新着情報

2015-10-04

【小説】サモンナイトU:X ―理想郷の殉難者たち― レビュー

ようやく登場人物図鑑の更新が終わりましたので、レビューしようと思います。既に発売から8ヶ月経ってるし、前巻の感想から1年以上経っているのですが…
しかし最近U:X関係の検索でこちらにたどり着いておられる方が多く、うれしい限りです。都月先生、新刊マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

あと「僕も既に購入し斜め読みくらいはしているのですが、きちんと読むのは今週末になりそうです。」と2月にコメントで言いながら完全に放置してしまい、申し訳ありませんでした >snさん

前巻までの感想はこちら。

【小説】サモンナイトU:X 界境の異邦人 レビュー | Y.A.S.
【小説】サモンナイトU:X ―黄昏時の来訪者― レビュー | Y.A.S.
【小説】サモンナイトU:X ―叛檄の救世主― | Y.A.S.

サモンナイトU:X ―理想郷の殉難者たち―

著者:都月景
レーベル:JUMP j BOOKS
価格:780円

続きを読む(ネタバレ注意) »


2015-10-03

更新お休みします

発熱中なのでお休みします。

多分寝冷えのせいだと思うんですが、熱以外にこれといった症状がないのでよく分かりません。とりあえず解熱剤飲んで寝ます。


2015-10-02

サモンナイト6 公式サイト更新 ターン制SRPGってもう時代遅れなのかなぁ…

やっぱり過去作キャラも来ましたね。

サモンナイト6 ロゴ
《公式サイト》

Character

マグナ

マグナ異世界リィンバウムから繭世界<フィルージャ>に堕ちてきた青年。

かつてリィンバウムでの“傀儡戦争”にて悪魔王メルギトスを倒した勇者。この世界に堕ちてくる際に大切な仲間とはぐれてしまったため、護衛獣であるハサハと共に探索中にラージュと出会う。

基本はのんびり屋でややお気楽な性格だが、ラージュの良き理解者としてともに冒険へと旅立つ。

サモンナイト2の男主人公、マグナです。頭身あがったせいで若干服装が間抜けな感じになっている気がするのは気のせいでしょうか。

CVは岸尾だいすけさん。ドラマCDで声が付いて以来続投されていてありがたい限りです。

「この世界に堕ちてくる際に大切な仲間とはぐれてしまった」とありますけど、普通に考えてネスティかアメルですよね。個人的にはアメルに登場してもらいたいけど、彼とネスティの絆はヒロインが間に入れないくらい強いからなぁ。

ハサハ

ハサハマグナと共に繭世界に迷い込んできた少女。

鬼妖界の妖狐。無口で人見知りが激しいが、マグナに対しては“おにいちゃん”と呼んで懐いており、どこにでもくっついてくる。

手にした宝珠で人の心を色と して透かし見ることができるほか、心の中に潜りこんだり、精神にまつわる妖術を得意とするが、この世界に来た際に、魔力を大きく失ってしまっている。

ここでハサハとはわかっているとしか。SN2ではパッフェルさんの次に好きなキャラです。ちょっと顔も丸みを帯びて可愛くなりましたね。

CVはゆかなさん。ルミナスアークインフィニティでも残念魔女ヴァイオレットがいい感じです。ゆかなさんはちょっとダメな女の子キャラがよく似合う。そしてゆかなさん=パッフェルの中の人。そしてヘイゼルの中の人。あとは分かるな。

アティ

アティラージュたちが冒険の途中に強力な魔力を察知し、向かった先で出会った赤毛の女剣士。

彼女もリィンバウムから繭世界に迷い込んできており、帰る方法を探し ている。ともに旅するなかで、彼女の秘めた力は、ラージュたちの行く手に立ちふさがる壁を打ち砕く助けとなる。

リィンバウムでは家庭教師として働いていた ため、先生として、子供たちの世話や、悩める年少者にアドバイスすることも。

みんな大好きアティ先生。僕はあまり刺さらなかったキャラなんですけど、人気キャラなのでこの人選にも納得です。

CVは川澄綾子さん。SN5に引き続きですね。

設定上、誓約者リンカーと並んで最強と思われる抜剣者セイバーなので、それに見合った活躍を見せて欲しいですね。

※画像は上記公式サイトより引用

公式サイトの更新はこれだけですが、ファミ通.comさんでも追加情報が。

l_5609fe4cc134c

まず、SN2からルヴァイドも登場するようです。アティと争っている場面がありますけど、どうせ彼お得意の勘違いでしょ。アティとは面識ないんでしたっけ。

l_5609fe4cafa35

はっきりとしませんが、右にいるのはカイル(SN3)、その奥にいるのはイオス(SN2)かな?

サモンナイトの基本戦闘は戦略性が重要なシミュレーションバトル! 戦闘には8体までキャラクターユニットを参加させることができる。さらに召喚獣を4体までユニット化することが可能なため、最大12体のユニットを操作し戦闘を行うことが可能だ。

キャラクターのタイプによって使える武器が異なる。自分と敵の位置関係を考えながら、ユニットの攻撃特性や、フィールドの高低差やの地形を生かして、戦闘を有利に進めていこう。

SN5でパーティメンバーを5人にしてしまい非難囂々だったのを反省してくれたのか(単にスペックの問題かもしれませんが)、今回は1~4同様8人パーティが組めます!やったね!

アティ先生は横切り、マグナは縦斬りと、ユニットごとの攻撃方法も従来のシリーズを引き継いでいるようです。そうだよ、SNはシステムとしてきっちり完成されてるから、変なアレンジを加えなくてもいいんだよ!

シリーズならではのシミュレーションでの戦闘システムが、より遊びやすく進化!
また、シリーズお馴染みの召喚技や、周囲にいる仲間の支援を受けて召喚術を強化する“サモンアシスト”も健在。仲間との好感度を上げ戦闘を有利にすすめよう! さらに、従来のターン制のバトルから、個別のユニットごとに素早さで行動順がまわってくる、戦略性の高いユニット個別のターンシステムに進化! ユニットを直接操作して行動範囲を自由に移動できるなど、直感的な操作を実現しバトルテンポが大幅に向上!

仲間を連れて移動出来るスキル“コネクト”を使用すれば形勢が不利な状況を逆転することも可能だ!

l_5609fe4cadacc

左上に行動順ゲージが出ていますね。個人的にはターン制が好きですけど、確かに個別ターンシステムの方が戦略性は高まりますからね。ルミナスアークインフィニティもそれで上手くいってますし、これは時代の流れということで納得しています。

「ユニットを直接操作して行動範囲を自由に移動できる」というのはよく意味が分からぬ。一瞬マス目のないタイプのSRPGになったのかと思いましたが、そうではないようですし。

l_5609fe4cb9690

それに、「仲間を連れて移動出来るスキル“コネクト”」っていうのもよくわかんない。既に行動済みのキャラでも、他のキャラと一緒なら移動が可能って言う意味?それとも攻撃の前後を問わず移動ができるって言う意味?

※画像は上記ファミ通.comより引用

というわけで、今回は正統進化っぽくて一安心です。あとは「パッフェルさん」「クノンさん」「ポムニットさん」あたりのお気に入りキャラが参戦するのかに注目です。

Y.A.S.はサモンナイト6を心から応援しています。

  • 2015/11 ソフィーのアトリエ[PS4] 予約済み
  • 2015/11 STEINS;GATE 0[PS4] 購入決定
  • 2015/11 艦これ改[PSV] 検討中
  • 2015/末 空の軌跡 SC Evolution[PSV] 検討中
  • 2016/1 オーディンスフィア レイヴスラシル[PS4] 購入決定
  • 2016/2 スターオーシャン5[PS4] 購入決定
  • 2016/春 サモンナイト6[PS4] 購入決定
  • 2016/夏 ペルソナ5[PS4] 購入決定
  • 2016 Kingdom Hearts Ⅱ.8[PS4] 検討中
  • 未定 テイルズ オブ ベルセリア[PS4] 購入決定
  • 未定 Kingdom Hearts Ⅲ[PS4]

2015-10-01

更新お休みします

季節の変わり目だからなのか、どうにも睡魔がバーサク状態ですので本日はお休みします。

そういえばPS4値下げになりましたね。どこの店で買うかそろそろ決めないと。


2015-09-30

境界のRINNE&七つの大罪 アニメ第2期制作決定

個人的にも良作だと思っている2作品のアニメ第2期が決定した模様です。

境界のRINNE

先日全25話が終了しましたが、第2期が2016年春から放送予定です。

僕も視聴していましたけど、原作以上に面白く仕上がっていたと思います。特に真宮桜のぼそっとツッコミを入れる感じがたまらないですね。横手美智子さん(シリーズ構成)らしい手堅い展開で安心して見ていられました。第2期も楽しみにしています。

七つの大罪

こちらも今年の春に放送終了したアニメですが、第2期が2016年に放送予定です。

こちらは思いっきり続編へ引きを残す終わり方でしたからねぇ。原作の方も新たな局面に入っていますが、このペースで行くと途中で追いついてしまいそうなのでオリジナル展開ありますかね。

こちらも原作の持ち味を上手くいかした良いアニメだったので、第2期も視聴しようと思います。


2015-09-29

ソフィーのアトリエ 新システム紹介 パメラさんも久々に参戦すればいいのに

新・ロロナのアトリエは2周目に入りました。さすがに装備が充実していますし、1周目で150万コールためてますから、あとは課題を適当にこなしつつ3年経つのを待つばかりです。1週間くらいでプラチナまで行けるかな…

今日はソフィーのアトリエの新システム紹介です。

atelier_sophie
《公式サイト》

SYSTEM

バトルの流れ

今作のバトルも出来ることが多いので、簡単に整理を。

スタンス選択

ターンの始めに、各キャラの行動(「アタック」「スキル」「アイテム」などがある様子)と、サポートのスタンス(「攻撃」「防御」の2種類?)から選択します。
同じ種類のサポートを選ぶと、上記のようにキャラクターの足下にある魔法陣がつながります。

チェインゲージ

その後は行動の早いキャラから順次コマンドに沿って行動していきます。
行動によって、左下にあるチェインゲージがたまっていきます。スキルやアイテムを使うと早く上昇します。

チェインリンク

複数のキャラクターが同じスタンスを選択している状態で、チェインゲージが一定値を越えると、チェインリンクが発生します。
スタンスによって、特別な効果が発動します。

スペシャルアタック スペシャルガード

チェインゲージが最大値までたまり、全員が「攻撃」のスタンスを選択すると「スペシャルアタック」という強力な攻撃が、
全員が「防御」のスタンスを選択すると「スペシャルガード」という強力な防御効果が発生します。

こんな感じですね。

CHARACTER

パメラ・イービス

パメラおっとり、ほんわかした性格の教会のシスター。年齢不詳。

シリーズ恒例のキャラ、パメラさんですね。パメラさんいいよね…なんといってもCV:谷井あすかだし。あの声たまんないよね…

現在プレイ中のロロナのアトリエにも出演されてますが、イベントが少なくて無念じゃ…。

今回も年齢不詳ということは、正体は○○ですかね。それで教会にいるのも凄い話ですが。

エリーゼ・フューリー

エリーゼ祖父から引き継いだ本屋を営む少女。無類の本好きで、ソフィーのお姉ちゃん役。

本屋さんキャラいいよね。ネギま!ののどかしかり、神のみの栞しかり。

CVは大坪由佳さん。僕の中では艦これの北上さんのイメージが強い方です。

※画像は上記公式サイトより引用


2015-09-28

STEINS;GATE 0 OPムービー公開 もうワクワクが止まりません

STEINS;GATE 0の公式サイトが更新されています。

steins;gate_0
《公式サイト》

ついにOPムービーが公開されました。今回もネタバレ含んでるんだろうなぁ…

SG0 OP

SG0 OP 01 SG0 OP 02

おなじみ秋葉原のシーンから始まります。崩壊前後の対比が怖い…何が起きるんでしょうか。

SG0 OP 03

クリスティーナ…ッ(´;ω;`)ブワッ

SG0 OP 04 SG0 OP 05

SG0 OP 06 SG0 OP 07

SG0 OP 08 SG0 OP 09

ラボメンたちも続々登場。ところで作品によって、英語表記が名字が前だったり名前が前だったりとバラバラなのは何故なんだぜ?

SG0 OP 10 SG0 OP 11

話のキーパーソンになるであろう、比屋定真帆と阿万音親子。

SG0 OP 12 SG0 OP 13

そして2人の椎名かがりと、それをつなぐうーぱ。

SG0 OP 14

Amadeusの中で今も生きる紅莉栖。「神さえも欺く場所 約束のあの場所へ」という歌詞が意味深?

SG0 OP 15 SG0 OP 16

このシーンの真帆カッコイイですよね!

SG0 OP 17

これまでに登場したことのない、7%台や8%台の世界線変動率も見えます。

SG0 OP 18

オカリン頑張れ。エンディングをどう収めるのかが気になります。

SG0 OP 19

このラボメン集合シーンに7人しかいないことに凄い違和感。


というわけで、今回もテンション上がりっぱなしのOPでした。発売日は11/17。あと1ヶ月半となりました。皆さん、もう予約はお済みですか?
公式サイトではあらすじも公開されていますので、そちらも是非チェックを。

steins;gate_0
《公式サイト》


2015-09-27

【コミック】風雲児たち/風雲児たち 幕末編 レビュー

他に取り上げるべきネタが沢山あるような気がしますが、とにかく今日はこれをお伝えしたい。

風雲児たち/風雲児たち 幕末編

著者:みなもと太郎
レーベル:リイド社SPコミックス
価格:463円~

続きを読む(ネタバレ注意) »


2015-09-26

【小説】ガンパレード・マーチ 2K 未来へ④ レビュー

これが本当に最後なのか…榊ガンパレ、涙の最終巻。

ガンパレード・マーチ 2K 未来へ ④

著者:榊涼介
レーベル:電撃ゲーム文庫
価格:600円

続きを読む(ネタバレ注意) »


2015-09-25

オーストラリア旅行9日目 7年目にしてようやく関空への行き方の最適解が

時刻 旅の日記 写真
08:00 今日は帰国日です。特に何をやる暇もないので、適当に起きて荷造りします。  
08:45 ホテルをチェックアウト。タクシーを呼んでもらいました。
行きの時にタクシーだと30ドルだと書いたんですが(ガイドブック情報なので…)、実際は17ドルでした。シャトルバスと変わらない…僕の泊まったホテルは街の中でも空港に近い方(北側)ですが、中心部のホテルでも20ドルくらいじゃないかなぁ。
 
09:10 空港で朝食。モーニング・パイというキッシュのようなパイを食べました。9ドル。
この値段だしオーストラリアだからどんな大きなパイが…と思ったら、ランチパックくらいの大きさでw
DSC_1073
11:00 時間通りケアンズ空港を出発。帰りもジェットスターです。  
12:10 機内で軽食。こちらは牛肉のソテー。白米うまい。
目が覚めたので、その後は榊ガンパレの最終巻を読んでました。これで終わりとか生殺しすぎるだろ!生き残った人達はどうなったんだよ!切ない恋の行方は?これ本当に榊先生が望んだ終わりだったのかなぁ…
DSC_1074
15:40 さらに軽食。7時間の旅で軽食2回は多いような…。これはミートパイです。 DSC_1075
18:10
→17:10
定刻通り関西国際空港に到着。
毎年ここから帰る方法の選択に失敗するんですが、今回は三宮までバスで出て、そこから新神戸で新幹線に乗り換えて帰ることにしました。これが最適解っぽいですね…
 
  というわけで、今回のオーストラリア旅行もこれにて終幕です。
大自然にどっぷりつかることが出来ました。特に野生動物を探すツアーは面白かったですね。風の谷も何年も前から見たいと思っていたので、念願叶って良かったです。

でも、やっぱり僕は大自然よりも人工物に惹かれるなぁ、ということを再確認。やっぱり来年は歴史の深い国に行きたいですね。政情が安定していればヨーロッパ、もしダメそうなら、東南アジア(タイかな)も一応候補に入れています。
来年もいい旅行が出来るよう、また1年仕事頑張ろう。