2019-04-05

狼と香辛料VR 開発者インタビューが公開中

現在開発進行中の「狼と香辛料VR」ですが、支倉氏をはじめとしたスタッフのインタビューが4Gamersさんで掲載されています。

yukkun20は結局Occulus Quest版を購入したので、夏頃までプレイできないんですけど、俄然気持ちが盛り上がる内容のインタビューでしたね。

4Gamer:
 ふれあいモードでは,プレイヤーが触るとリアクションしてくれるのでしょうか。

北尾氏:
 はい,いろいろなリアクションをしてくれますよ。

榊原氏:
 2人でキャッキャウフフしたり,ホロに触りすぎて怒られたりといった感じですね。

ぎゃあああ楽しみすぎる。ホロに触りすぎて怒られたい。そういう意味ではやはり手の位置が感知できるハードでプレイしたいところですね。

支倉氏:
 原作でイラストを担当されている文倉さんの絵は平面でとくに映えるものなので,3Dにするのが大変でした。アニメっぽい3Dキャラクターを作る際,正面からの見栄えを重視しすぎて,平べったくなってしまう場合もあります。VRではキャラクターをさまざまな角度から見るので調整には苦労もありましたが,実機で見てカワイイなと思えるものになりました。

おっしゃるとおりで、文倉さんのイラストは立体化が難しいと思います。でも文倉さんのことをよくわかっている支倉先生に立体化してもらえるとかありがたいことです。

本当にきゃわわ。

同じサークルが制作しているVRアニメ「Project LUX」を事前にプレイしておこうと思います。PSVR対応はよ。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

 PSVRでも出ると知って、楽しみにしてます。

>やはり手の位置が感知できるハードでプレイしたいところですね
 PSMoveを2本買ってるので、ノープロブレム!w
>同じサークルが制作しているVRアニメ「Project LUX」を事前にプレイしておこうと思います。PSVR対応はよ
 これも観たい。PSVR版の予定はあるんですね。公式サイト作ってくれ。

 ゼルダのニンラボVR対応の感想は?

> PSVR版の予定はあるんですね。
許可申請取る時にミスがあったとかでずれ込んでるみたいですがそのうち…!
> ゼルダのニンラボVR対応の感想は?
なんて長時間プレイに向かないプレイ姿勢を要求されることか!(どうでもいい)
確かに興味深いですが、ちょっと様子見。

最近空想癖が酷くなり苦しんでいます
まあ僕も何か創作がしたいのでしょうが
年齢とのギャップやそもそもがんばって作っても
見てくれる人がいなければ何も意味のないことに
今更気づいてしまったんですよね・・

20年前に比べたら今日日自分が作ったものを世の中にさらす方法はいくらでもあると思いますよ。そんなわけで思い切ってやってみられては。

>sasaさん
 歳は関係ないですし(第一、まだ30歳じゃないですか…)、必ずしも発表しなきゃいかんのでもない。私は、「自分の脳味噌の最大の愛読者が自分」と考えてますから。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます