2019-11-07

Steins;Gate 10周年企画第4弾 イラストのデジタル所有権を抽選販売決定!

10周年の年の瀬も近づいた今日この頃、シュタゲ10周年企画の第4弾が発表されました。

デジタル所有権ってなんぞや?と思ったのですが、プロジェクト主催会社(Anique)のウェブサイトによると、

  • イラストのオーナーとしての公的証明が半永久的に残る
  • アートワークを超高精細で出力した初めてのリミテッド・エディションを注文できる
  • 権利を有償で譲渡できる

という特典があるそうです。他方で、

  • 画像データおよびリミテッド・エディションの複製や配信等は禁止
  • リミテッド・エディションは1枚しか注文できない
  • Aniqueを退会するとデジタル所有権は喪失する

…これを所有権と表現するのは法的概念に対する重大な挑戦だと思うのですが…ただの利用権だろこれ。
今回販売に出されているシュタゲの歴代メインビジュアルは、いずれもデジタル所有権が4万円、リミテッド・エディションは8万円となってますが、それで得られるのは、所有権者というステータスと、世界で一枚だけの高精細イラストってことか…

所有権者としての履歴はブロックチェーン技術で半永久的に残るらしいです。ブロックチェーン技術については詳しく知りませんけど、この世に半永久的なものってあるんですかね…。なんとなく対価との釣り合いが取れてないような気が…。こんなん買う人いるんでしょうか…

自分以外に。

まあどうせ転売屋の巣窟になるだろうし、そうでなくても当選1名の超狭き門に受かるとは思ってないので、冷やかしですが。当選したら必ずブログでネタにしますが、11/25(当選発表日)にノーリアクションだったら察してください。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

>sasaさん
 ガンダムAGEのアセム編が終わり、キオ編が始まりました。普通に面白いです。やはり、ネットの評判などより、自分の目です。
 アセム編は、アセム、ロマリー、ゼハートの三角関係、それとアセムとゼハートの、切ない友情が、よかったです。引き続いで登場するフリット、ヴェイガンを滅ぼすためならなんでもやる男。ヤバい奴やw。
 キオは祖父より、ものわかりよく優しい印象。フリットやアセムも、優しくはあるけど、質が違う。あとアセムは、絶対生きてますよねw。ネタバレ読むまでもなく、わかるw。

>ブロックチェーン技術については詳しく知りませんけど、この世に半永久的なものってあるんですかね…
 デジタルの「半永久的に」に、何度騙されたことやら…。

そもそもインターネットは自分が生きている間に基幹技術としての立場を失うんじゃないかと思うんですよね。

フリットとアセムの考え方も当時の時代背景によるものですし
敵サイドのヴェイガンのモビルスーツも進化していて
世代交代をうまく扱ってる作品ですよね
当時はフリットの持ち上げが酷いのではないかと話題になりましたが
キオのキャラクター性と結末を考えると
フリットは意図的にああいうキャラクターにしているとわかります

シュタゲ10周年 自分的にはまだぱっとしねぇなと感じてます
新アニメか新作ゲームの方がまだワクワクするのですが・・

ライザのアトリエ 進めてるでしょうか
自分の気になった点
・今回のシナリオはアトリエシリーズでもかなり真面目で
キャラクターも変な奴は特にいないがなんだか寂しさを感じる
ムードメーカーがいないというか・・
・キャライベントがない
なんでこれ削ったん?
・登場人物も歴代に比べて少ない気がする
・ライザがわがままな子供っぽくて好感がもてない
このあと成長するのだろうか

ライザのアトリエは現在4章です。キャラクターイベントの少なさは自分も気になってます。クエストで埋めてるつもりなのかも知れませんが、こっちはかなり単調なので…。これまでのように、キャラクターイベントを充実して、クエストは自動生成で良かったような気がする。
ライザは自分も最初はちょっと違うなと感じましたが(むしろタオの方に感情移入したい)、段々落ち着きが出てきた感じがしますよ。ボオスが闇落ちしそうで逆に気になる。

>そもそもインターネットは自分が生きている間に基幹技術としての立場を失うんじゃないかと思うんですよね
 そんなに長生きするフォーマットでは、ないよねw。元々通信の一規格でしかない。デカい面してられるの、今の内。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます