2014-05-13

【Webコミック】星界の紋章 第10話 レビュー

COMICメテオさんのWebコミック「星界の紋章」が更新されましたよ。今回はなんと2ヶ月弱。単行本第2巻も5/12に発売されてますよ!

星界の紋章

漫画:米村孝一郎
レーベル:コミックメテオ

レビュー

seikai10-1今回はジントがクロワールに監禁されたところから始まります。
こちらはクロワールの父スルーフ。アニメ版に近い造形ですけどがっちり感があるな。

 

seikai10-4さすが男爵の家臣は容赦がなさ過ぎです。麻痺銃でも近接して撃てば殺すことも出来るという設定もありましたが(最もクラスビュールの警察官が持つ麻痺銃のことですが)、こちらは麻酔銃だったから大丈夫だったんですかね。

 

 

 

seikai10-2

「男爵家」のルビが「リュミエ」から「リュメイ」に変更された可能性があるのですが、コミックス版では(当時の)原作準拠で「リュミエ」になってます。

 

 

seikai10-3話自体は前半はジント、後半はラフィールの一人称で進んでいくんですが、小説であればト書きで処理される部分もセリフとして描いている関係で、若干セリフ回しが微妙なところがありました。仕方ないとは思うんですがちょっと残念。

 

 

 

※画像は上からそれぞれ第10話5,3,7,18ページから引用


トラックバック URL

コメント & トラックバック

 思考結晶の融通の利かなさにイラつく殿下は健在。数千年後なんだから、コンピュータはもう少し進歩してよさそうですが。

そもそも音声入力というのも意外に進歩してない感じがしますね。かといってそれより上というとテレパス(もう少し科学的に言えば脳波か)入力ですかね。

 ジントに入浴を進めるのがスルーフさんの人生経験を表してていいですね。

このシーンは小説と漫画とでちょっと違う印象を受けましたね。漫画版の方がスルーフさんの押しの強さというか、自分の判断への自信を感じました。

>思考結晶
 思考を読める技術は倫理的にまずい…。として規制されてるかも。

>スルーフ
 改めてマンガと原作を読むとスルーフさんは飯も勧めてるんですね。原作でもそれなりに自負あっての発言と感じます。
 スルーフ(原作)「そうはいうが、王女殿下を呼び捨てにできるのは、帝国にそうたくさんはおらんぞ」
 今回マンガのラストで原作1巻のラストになってますが、「横恋慕する因果貴族」のくだりが端折られるとしたら残念。次の回に入っててほしい。

 それはそうと、アマゾンでこれの1巻と2巻ポチりました。届くのは遅れるそうですが、楽しみ。

> アマゾンでこれの1巻と2巻ポチりました。
僕は今日本屋に行ったんですけどおいてませんでした…やっぱりポチるしかないのか。

>…やっぱりポチるしかないのか
 地元にお金落としたい気持ちはありますが、中途半端に田舎でマイナーな(すみません)マンガとなると、そうも言ってられないです。注文するのではネットの方が完全に進んでます。それでアドバンテージ奪われてるんですよ、本屋は。

リアル本屋がなくなるのはどうしても避けたいので、僕もなるべく実店舗で買うようにしているのですが…
今日本屋に行ったらサモンナイト小説の既刊も撤去されてた。激おこ。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます