2015-09-26

【小説】ガンパレード・マーチ 2K 未来へ④ レビュー

これが本当に最後なのか…榊ガンパレ、涙の最終巻。

ガンパレード・マーチ 2K 未来へ ④

著者:榊涼介
レーベル:電撃ゲーム文庫
価格:600円

続きを読む(ネタバレ注意) »


2015-03-14

【小説】ガンパレード・マーチ 2K 未来へ③ レビュー

久々に買ったその日に読んで感想。(ホント久々だ…

ガンパレード・マーチ 2K 未来へ ③

著者:榊涼介
レーベル:電撃ゲーム文庫
価格:600円

続きを読む(ネタバレ注意) »


2014-12-20

【小説】ガンパレード・マーチ 2K 未来へ② レビュー

ついに榊ガンパレシリーズが電子書籍化されましたね。これを機に読んでくれる人が増えますように。それからうちのサイトのアクセスが増えますように!

ガンパレード・マーチ 2K 未来へ②

著者:榊涼介
レーベル:電撃ゲーム文庫
価格:600円

続きを読む(ネタバレ注意) »


2014-10-19

【小説】ガンパレード・マーチ 2K 未来へ① レビュー

11/13に、ガンパレ関係の書籍(小説、コミック、ファンブック)が電子書籍化されるとのこと。まだ読んだことがない方は、この機会にお買い求めください。

とりあえずBOOK☆WALKERで配信予定、その他のサイトにも広がるかも…とのこと。また2巻も11/10発売予定です。

ガンパレード・マーチ 2K 未来へ①

著者:榊涼介
レーベル:電撃ゲーム文庫
価格:600円

続きを読む(ネタバレ注意) »


2014-07-06

【小説】ガンパレード・マーチ 2K 5121小隊帰還 レビュー

帯に「アメリカ編完結!」の文字といっしょに「「榊ガンパレ」終結に向け9・10、新シリーズ始動!!」の文字が。おお、ついに10年以上やっているこの作品も完結なのか…感慨深いものがあるなぁ。まぁ9月完結じゃなくて9月に終結に向けた新シリーズが始まるだけですから、どう転んでも1年以上は大丈夫そう。

ガンパレード・マーチ 2K 5121小隊帰還

著者:榊涼介
レーベル:電撃ゲーム文庫
価格:600円

続きを読む(ネタバレ注意) »


2014-01-12

【小説】ガンパレード・マーチ 2K 西海岸編③ レビュー

昨年の発売からしばらくして購入しすぐ読んだのですが、なぜかタイミングを逸して感想を書けませんでした。そうこうしているうちにあらすじを忘れてしまうという体たらく。

ガンパレード・マーチ 2K 西海岸編③

著者:榊涼介
レーベル:電撃ゲーム文庫
価格:600円(税別。今年から税別表記に統一します)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2013-08-18

【小説】ガンパレード・マーチ 2K 西海岸編② レビュー

榊ガンパレ2ヶ月ぶりの新刊です。今回もAmazonで購入。

あと久々に年表も更新してepisode TWOを反映させました。次は「あんたがたどこさ」なんですけど、あれはパラレルっていう設定だからめんどくさいんだよな…かといってその他の作品につながる場面も多いから、無視するわけにも行かないし…あと年表自体が長くなってしまったので、そろそろページを分けたほうがいいかも。5冊前後で切るとすると「前史」「小隊結成~熊本城決戦」「九州撤退戦」「山口防衛戦・ガンオケ」「九州奪還戦」「日本内乱編」「新大陸編」の7分割くらいか?

ガンパレード・マーチ 2K 西海岸編②

著者:榊涼介
レーベル:電撃ゲーム文庫
価格:600円(税別)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2013-06-25

【小説】ガンパレード・マーチ 2K 西海岸編① レビュー

榊ガンパレ3ヶ月ぶりの新刊です。待ってました!なのですが近くの書店では軒並み置いてなくてAmazonで購入しました。

ガンパレード・マーチ 2K 西海岸編①

著者:榊涼介
レーベル:電撃ゲーム文庫
価格:600円(税別)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2013-03-20

【小説】ガンパレード・マーチ 2K 5121小隊の日常III レビュー

風邪で休んでいる間に読み終わりました。榊ガンパレ4ヶ月ぶりの新刊です。

ガンパレード・マーチ 2K 5121小隊の日常III

著者:榊涼介
レーベル:電撃文庫
価格:630円

表紙など

表紙は速水、舞、中村、遠坂、ののみ、田辺の6人。遠坂が星条旗を持ち、中村はおそらく隊旗を持っています。帯は「7年の沈黙を破って”日常”シリーズ復活です♪♪♪舞台はアメリカだ~」とハイテンション。
巻頭付録はなし。作者、絵師あとがきもありませんでした。つうかきむら女史のイラストは表紙だけじゃん。なんで挿絵ないの?

あらすじ

アメリカでの過酷な戦いの日々は終わり、5121正体は日本艦隊が待つ西海岸のシアトルにたどり着いた。すぐに帰国できるものと思っていた小隊に、シアトルでの長期休暇が命じられる。隊員たちは思い思いの休日を過ごすのだが―
久しぶりに5121に合流した善行の決意を描く「善行忠孝の困惑」、暴走した森が引き起こした滑稽な逃走劇を描く「森精華の抵抗」、小学校で武道を教える壬生屋を描く「壬生屋未央の憧れ」、完璧主義の狩谷がひどい目に遭う「狩谷夏樹の献身」、休暇の過ごし方が分からない舞を描く「芝村舞の孤独」、看護師になって帰ってきた田代と茜が再会する「茜大介の試練」、そしてソックスハンター達の変な友情を描く「遠坂圭吾の不思議な愛情」の短編7本におなじみ原日記6本を収録した短編集。

感想

今回は久々の日常シリーズということで、戦場以外の隊員たちの様子を描いた短編集になっています。ただ国外にいるということでI、IIとはやや趣が異なり、全体的にシリアスな物語が多いです。
ここんところ不安定な森や壬生屋がかなり回復したのはファンにはうれしい展開でしたが、逆に平時には舞や速水の不安定さが異常に目立つな…普段それをフォローする瀬戸口やののみ、無理矢理ギャグ展開に持ち込める岩田や若宮の出番が少なかったせいで余計にそう感じました。
久々に田代の勇姿が見られたのもオススメポイントですね。つーか茜は完全に飼い慣らされてるし。原、ヨーコ、森に続いてまた頭が上がらない女性が増えたな…

罪悪感は残る。しかし、かつて自分が指揮を執った学兵たちの不屈とも言えるたくましさを誇りに思えた。(中略)
懐かしい家族。まるで家出息子が久しぶりに実家に戻ったような気分だな、と隊員たちと離れていた時間に思いを馳せた。

※37、40ページより引用


2012-11-14

ガンパレード・マーチ2K 新大陸編④ 感想


榊ガンパレの最新刊が2ヶ月ぶりに来ました。今回で新大陸編は完結です。

※既刊の感想はこちらから。

続きを読む(ネタバレ注意) »


1 / 212