2014-08-16

【コミック】となりの関くん 6 レビュー

買って封も開けないまま放置していましたけど、ようやく読めました。
同じ作者の「いいなりゴハン」もおすすめですよ。

となりの関くん 6

著者:森繁拓真
レーベル:MFコミックス フラッパーシリーズ
価格:590円

レビュー

これまでどおり、隣の席で独自の遊びを繰り広げる関くんと、それに翻弄される横井さんの掛け合いを眺める漫画です。

今回は関くんも先生に見つかることは恐れているということが明らかになりましたね…あれだけやらかしておいて今更な気がしますが。それから意外と知らないテーブルマナー豆知識も勉強出来ますので、そういうのに自信が無い人にお勧めしておきます(なんだそれ

最近は関くんに対して牙をむくことも増えた横井さんですが、関くんも慣れてきたのか今回は返り討ち(というより自爆)に遭うことが多くなりましたね。しかし休んだだけで「ついにこの日が来た!やったああ 一日しっかり勉強が出来る」とまで言われてしまう関くんがちょっと不憫。

今回の関くんの一人遊びはこちら。

続きを読む(ネタバレ注意) »


トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます