2015-02-02

【BD】ペルソナ4 ザ・ゴールデン Vol.4 特典ディスク レビュー

4巻の感想の時に書きそびれた特典ディスクのレビューです。

[関連記事]【BD】ペルソナ4 ザ・ゴールデン Vol.4 レビュー | Y.A.S.

ペルソナ4 ザ・ゴールデン Vol.4 特典ディスク Boo ~ I bear a grudge on you ~

あらすじ

夏休みも終わり、修学旅行の話で盛り上がる一同だったが、旅行に一緒にいけたかったマリーのため、今度は「肝試し」で思い出作りをすることになった。悠は旅行で親しくなった直斗にも声をかけるが、すげなく断られてしまう。

肝試し当日。くじで決まった陽介・りせペア、クマ・千枝ペア、完二・雪子ペアは次々と出発。りせが芸能界の怖い話をしたり、お化けが苦手な千枝が錯乱したり、雪子が学校の七不思議を探し出そうと暴走したりと、概ね和やかな雰囲気でイベントは進むが、悠とペアを組んだマリーにはいまいちおもしろさがわからない。悠の提案で二人は驚かせる側に回り、面白いように反応する一同を見てマリーも楽しくなってきた。

一方こちらは飲んだくれている堂島&足立、警察に学校で不審者を見たという通報が入ったため、現場を確認するよう命令が下るが、堂島は酔いつぶれて役に立たず、足立は面倒くさがって動かない。しかし足立が妙案を思いついて―

そんな事とはつゆ知らず盛り上がる肝試しだったが、雪子、そしてマリーが校内で怪しい人影を目撃する。ついにその正体を突き止めたマリーの恐怖の叫びが校内に響き渡る。そして現場に向かった悠たちは、真の恐怖を味わうのだった―

感想

ホラーと思いきや普通にギャグでした。今回はゲーム内にも元ネタがない完全オリジナルですね。相変わらずこのメンバーの掛け合いは面白い。

特に今回面白かったのは、肝試しのために夜の学校に忍び込むシーンがあります。P3でも(目的は違いますが)学校に忍び込むシーンがあり、あらかじめ順平が昼間の内に鍵を開けておいたのを知った美鶴が

「昼間の内に鍵を…ブリリアント!」

という台詞を言います。(その後もネタにされたのでこのシーンはP3ファンには有名)

今回も陽介が昼間の内に鍵を開けておいたのですが、

悠「昼間の内に鍵を…ブリリ」

雪子「普通」

陽介「え!?」

というやりとりが挟まれていて笑いました(しかもこのシーンだけP3のBGMだし)。やっぱり陽介はいじられてこそ輝くなぁ。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます