第30回 地底の迷路

これまでのあらすじ

 偶然の賜物によってとある島に集まったジャンやナディアたちは、仲良く共同生活を始めます。しかし単調な島での生活は、彼らに平穏な日々をいつまでも与えてはくれません。サンソンとハンソンの冷戦は悪化の一途をたどり、もはやキングによる対決もやむなしに至ったのでした。ところがこの島にキングは一匹しかいません。百獣の王、ライオンのキングに勝てるのはキングしかいないのです。そこでハンソンは近代科学の粋を結集して鋼鉄のキング、すなわちアイアンキングを作り上げ、一方キングの説得に失敗したサンソンはハンソンの設計図を盗み、ジャンを拝み倒して作らせたアイアンキングで決戦に挑みます。しかし両雄並び立たず、双方共倒れの言葉通り相打ちとなってしまったのでした。
 ところでナディアのブルーウォーターには一体どんな秘密があるのでしょうか。

ストーリー

 ようやくグラタンの修理が終了。あとは気球の修理が終わったら島から脱出できる。早速気球を修理し始める一同だったが、どこからともなく現われた蚊の大群のせいでなかなか作業ははかどらない。しかたなく虫除けの薬の材料、海よもぎを採りに海中に潜ったジャンは、海底が金属で出来ていることを確認する。やはりこの島はなにか大きな物の上に乗っているのだ。
 その頃、エアトンが森の奥に自然のワインがあるとグランディスを誘い出していた。それを聞いて、ひそかにグランディスに惚れているサンソンと、勝手にグラタンを乗りまわされたハンソンは激怒。グラタン2号を作って追跡することになった。ところが、エアトンのワインの話はウソ。実はグランディスにプロポーズしようと、人気のないところに誘い出しただけだったのだ。が、グランディスに迫ったところでサンソンとハンソンが乱入。エアトンは再び砂浜に埋められてしまうのだった。
 一方、ジャンたちはいなくなったヤギを探しているうちに、奇妙な洞窟を発見。それは洞窟というよりは、人工的に作られたトンネルだった。動く通路、空調設備、そしてその先は行き止まり。引き返そうとしたナディアだったが、ジャンがナディアの名を呼んだ途端、遺跡は反応を始め、奥への扉が開かれたのだった。恐る恐る中へ進む二人。そこにあったのは宙吊りにされた数え切れないほどのノーチラス号の同型艦。どうやらこの施設が島の下にあったものの正体のようだ。そして動く通路の先はまたもや行き止まり。あわてて引き返そうとしたジャンだったが、その時ナディアのブルーウォーターが輝き始める。放心状態になったナディアは服だけ残し、壁の向こう側へ消えていったのだった。
 時を同じくして、島は大地震に見舞われていた。そして空にはオーロラが。一体この島になにが起ころうとしているのか…

コメンタリー

  • 【サブタイトル】
    絵コンテ段階では「楽園の謎」。
  • 【ナディアの衣装】
    さりげなく無人島編でのセクシー衣装に戻ってます。それにしても今回はナディアのボディラインを強調するシーンが多かったですね…ま、そんな問題も次回のインパクトに比べれば小さい小さい。刮目して待て!
  • 【蚊をたたきつぶすナディア】
    動物はだめだけど虫はいいんだ…
  • 【ナディア『見て!こんなに刺されちゃったのよ、蚊に』】
    ろ%=nまpc”#れll*しPa(この衣装の時のナディアはノーパンノーブラである)
    ちなみにジャンの股間にも注目。
  • 【ナディア『海よもぎならあるわ!』】
    可愛い顔して恐ろしいことを考えています。前回ジャンが海に消えたことはトラウマにならなかったんでしょうか。
  • 【マリー『女は物に弱いのよ、サンソン』】
    今回のマリーはちょっと怖いです。
  • 【サンソン『グラタンを追いかけるための、グラタンを超えた性能を持った、グラタン2号だ!』】
    …ってそんなに簡単に作れるもんならとっくに作ってるだろ!なのにこのドヤ顔である。
  • 【サンソン『何だかイメージが違うなぁ…』】
    設定画にすら「これがナディアのメカとは……」と書かれている代物。なんだかんだでこの後塗装がされてます。
  • 【エアトンとグランディスのデート】
    エアトンのモデルになった山賀博之氏(「王立宇宙軍」の監督)の実際のエピソードが元になっているらしい。
  • 【エアトン『壊したんじゃありません、壊れたんです!』】
    日常生活でも責任逃れに使えるいい言葉。ムダにカッコよく言うのがポイント。
  • 【グラタン2号大破】
    ちょっと分かりにくいんですけど、グラタンが壊れたのはハンソンの設計ミスでもサンソンの運転が荒かったからでもないです。見えない壁にぶつかってしまったから。
  • 【グランディス『あたしゃ貴族とか伯爵とかを名乗る奴なんてはなっから信用できないんだよ!』】
    グランディスは貴族を名乗る男に騙されて家を無くしたため。詳しくは第12回第33回
  • 【サンソン『さすが本物のグラタンは丈夫だぜ!』】
    それよりあの高さから落ちて無傷のあんたらの方が丈夫です。
  • 【ジャン『ナディアーッ!!』~マリー『首人間、出てきちゃだめ!』】
    2004年の再放送時はどういうわけかここまでのフィルムが切られてました。当時起こった新潟県中越地震に配慮したようです。ジャンの叫びに合わせて島全体が鳴動、そのせいで出来た地割れによってエアトンが地中から脱出する、というシーンがはさまれてたんですが。

元ネタ

  • アイアンキング
    特撮テレビ映画「アイアンキング」及びその主役の名前から。
  • サンソン・ハンソン『ちょおーっと待ったぁ!』
    テレビ番組「ねるとん紅鯨団」(公開お見合いをする番組)で、告白タイムで女性に2人目以降の男性が声をかける時のかけ声から。

次回予告

ナディア
 どこからか突然、不思議な声が聞こえてきたの。あたしは地球人じゃない、昔、宇宙から地球にやってきたアトランティス人だって言うの。あたしが宇宙人だなんて信じられない。もし、それが本当だったらジャンはあたしのこと、嫌いにならないかしら。
 次回『さらば、レッドノア』見てね。

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます