2015-05-31

タブレットがゴロゴロ読書に最適な件について(主によだれ対策の意味で

すいません。本日体調不良のため更新はお休みします。

ごろごろしながら昨日購入した星界の紋章1~3を読み直してました。ひさしぶりにまとめ読みしましたけど、やっぱりこの小説のおもしろさは異常。初めて読んでから10年くらい経ち、自分も少しキャラクターに感情移入出来るポイントが変わってきたのを感じます。ジントたちよりむしろエントリュアとか葬儀屋とかに共感しちゃいます。カイトの狂気もちょっと理解出来るようになってきた。あとクファディスさんは最初の頃は結構とんがってる。

そして最新刊では既に死亡しているキャラたちの在りし日の姿にはグッときますね。紋章3巻までの帝国軍の強さは圧倒的だったのになぁ。本編がこれからどうなるのか気になって仕方がなくなっちゃいました。3巻の後書きには、森岡先生なりの表現で「感想希望」とありますので、ここで続編マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチンしてるくらいなら、森岡先生に応援の手紙でも書いた方がいいのかもしれませんね。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

>最新刊では既に死亡しているキャラたちの在りし日の姿にはグッときますね
 紋章の時点で死んでるレクシュさん、クロワールさん、ロックさんは入れませんよね?最新刊で死んでるのは、スルーフさん、ラマージュ皇帝、戦旗5には上皇方の一部も出てました。あと誰だっけ。

うーん、そんな感じじゃないですかね。他には思い出せないかも。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます