくして、アトリエの存亡を賭けた少女の奮闘が始まった。というストーリー。

昔ながらのアトリエらしく期限の要素があり、3ヶ月ごとに課題が出され、それをクリア出来ていないと問答無用でゲームオーバーになります。1周目は日程的にかなりせわしなく、他のキャラとの交友関係も楽しもうとするとほとんど無駄な行動をしている暇がない感じがあります。この辺りはアトリエの伝統なので善し悪しなのですが…

世界のピンチも訪れず、ただただアトリエの存続のために頑張る、という、アトリエらしい世界を楽しめます。よくいえばのんびり、悪く言えば単調。もっとも、イベントが頻繁に起こるので、退屈ということはありません。最近のアトリエに比べるとさすがにイベント数は少ないですが。というか、僕のお気に入りのパメラさんのイベント少なすぎぃ!

キャラクター

今回はPC9人+延長戦で2人追加とかなり大所帯です。全員超が付くほどの善人です。攻略本で「親友と大げんか」イベントがあるということでちょっと構えてましたが、あんなのケンカのうちに入らないよ!それくらい皆さん人格者です。一名悪役が存在しますが、悪党というより小悪党、それも根っからの悪人ではない感じなので、スルースルー。

個人的には主人公のロロナがあわあわしてかわいく、隙あらば彼女からお姉さまと呼んでもらおうとする師匠ことアストリッドさんの気持ちがよく分かりました。あとはツンデレ幼なじみのクーデリア、NPCですが中の人(谷井あすかさん)が好きなパメラあたりがお気に入りです。男性だと正体バレバレのご隠居・ジオ氏が大塚ボイスと相まっていい感じでしたね。あとはハゲルのおっさんか。カツラ秘話は涙なくしては見られませんでした。アストリッドは要反省。

中の人も若い方もあり、ベテランもありと多彩でしたが、アトリエシリーズらしくチョイスはばっちりでした。

システム

調合はやはり少し前の作品という事もあり、割と単純な感じになっています。基本的には品質が高く、有用な特性の付いているアイテムを拾ってこれるかどうかで決まる感じですね。調合の場面ではあまり考えることは多くないです。今回も主人公はアイテム係兼メイン火力ですので、装備を後回しにしてでも強力な爆弾を作っておくのが吉でしょう。特に延長戦で登場する隠しボスは、どんなに武器や防具を時間と大金をかけて鍛えるよりも、強力な特性の付いたメテオールを錬金術師2人で投げつけ続ける方がよほど有効です。

戦闘も最新のものに比べれば単純ですが、元々アトリエは戦闘が複雑なゲームではないですし、そもそもそれがメインですらないので、あまり気になりません。ただロロナの通常攻撃の演出がちょっと長いんですよね…せめてエフェクトカットが出来れば良かったのに。あと必殺技の発動条件が厳しい…というかゲージを貯めづらく、ボス戦以外では無用の長物になってしまったのも残念。

ストーリーは3ヶ月ごとに区切られているのですが、その期間をまたいでフィールドに出ることもアイテムを調合することもできないため、そのたびに流れを切られるのがやはり気になりました。もっとも最新作では期限の要素が廃止されており、自分もそれには賛成なのですが、やはり期限があった方がアトリエらしい感じはしましたね。この辺りは好みの問題になるかと思います。

その他オリジナル版から比べればグラフィックも大幅に向上しており、古くささはほとんど感じませんでした。岸田先生の華麗なイラストもよく再現出来ていたと思います。ただ師匠の3Dモデルにはちょっと違和感が…

その他

今回気になった点としてBGMがあります。僕はあまりBGMに否定的なコメントをすることはないんですが、今作はうーん。特にお店のBGMが全て同じ(編曲のみ異なる)のですが、割と目立つ曲調のあの曲が、どの店に入っても鳴り響いているというのはあまり心地よいものではなかったです(ゲームの性質上、店に入り浸る時間も長いので)。そのほかの曲にもあまり惹かれませんでした。唯一延長戦のエンディング曲はよかった。

あと、ゲームを起動すると、色々なキャラクターたちが時間帯に合わせたメッセージをくれます。これ自体はいいんですが、僕のように夜遅くにプレイしようとすると「夜更かししちゃダメよ」とか「私はもう眠いよー」といった、微妙にテンションを下げる話をするのはやめてくれ。

おなじみクリア後のギャラリーも充実しています。キャストコメントは今回もそれぞれの方らしさが出ているコメントで、聞いているだけで楽しいです。

総評

色々述べましたが、まとめれば良作だったと思います。プレイ時間は72時間ですが、それほど長くは感じませんでした。続きの「トトリ」「ロロナ」もその内プレイしようと思っています。クーデリアさんも続投するらしいしな!

プラチナトロフィーの獲得はさほど難しくはないです。「お金持ちエンド」の条件だけが厳しすぎる(普通にプレイすると10~20万コールくらいしかたまらないゲームなのに、100万コール必要。しかもお金稼ぎが楽に出来るポイントはない)のが気になりました。そのためだけに2周目をしたわけですが、ルート分岐があるわけではないため、さすがに飽きが来ちゃいました。3ヶ月ごとの試験があるので、3年間寝て過ごすわけにもいきませんし…

それはさておき、いつものアトリエが好きな方にはきっちりおすすめできる作品です。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます