2019-03-14

十三機兵防衛圏の発売が今秋に決定!体験版買ってよかった

P3Dも無事全曲ALL NIGHTかつBRILLIANTでクリアしました。局所的にP5Dより難しかった…ちなみに一番苦労した曲はこの曲です。10回以上リトライしたかな…

難易度は例によって20、BPMは驚異の238です。ノートがすごい勢いで飛んできます。

…さすがにクリアしたときはガッツポーズが出ちゃいました。

それからロボノダッシュクリアしました。明日か日曜にレビューするつもりです。これロボノの続編と言うより、ロボノchuchuですよね?

あと、十三機兵防衛圏の体験版もプレイ始めました。13人の主人公それぞれのプロローグがプレイできます(3時間プレイ可能となっていましたが、3時間プレイすると起動できなくなるとかではなく、全員のプロローグをプレイすると3時間くらいかかるという意味のようです)。

これもそのうちファーストインプレッション上げようと思いますが、とても雰囲気があって面白いですね。登場人物は全員同じ時代(1990年)を生きているキャラクターとして描かれていますが、戦時中や近未来も描かれ、そこにも同じ名前、同じ姿の少年少女が登場します。一部のキャラはタイムトラベルしていることがほのめかされていますし、背後で大きな陰謀がうごめいているのも感じられます。まだ尖ったキャラはいなくて、キャラ萌えではなく物語で読ませるタイプのノベルゲーみたいですね。今のところアクション要素はないんですが、ロボに搭乗するシーンがまだないので隠し球なのかも。

今秋発売予定という告知もなされて一安心。みんなアトラス×ヴァニラウェアに期待してるんですよね。

さて、P3Dとロボノも終わりましたし、そろそろKH3プレイしましょう。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

>これロボノの続編と言うより、ロボノchuchuですよね?
はい、ファンディスク的作品だったと聞いてます。だけど、トゥルーエンドを見ると印象ガラリと変わるとも。ロボChuChuなら、それはそれで楽しみですけどね!特に淳和たんがね!(やはりそれかw)

トゥルー見てもやっぱりファンディスクだったお!w

まあ楽しかったからいいですがね
しかしここらへんでyukyuさんもカオスヘッドをプレイした方がいいと思いますよ
岡部の前にもこの世界には救世主がいました

カオヘか…yukkun20は血とか痛いのがだめなのですよ。

 ダッシュもKH3も世間での評価は微妙ですね。まあ絶賛ばかりの作品は好みでないから。個人的な期待値はKHのが高い。

まあ期待のハードルが上がれば賛否両論になってしまうのは仕方ない。自分が面白ければいいですよね。

僕まえからTOZのスレイが好きなのですが
その理由がよくわからずやきもきしていました
でKH3をやって ソラに似てるからだとわかりました
この二人って似てますよね

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます