2014-11-10

これも仕事に生かせる体験だと思えば…

突然ですが。

本日運転中に、追突事故に遭いました(実話)。さいわいケガは大したことなさそうですが、愛車が見るも無残な姿になってしまい(※やや話を盛っています)テンションダウーン。

こうなったら僕の弁護士スキルを全開にして賠償金をふんだくってやる!という冗談がここに書けるくらいには元気ですのでご心配なく。

とはいえ大事をとって本日の更新はお休みします。明日以降は別途考えますので。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

 災難でしたねー…。更新できなかったのはそれでですか。
 くれぐれもお体気をつけて下さい。数年前父がバイク事故にあった時警察から散々念を押されました。
>こうなったら僕の弁護士スキルを全開にして賠償金をふんだくってやる!
 まあ、冗談ですね。実は父は事故を起こしたこともあるので(よりによって怖い人のベンツに)、その時は保険会社のありがたみが身に染みました。

保険会社は10:0だと示談交渉してくれないという罠があるので要注意。
でも相手の保険会社の担当者、確か仕事でもバチバチやらかした相手だったような気がするんですよね…名前うろ覚えなんだけど。

>10:0だと示談交渉してくれない
10:0かどうかを判断するのも保険会社なのに、そうとなったら我関せずなのは無責任に思えますね。ユーザーの勝手な言い分なのでしょうか?

10:0だと保険会社が負担するものがないから、「示談」代行に含まれない…という解釈のよう。僕もなんか杓子定規な解釈のような気がしますが、おそらくその責任の一端は弁護士にある(弁護士法に抵触しないようにしている)のでなんとも…
あ、そういうときこそ弁護士にご依頼ください!(宣伝

>そういうときこそ弁護士にご依頼ください!
そういうことだろうと想像してましたww。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます