2019-06-16

【イベント】TOF2019 16日公演 レビュー

最近のシークレット豪華すぎません???

16日公演

開演前

14:30 会場に到着。乗る電車を間違えたせいで14時に着くつもりが遅刻。でも列は昨日の2.5倍くらいでこれまでの経験上カゲナレには十分間に合いそう。

14:50 入場。熱中症対策なのか今日も開場が前倒し。ロビーでしばし待って着席。今日はS席(アリーナ席)だけど珍しくステージ正面。ただし遠い。

15:30 アスベルとシェリアのカゲナレ。相変わらずの鈍感アスベル全開。それから2日目仕様のOP集。

16:20 スレイとライラのカゲナレ。下屋ライラもかなりなじんできた感ある。でもyukkun20は松ライラも忘れられないのです…

16:30 オープニングステージ

本日の司会はおなじみ小野坂氏と、TOVパティ役の斎藤千和さん。ちわちわktkr。さよなら絶望放送のゲスト回で好き勝手やって神谷氏を振り回していた時からの大ファンです。というか司会向きのキャラだなーと思ってたら今回初出場で初司会。

ちわちわは以前司会を務めた中原麻衣さんから司会の極意を教わってきたそうですが、中原さんのスパルタ振りがトラウマになっている小野坂氏は蒼い顔してましたw

16:30 スペシャルスキット テイルズ オブ アドベンチャー~芸術に導かれし星々

横浜で開かれる芸術祭に、リチャードの代わりにやってきたアスベルとシェリア。ヨコハマにはミクリオやエドナを探しに来たスレイ・ライラも来ていた。ライラはみんなと初対面だったが、すぐに打ち解ける。

一方ギルドの仕事で美術館の警備に来ていたユーリ、レイヴン、リタ。しかし一緒に来ていたはずのパティがいない。リタが探しに出ると、パティは街でユーリに振舞う手料理の食材を探しているところだった。

斎藤さんがパティの演技を全身でするので、各所から「かわいー!」の声が飛んでました。実際かわいい。

そこに昨日から来ていたルーク、ロイド、ゼロスも合流。ゼロスは早速パティにナンパを仕掛ける。しかしユーリにぞっこんのパティはそれを軽くあしらう。アスベルたちと待ち合わせをしていたパスカルも合流し、一行は美術館に向かうことになった。

とはいえ実際はゼロスが変態チックに迫ったのでだいぶパティも追い込まれてましたw

美術館でユーリとレイヴンが仕事をしていると、アスベルたち4人が現れる。レイヴンは早速初対面のライラをナンパ。しかしライラの寒いギャグで凍り付かされるのだった。

こっちはこっちで下屋さんの肩に手を回してやりたい放題。セクハラだろ!

ところが突如美術館に警報が鳴り響く。慌ててユーリたちが駆けつけると、コンテスト優勝作品として飾られていた絵が何者かによって盗まれていた。「守れなかった…」と落ち込むアスベル。

守ってたのアスベルじゃねーからという当然のツッコミが。

一方ロイドたちが美術館に着くと、入り口は施錠されていた。中で何かトラブルが起こったのだと気づいた一行は何とか中に入ろうとする。近くにあったボタンをパスカルが適当に押すと扉が開いた。しかしロイド、ルーク、リタが入ったところで再び扉が閉まり、ゼロス、パスカル、パティは閉め出されてしまった。仕方なく3人は別の扉を探すことに。

ユーリたちは絵画泥棒を追って美術館の中を捜索していた。怪しげな扉があり、レイヴンが不用意にそれに近づくと、扉が開いてレイヴンは中に吸い込まれてしまう。一行は慌ててレイヴンを追いかけるが、ユーリだけは「レイヴンがわざと吸い込まれたように見えた」と疑念を抱く。

そこへロイドたちも合流。さらに先へ進むと、そこには吊り天井の罠が。誰かが操作盤の上で踊っていれば天井が降りてこないことが判明。誰が踊るか…。シェリアが「アスベルは舞台慣れしているし(中の人ネタ)みんなを守れるはず」とまさかの裏切り。誰が踊るかは観客投票にゆだねられたがアスベルがまさかのぶっちぎり優勝。やむなく踊り始めたアスベルだが、すぐ足が攣ってしまい、結局全員で踊る羽目になったのだった(仕掛けはロイドがどうにか解除しました)。

その先でゼロスたちも合流。早速ゼロスはライラをナンパ。今度はレイヴン以上のなれなれしさで観客からも悲鳴が。そんな中、その先の広間では、シュヴァーンと話をする謎の男が…なんとそれはデューク(TOVのラスボス)だった。

ここでシークレットとして小山力也さん登場。小山さんもかっこええなぁ。でも歌われラジオを聞く限り、この方もかなり面白い人なんですよね。

一瞬レイヴンが裏切ったのかと緊張が走るが、シュヴァーンはデュークと旧知の仲であることを利用してスパイをしていただけだった。デュークは、「この絵は聖核のありかを示す物、人類に渡すわけにはいかない」と戦いを挑んでくる。デュークは大技を繰り出してくるが、最後はユーリの天翔光翼剣の前に膝をついた。

断末魔で小山さんが「私は悪くない!」と言ったせいで盛大な笑いが。ほらやっぱり面白い。

結局この絵が聖核のありかを示しているというのは壮大なデマだった。デマにだまされた私は悪くない、とデュークは姿を消した。ユーリたちが絵を元の場所に戻しに行くと、そこにはデュークが代わりに残したへったくそな絵が飾られていたのだった。

17:40 スペシャルトークショー

初めての方を中心にしたトーク。

パティ(斎藤千和さん)…昨今かわいいって言われることがないのでとても新鮮だったとのこと。いや、ちわちわはかわいいですよ。やっぱり女性は愛嬌だと思います。

ライラ(下屋則子さん)…エンディングの時に、「松来さんと私、二人で一人のライラだと思って一生懸命演じてます」と言ってくださってとてもうれしかった。ちわちわ泣いてるし。

シェリア(河原木志穂さん)…6歳になる娘と一緒にゲームプレイ中だそうです。ちなみに娘はアスベル派とのこと。

デューク(小山力也氏)…こんなに長いスキットだからきっとちゃんとしたドラマなんだろうと思って来たそうですwキャストたちのアドリブに飲まれて最後はボケてしまったとのこと。

17:55 「テイルズ オブ」名セリフランキング

昨日に引き続きまじめ企画か…と思いきや、キャストが名台詞をパロってボケたり、他人の名台詞を盗んだり、斎藤さんが心ない突っ込みを入れたりとなかなかにカオスなコーナーでした。詳しくはBDで取り上げます。

個人的にはTOPの「この世に悪があるとすれば、それは人の心だ」が9位にランクインしていたのがうれしい。ちゃんとモリスンさんのセリフとして扱われていたのもポイント高い(SFC版はモリスンのセリフだが、PS版ではダオスのセリフになっていたため)。

18:20 「テイルズ オブ」アートアトラクション

今回の企画(いつもの大喜利枠)は「テイルズ オブ 絵描き唄」。小野坂氏が特定のキャラの絵描き唄を歌うので、その歌詞だけを聴いてキャストがキャラクターを描くという唯一コンセプトを押さえたコーナー。

まあ大喜利なんですが、河原木さんの画力がやばかったり、森永さんが絵描き唄のセオリーを無視した構図の絵を描いたり、小西氏が「絵描き唄を歌う小野坂氏の絵」を描いたり、鳥海氏がユーリの似顔絵を描いたり(しかもうまい)、小山氏が山を張ってラピードを描いたはずなのにタイガー○スクになってたり、とにかくむちゃくちゃなコーナーでした。

18:45 テイルズ オブ エンターテインメント ニュース

例年の「最新情報コーナー」。

  • 毎年恒例のサンリオコラボ
    今年はハンギョドンが応援に来てました。ハンギョドン…yukkun20が子供の頃からいるキャラですが、今日初めて発音が「ハ↑ンギョド↓ン」ではなく「ハン↓ギョドン」だと知った。
  • TOG10th記念イベント開催
    11/24に舞浜アンフィシアターで開催。
    去年のTOVイベントは行けなかったからこれは行きたい。だってざーさん出るし。
  • テイオケ開催
    10/20にパシフィコ横浜で開催。
    こちらも行くつもり。今回はリバース、グレイセス、マイソロが中心(シリーズ楽曲もあり)で、オーケストラ編成ではなくブラスバンド編成だとか。
  • テイルズ オブ プチツアー開催
    1泊2日のバスツアー。
  • TOラジオ第2回の司会がスレイ・ミクリオに決定
  • 舞台版TOV
    12/5-15に天王洲で開催。
    今回キャストの発表がありましたが、かなり原作にキャストを寄せてきてる感じがしてびっくりしました。特にユーリ、エステル、フレンあたりは文句のつけようがないくらい。ちょっと興味あるけど天王洲は遠い。

19:20 テイルズ オブ ライブ

Bonnie Pinkのライブ。

  • 鐘を鳴らして(TOV)
  • Heaven’s Kitchen
  • Last Kiss
  • We Belong(TOAsteria)
  • A Perfect Sky

森永さんは大ファンだったらしく、ステージ袖ではなくわざわざ観客席に行って聞いていたそうです。

20:00 エンディングステージ

今日も企画はまじめだったけど、キャストがはじけてましたねー。特に司会から遠い小西氏・鈴木氏・鳥海氏が好き勝手やり出して小野坂氏がツッコミに回るいつもの大爆笑会でした。女性陣もしゃべれる方が多かったのでとても盛り上がりましたね。

今年はテイルズ関係のイベントが盛りだくさんなので、一ファンとしても楽しみにしています。オケは今年も絶対行きたい。TOGイベントも予定が合えば是非行きたいですね。昨年のTOVは旅行の日程と重なってしまい涙をのみましたので。あとでBD見てやっぱり行けばよかったと激しく後悔。

そして斎藤さんのアシスタント振りは水際だってました。ボケる、ツッコむ、タイムキープする、熱いコメントもOKとすばらしい人材。さすが中原さん直伝。なお小野坂氏には新たなトラウマが刻まれたようです。

20:20 終演

カゲナレはユーリとデューク。最近はボス枠がシークレットになることが多いですね。そろそろ若本氏が来たりして。


2019-06-15

【イベント】TOF2019 15日公演 レビュー

午前中は川崎で仕事してました。

TOF、まさかあのお方にお会いできるとは…

15日公演

開演前

14:00 会場に到着。雨と風が強く、並んでいる人も例年の3分の1程度しかいません。

14:30 30分早く開場。ただホールはまだ開いてないため、ロビーで待機。雨がしのげるだけでありがたい。

15:00 入場。さすがのスペシャルシートだけあって、前から5列目という最高の席です。

15:30 ヴェイグとクレアのカゲナレ。クレアの声を聞いたのは本当久しぶりですね。そうそうこういう感じだった。そのままいつもどおりOP集。

16:20 エドナとザビーダのカゲナレ。今回は天族そろい踏みですが、二人と関係の強いアイゼンはまた来られませんでしたね…

16:30 オープニングステージ

本日の司会はおなじみ小野坂氏と、TOX2エル役の伊瀬茉莉也さん。伊瀬さんかわいいなぁ。6年ぶり2回目の登場なのにいきなり司会、しかし全然物怖じせずこなされてました。ナイスアシスタント。

今回はアートがテーマと言うことで、キャストも皆さんも派手めの衣装だそうです。ギャラの3倍くらいする衣装着てるらしいですよw

16:30 スペシャルスキット 夢と創造~芸術の街、ヨコハマ~

横浜で開催される芸術祭の親善大使になったルーク…ではなくてヴェイグの付き添いでヨコハマに来たクレア。祭りのスポンサーであるルーク、仲間と共にヨコハマに来たベルベットも姿を見せる。クレアによると、祭りの参加者には「夢を現実に変える力」のあるバンダナが配られているとのこと。

そこへ迷子になったエルを探すルドガーとエドナもやってきてエルを見なかったかと尋ねるが、誰も知らない様子。そうこうしているうちにエルのGHSから電話がかかってきたため、一行は慌てて待ち合わせ場所の広場に向かうのだった。

ルドガーがエルの特徴を「ツインテールの子供」と説明したせいで、ベルベットがエルではなくアニスのことを思い浮かべてしまい、「玉の輿がどうの、お金がどうのって言ってたような」それを聞いた一行はルドガーに「小さい子にどんな我慢させてるんだよ!」と総ツッコミ。

一方ヴェイグとゼロスは、芸術祭に出展される作品の最終チェックを行っていた。あくまで仕事をまじめにこなすヴェイグはナンパしながらやっているゼロスの進捗が遅れていることをとがめる。

ゼロスが客席の女性に「今日は誰を見に来たの~?」と声をかけ、その女性は空気を読んで「ゼロスです」と答えたのですが、小野坂氏が「えーでもその着てるTシャツゼロスプリントのじゃないよねー。誰の?あ、近藤君の(TOX2)か~」といじり倒したせいで、檜山氏から「ここはおまえの自由時間か!」というツッコミが。

ミクリオも合流し二人がかりでゼロスを責めていると、アニーが息を切らせながら走り込んでくる。「四星(※TORに登場する敵役)が…」という言葉に色めき立つヴェイグだったが、どうやら四星がやっているお化け屋敷の人気が出すぎて行列整理が必要になたとのこと。またロイドも現れ、自分が作成している氷像の製作の手助けを依頼する。アニーはロイドを、ヴェイグはお化け屋敷を、ミクリオはゼロスを手伝うことにして、それぞれ散らばっていった。

炎天下で氷像を作るために、アニーが雨のフォルスで雪を降らせて気温を下げるっていう提案をするんですが…そんな設定ありましたねぇ。

ゼロスが作品のチェックをしていると、そこには見慣れない作品が。丸い本体に大きく「0」と書かれていたが、そこへ突如モンスターが現れる。撃退したところ、カウンターは「1」になっていた。ゼロスたちはほかの場所にもモンスターが入り込んでいるのではと考え、見回りに向かう。

広場に向かっていたエルはモンスターに襲われるが、ヴィクトルに助けられる。思わぬ再会に喜ぶエルだが、ヴィクトルはルドガーが来ていることを知ると、用事があるといい、困った時に開くようにと紙袋を渡して去って行った。入れ替わりにザビーダも合流、エドナとルドガーも追いつき、全員で広場に向かった。

アッシュの手助けもあり、全員が無事に合流。エドナは「バンダナの持つ、夢を現実に変える力とは、想像を現実化すると言うこと。「モンスター出てほしくないな」という思いがモンスターを呼んでいるのではないかと推測する。ゼロスが見つけた装置のカウントはすでに「876」に達していた。ゼロスは、人々の恐怖の感情がカウントされているのではないかという。

そこに現れたのは、ベルベットの宿敵、アルトリウスだった。

声ですぐ分かりましたが、まさか本当にこういうイベントに堀内賢雄さんが登場するとは思っていなかったので、場内は大歓声でした。テイルズで悪役やってるおっさんはみんなかっこいいよ。

アルトリウスは、人の感情をなくすために、装置を使って人の心を調べていたのだという。祭りを台無しにし、人の感情も狙うアルトリウスに一同は怒り戦いを挑むが、アルトリウスの圧倒的な力の前に苦戦。しかしエルがヴィクトルから集まったアイテムで全員を回復すると、ベルベットの一撃がアルトリウスをとらえた。アルトリウスは、勝負を預けるといい、姿を消したのだった。

バンダナの力を使って広場を修復し、祭りは無事続けられることになった。みんなの思い出を刻むため、キャンバスに全員で絵を描くことになり、物語は大団円。

広場を修復する際、昨年に引き続きエドナが「エドナの~お願い~聞いてほしいの(ハァト」と媚び媚び。ステージにはノルミン(着ぐるみ)も登場し、ているずおぶHRのエンディングテーマ「ノルミンダンス」が流れて(しかもTOHRではサビしか流れないのにフルバージョン。本邦初公開)カオスな状態に。「いい話やったのにノルミンが出てきたせいで全部持ってかれたわ」とは小野坂氏談。

17:40 スペシャルトークショー

初めての方を中心にしたトーク。

ヴェイグ(檜山修之氏)…ネタにされている「クレアー」の印象を変えたいと意気込んでました。

クレア(安田未央さん)/アニー(矢島晶子さん)…二人ともトークが上手なイメージだったのですが、大きなステージに出ることはないとのことでかなり緊張されている様子でした。でもお二人ともすてきボイスでした。矢島さんが亡くなられた運昇さんのちょっといい話をしてくださったのもよかった。

ザビーダ(津田健次郎氏)…「テイルズオブナマステから来ました」で大爆笑。分からない人は昨年のBD見てね。

アルトリウス(堀内賢雄氏)…役がまじめ一辺倒なので一応それを意識したキャラ立てをしておられましたが、他の人からいじられるとすぐ乗っかる性格のせいで全然うまくいってませんでしたw yukkun20としてはナディア以来の好きな声優さんなので、目の前で見られてラッキーでした。そしてベテランはやっぱり演技が半端なくうまかったです。あの死にかけボイスとかどうやって出してるんだって感じ。

18:05 「テイルズ オブ」名シーンカムバック

今回は出演者が偏っているので、それぞれの作品の名場面を振り返りつつ生アフレコします。あと当時の思い出話なんかも。

リバース

「ウォンティガの正殿」(アニーが「命に色はない」とウォンティガに宣言する場面)
「アガーテの訴え」(おなじみピーチパイの演説)

TOR15周年ということで、記念PVと、新規イラストが用意されていました。
当時ヴェイグは主人公なのにセリフが少なすぎると山口勝平さんや石塚運昇さんにいじられていたそうです。

エクシリア2

「ヴィクトル戦」(ヴィクトルとルドガーが戦うシーン)

エルの目の前で父親のヴィクトルが死ぬというショッキングなシーンで、エルの熱演に皆さん泣いてました。

ベルセリア

「アルトリウス戦」(ベルベットとアルトリウスの決戦シーン)

こっちは最後に正気を取り戻したアルトリウスとの別れのシーンと言うことで、TOX2以上に涙腺崩壊した人が多かったようです。

今回は内容がシリアスすぎてボケる暇がないな。

18:40 テイルズ オブ エンターテインメント ニュース

例年の「最新情報コーナー」。

  • TOARIZEの主人公・ヒロインの名前・CV発表

富澤Pが出てこられていろいろ解説されてました。結構過去作と毛色違ってる感じだけど大丈夫かなぁ。
ヒロインのシオン役は下地紫野さん(ゼノブレ2のヒカリ)だそうです!

  • TOCの最新情報

今作はコマンドバトルらしい。

  • アプリ情報

例年小西氏の茶番劇があるんですけど今年はなくて残念。代わりにスキットで情報が流されてました。テイチャンのTwitterにも後ほどアップされるそうです。

あれ、オケの情報無かった?

19:30 テイルズ オブ ライブ

DEENのライブ。

  • 夢であるように
  • 永遠の明日~君さえいれば~ひとりじゃない(メドレー)
  • ミライからの光(TOTR)

途中のMCも軽妙で、「君さえいれば」「ひとりじゃない」も超メジャーな曲なので面白かったです。

20:05 エンディングステージ

今回は企画自体がまじめだったので、いつもに比べると落ち着いた雰囲気でした。選ばれたシーンは納得のものばかりだったので、もちろんよかったんですけど、個人的にはもう少し笑いがあってもよかったかな。特にZ組が全然活躍できてなかった(まあエドナはノルミンダンスという最大の見せ場がありましたが)のがちょっと残念。津田さんもっと面白くいじってあげないと。

TOARIZEはまだ何ともいえませんが、全体的にまた重い感じの話になりそうですね。TOX以来重い話が続きすぎのような…。主人公もヒロインもシリアスなので、3人目以降に期待したいですね。

TOCはちょっと面白そうな感じがしました。コマンドバトルの方が空き時間にプレイしやすいのでいいかも。一応事前登録しておこうかな。

明日はテイオケの発表あるよね?

20:30 終演

カゲナレはベルベットとアーサー。この話で夢オチはやめてよ(号泣


2018-06-17

【イベント】TOF2018 17日公演 レビュー

午前中は横浜にあるボークスショールームに行ってきました。目的の物はなかったのですが別のアイテムをゲットしたのでこれも後日。

テイルズオブプレミアムショップにも寄ったのですが、半端ない人出であきらめました。TOPのグッズ、ほしかったよ…(ばたり

17日公演

開演前

14:15 会場に到着。昨日より早いくらいなのに1.5倍くらい人がいる…しかし、自分の経験ではこのあたりならOP集(15:30開始)に間に合うはず。頼むぞ…

14:45 先頭が見えないくらい列が並んでいたのでよく分かりませんが、この頃には開場していた様子。

15:00 入場。S席で、久々に正面寄りでしたがステージからはかなり遠い…やっぱりSS席じゃないとだめか。

15:30 ルークとガイのカゲナレ。ルークがかんだことにツッコんだガイまでかむという奇跡の展開(カゲナレは生)。それからいつものOP集でいつもの2日目仕様。

16:20 ユーリとレイヴンのカゲナレ。ユーリがめっちゃ棒読みで爆笑。

16:30 オープニングトーク

今日の司会は小野坂氏と、TOBライフィセット役の浅倉さん。昨日はちょっと奇をてらったオープニングでしたが、それを肴に斬新な登場シーンの演出話で盛り上がってます。浅倉さんトークうまいなぁ。

いつもはこのままスペシャルスキットですが、今回はここでキャスト全員が登場して自己紹介。そのままスペシャルトークショーになだれ込みます。

16:50 スペシャルトークショー

ジーニアス(折笠愛さん)…初めて拝見しましたが、とてもノリのいい方でびっくりしました。コーヒー3杯も飲んだからなのか、小野坂氏にすらテンションがおかしいとツッコまれる始末。「これまで登場できなかったのは、小野坂さんに嫌われてるからかなぁ?」「そんなわけあるか!嫌いなやつも何回も来とるわ!」

ガイ(松本保典氏)…自称海の家のおじさん、6年ぶりの登場。前回スギちゃんのネタをやって受けなかったのがトラウマだそうです。そう言われれば似てるわ。でも僕の中では永遠にナディアのエーコーさん。

ザビーダ(津田健次郎氏)…「キャラと本人がほぼ同じでおなじみの」と紹介されてました。とにかくでかい声を出すというキャラで、小野坂さんにいいように使われてました。でもスキットでも声が死んでなかったのはさすが。

16:55 「テイルズ オブ」チームバトル

チーム対抗でゲームをして勝敗を競うというバラエティタイム。

シンフォニア&アビスのAチーム、ヴェスペリア&エクシリア2のBチーム、ゼスティリア&ベルセリアのCチームに分かれましたが、3人しかいないCチームからブーイングが。そうこうしているうちに木村氏が全方面にけんかを売った関係でステージ上はカオスなことに。そこへ颯爽とシークレットゲストの逢坂氏が登場したのですが、誰にも注目されずぬるっと参戦。

優勝チームには、これから開発されるテイルズシリーズをイメージしたアクセ(数万円相当)が贈られるそうです。

「テイルズ オブ」ジェスチャーバトル

出されたお題をジェスチャーでチームメイトに伝えるというジェスチャーゲーム。

誰がジェスチャーをするかはチームで選べるのですが、Bチームは「実質3人じゃねーか!」ともめてます。TOVのドラマCDをご試聴の方はご存じかと思いますが、森永さんはこの手のゲームが下手ってレベルじゃないです。しかし鳥海氏がそれを逆手にとって、「うちはリタにジェスチャーをやらせるので、得点を倍ください!」と直談判。見事40点を獲得しました。(※他のチームも20ポイントずつ取ってますが)

「テイルズ オブ」メッセージバトル

いわゆる伝言ゲーム(伝言される側はヘッドホンをしているため、口パクで伝える必要がある)です。得点は10~50点の間で小野坂氏が適当に決めます。

最初はAチーム。松本氏→鈴木氏→折笠さん→小西氏の順。お題は「ガイ様華麗に参上」。このセリフを知っていた松本・鈴木両氏はうまく乗り切りますが、折笠さんが「神様華麗に参上」と聞き間違えたためぐだぐだに。結局「俺様華麗に参上」とかなりいい線行きましたが、小野坂氏の一存で20点に。

次はBチーム。森永さんを回答者に入れるとどうなるか分からないので、森永さん→鳥海氏→竹本氏→近藤氏の順に。ところがお題は「エンシェントカタストロフィ!これが私の研究成果よ」というかなりの無茶振り。森永さんがそのポンコツぶりを発揮し、鳥海氏にはほぼ伝わらず。「エステルは俺が守る!」と誤解した鳥海氏から3人が無事つなぎ、結局0点に。

最後はCチーム。佐藤さん→津田氏→逢坂氏→木村氏の順。しかし「容赦しない!一撃じゃ生ぬるい!絶破滅焼撃」という絶望的なお題。誰が考えたんだ。予想通り津田氏は「しょうちゅうしゃしない?きき、絶版した、ナマステ、押忍!」という絶望的な空耳状態。しかしそれを受けた逢坂氏が奇跡をみせ、「容赦しない!」を理解します。しかしそこまで。結局「容赦しない!秘技 絶破!ナマステ、押忍!」でフィニッシュしてしまいましたが、健闘をたたえられて20点獲得。

ばら撒きバトル

センターステージに置かれたカードを持ち帰り、そこに書かれていたクイズに解答すれば勝利です。得点は50点。小西氏、森永さん、逢坂氏がカードを取りに行く役になります。

一応女性と言うことで気を遣ったのか、森永氏が一着でカードを持ち帰ります。ここでポンコツ返上か!?と思いきや、カードはまさかの「はずれ」。

次に小西氏が到着。お題は「今日来ているキャストが登場する作品名を全て答えよ」。しかし「テイルズ オブ アビス」と間違えてしまい(正しくはジ アビス)失敗。

最後は逢坂氏。クイズは「リタとルークの手料理、どっちが食べたい?」観客にペンライトの色でアンケートを採るので、多い方を当てれば正解になります。正解は「ルーク」。見事正解し、優勝はCチームになりました。

そのあと、お情けでラストチャンスをもらった森永氏が持ち帰ったカードも「はずれ」でした。神か。

今回は大喜利以来の大爆笑コーナーでした。

17:50 スペシャルスキット 二人の少年探偵~バーニッシュランドの危機~

テーマパーク「バーニッシュランド」にやってきたフィーとベルベット。そこではジーニアスとロイド、ユーリやレイヴンが臨時スタッフとして働いていた。エステルとやってきたリタや、ガイとやってきたルークも顔を見せる。(※エステルは登場しません)

そこへ、パフォーマー兼コックとして雇われているルドガーが焦った様子で現れた。何でも港で積み荷荒らしが発生し、夜のステージで使用するステージ衣装が盗まれてしまったという。不埒な悪党を許すわけには行かない。一行は積み荷泥棒を追うことになった。

しかしここはテーマパーク。子供たちの夢を壊すわけにはいかないと、園内でやっている謎解きイベントに紛れて犯人を捜すことになる。探偵役はジーニアス少年とフィー少年。二人は二手に分かれ、犯人を捜すことになった。

一方テーマパーク内を歩いていたスレイとミクリオは、慌てた様子のガイとぶつかってしまう。ガイは大量の衣装を抱えていた。どうしたのかと二人が尋ねると、道に大量の衣装が落ちていたので、回収して届けに行くところだという。スレイとミクリオもそれに協力することになった。

ジーニアスチーム(ロイド、ルドガー、リタ、ルーク)は、船着き場へ。偶然その場にいたゼロスも合流し、不審な足跡を調べていると、突然近くの積み荷が崩れてしまう。危ないところを助けたのはガイだったが、ガイが盗品を抱えているのを見た一同には犯人扱いされてしまう。

ガイの女性恐怖症を利用してリタが抱きつき攻撃をするのですが、実際に森永さんが松本氏に抱きついたせいで「役を忘れそうだ!」「(間に入ったルークに対し)なんで引き離すんだよ!」とマジでうれしそうでした。

スレイやミクリオが事情を説明しようやく誤解は解けたが、衣装の中にはもっとも大事な「バーニッシュの着ぐるみ」がなかった。どうやら犯人の目当てはこれの様子。ここでゼロスがかっこよく「犯人はおまえだ!」と指名したのはルドガー。

ルークが、「主人公やりたくなかったんだよな、その気持ちわかるぜ」と同情していました。確かに二人ともかわいそう系主人公だけども。ルドガーは「俺は悪くねぇ!」とルークのセリフを乗っ取りましたが、ルークが「俺も悪くねぇ!」と乗っ取り返してました。さすが本家。

ルドガーにはアリバイがあった。崩れた積み荷から、「怪盗Xからの挑戦状」が発見される。一行は怪盗Xが指定したアトラクション、ティーカップに向かうことに。

フィーチーム(ベルベット、ユーリ、レイヴン)は園内で聞き込みをしていた。上半身裸の怪しい男の目撃情報があったが、それはフィーに探偵七つ道具を届けに来たザビーダだった。ザビーダは道具を渡すと「美女の香りがする!」と言いだし(それに付いていったレイヴンと)どこかへ姿を消す。そこへスレイとミクリオが現れ、ジーニアスチームがティーカップに向かったことを伝えた。

ティーカップにいたのはプレザだった。美女の香りに釣られてやってきたザビーダとレイヴンにゼロスも加わり、派手なナンパ合戦が幕を開ける。

さすが大人の女性のプレザだけあって、男を手玉に取る悪い女を佐藤さんが熱演してました。

結局プレザは、何者かに「今日は女性キャラが少ないから協力してくれ」と言われていただけで犯人ではなかった。場を荒らすだけ荒らしてどこかに行ってしまったプレザに、ジーニアスたちはこれは犯人が用意した時間稼ぎであることに気づく。

一足先に時間稼ぎであることを見抜いたフィチームは、この島から脱出するには船を使うしかない、と船着き場に来ていた。出航直前の船をリタのタイダルウェーブで足止めしている間にジーニアスチームも合流。

船内にいたのはヴィクトルだった。ヴィクトルは、着ぐるみを渡すわけには行かない!と戦いを挑んでくるが、仲間たち(※ルドガーは都合により除く)の総力を結集しどうにか撃破。ヴィクトルは、娘にバーニッシュを見せてやりたかったと言うが、ロイドが「盗んだ物で娘が喜ぶと思うか!」と一喝すると、負けを認めて去って行った。

無事衣装も取り戻し、ルドガーと、ショーに参加することになったガイとレイヴンは振り付けの練習をしていた。そして本番前に実際の衣装を着てリハーサルをしようということになるが、ルドガーがバーニッシュの着ぐるみだと思っていたのは、バー・ニッシュ(本編にも登場するバーニッシュのパチもの)の着ぐるみだった。ヴィクトルがすり替えたのか…その後3人の行方を知るものは誰もいなかった。(終わり)

18:40 テイルズ オブ エンターテインメント ニュース

例年の「最新情報コーナー」。まさか昨日以上の絶望があるとは。

  • TOVリマスター発売決定

これについては新しい情報は無し。ユーリ、レイヴン、リタが登壇しましたが、「俺は本編ではあんなにやれやれ言うキャラじゃない」「俺も本編ではもっとかっこいいから!」「リタも天才魔導師なので」と、最近のフェスティバルでのキャラ設定に言いたいことがある様子(笑)

  • TOV10周年記念イベント開催決定

9/16開催予定。なんとメインキャスト9人が全員参加です!マジか!ということは宮野氏もくーさんも綾姉さんもちわちわも来るってことですよね!これは行くしか!行くしか…

9/16は例年の海外旅行中だorz いや、まだキャンセルは効くはずだし、ここはヨーロッパ9日はやめて、東京2日+もうちょっと近郊6日くらいにすべきか?これがTOV以外のオンリーイベントなら迷わず旅行に行くところですが(TOPオンリーなら迷わずイベントに行く)、ぐぬぬ…悩む…

  • アニメイトカフェ(池袋・名古屋)でTOVコラボイベント
  • サンリオピューロランドとコラボ

今年はサンリオから「バッドばつ丸」が応援に駆けつけてくれました-!…誰?いや、名前くらいは知ってるけど、どの世代に刺さるキャラなのこいつ?

…って終わった-!もうだめだ…唯一楽しみなTOVオンリーもあの体たらく…この一年何を楽しみに生きればいいのか。

19:20 テイルズ オブ ライブ

久々にmisonoのライブ。相変わらずの自虐MC。エゴサーチしない方がいいと思うよ。でも歌唱力はさすが。

  • 二人三脚(TOS-R主題歌)
  • そして僕にできるコト(TOS(PS2版)主題歌)
  • Starry Heavens(TOS(GC版)主題歌)
  • with you(RM3主題歌)(BACK-ONとコラボ)
  • テイルズ主題歌カバーサビメドレー(L/R/X/X2/G)
  • ホ・ン・ト・ウ・ソ(TOS(OVA世界統合編)OP)
  • VS(TOT主題歌)
  • Tales…(TOFの事実上のEDテーマ)

misonoさんのテイルズ楽曲全部出ましたね。毎年聞いてるそして~やStarryはともかく、ホ・ン・ト・ウ・ソやVSはさすがに歌詞忘れてたわ。

20:00 エンディングステージ

今日はステージが盛り上がりましたね。バラエティコーナーはどうなるかと小野坂氏は心配していたようですが、大爆笑の神展開でした。特に森永さんの逆才能は声優業以外のどこかで生かすべきだと思いますw

あと浅倉さんの名アシスタントぶりが光ってました。小野坂氏がボケたらすかさずツッコむ、他の出演者がボケてもやんわりツッコむ、誰もボケない時は自らボケるとベテラン並みの采配でした。

あと昨日の初出演組が若干なじめてなかったので、今回の折笠さんのことも心配していたのですが、杞憂でしたね。というかあんなにノリの軽いお方だったとは。世界名作劇場、大好きでしたよ。

そしてキャストの皆さんがはけたあとに、突如モニターに「テイルズオブシリーズ 家庭用ゲーム最新作 鋭意制作中 乞うご期待!」の文字が。場内は一気に盛り上がりyukkun20もテンション上がりましたが、これ結局0回答じゃねーか!あと2年は新作出そうにないな…

20:15 終演

カゲナレはスレイとミクリオ。ナマステのことはもう忘れてあげて。


2018-06-16

【イベント】TOF2018 16日公演 レビュー

午前中は秋葉原に行って、シュタゲグッズを大量買いしてきました。帰ってからレビューします。

あとキュービックプラザでキャンペーン絵はがきもゲット。

16日公演

開演前

14:20 会場に到着。ちょっと早めに行きましたがいいくらいでした。

14:50 10分早く開場。雨が降りそうだからでしょうか。

15:05 入場。S席で、ステージの真となりという何ともいえないポジション。

15:30 アニスとナタリアのカゲナレ。昨日のステージのアニス役もさすがでしたが、モモーイはやっぱりはんぱないわ。そのままいつもどおりOP集。

16:20 シャーリィとクロエのカゲナレ。クロエが男性キャラを名字で呼ぶという設定を今思い出した。スレイとミクリオ(名字がない)呼ぶときどうするんだろ?

16:30 スペシャルスキット 対決!遺跡船で眠る宝を探せ

今日はTOLの舞台となる遺跡船へ、セネルたちが友人たちを招く日。セネルは昨日もてなし用のパンを焼いていたからか眠そう。ついつい道ばたで眠りこけてしまう。やってきたシャーリィとクロエはセネルを起こそうとするが、セネルはなかなか起きない。最後は観客の力を借りてどうにかたたき起こした。

観客が「セネルー!」と叫ぶ演出だったのですが、セネルがなかなか起きずあまつさえ「もっと艶やっぽく起こして」と注文がうるさい。

そうこうしているうちに、ルーク・ナタリア・アニスが船で到着。またスレイ・ミクリオ・エドナも船で到着。

毎年やっている「なんで私たち見えているのかしら?」の下りが面倒くさいとカットされました。

一方レアバードでやってきたロイドとゼロスは森に不時着。洞窟を進んでいくと、巨大な宝箱が置いてあった。開けてみると中には宝の地図が。偶然近くにいたジェイと合流し、二人は町に向かう。

全員そろうと、話題はロイドたちが見つけた宝の地図に。地図は2枚あるので、遺跡船の探検もかねて、2チームでどちらが早く宝を探せるか競争することになった。

赤チームになったスレイ、エドナ、セネル、ゼロス、シャーリィ、ナタリアは、宝のある場所に看板が立っているのを発見する。妙に新しいその看板には、闇を呼ぶようにと書かれていた。観客のペンライトを消せばいいことに気づいたエドナは、観客にかわいくおねだり。

土の神殿での「エドナにちょうだい♪ おじたまの♥ は~や~く~♥」「おじたま~ん♥ ワタシ我慢できないの~♥♥」を彷彿とさせるこびっぷりに大歓声でした。福圓さん、今日はいろいろ吹っ切れたな。

謎を解くと魔物が大量に出現。そのピンチに、突如アッシュが現れ敵を一掃する。ナタリアといい感じになったが、そのままアッシュは去って行った。敵を倒した後には、青い宝玉と地図が残されており、一同は次の目的地に向かう。

一方白チームのミクリオ、クロエ、ロイド、アニス、ジェイ。いつの間にかルークがはぐれていたが、地図に書かれた場所には何もなかった。アニスが、ここに来る途中で赤い宝玉を発見したが、罠っぽくて手を出さなかったと言っていると、脳天気に宝玉を回収したルークが現れる。

もちろん、「俺は悪くねー!」の出番です。8回はやり過ぎだろ!

予想通り大量の魔物が現れるが、今度はクラトスが現れて敵を全滅させる。

シークレットゲストの立木さん登場には驚きました。今日のシークレットは鳥海さんだと思ってたので。

地図をたどってきた赤チームとも無事合流。二つの宝玉を見たクラトスは、その宝玉を回収する仕事を請け負っているといい、力ずくで回収しようとしたため、ロイドたちと戦いになる。

まあ数の暴力で退けると、またも宝箱が出現。そこにはキュッポからの手紙が入っていた。

最初はクラトスが普通に読んでいたのですが、「キュッポはもっとかわいいんです!」(※キュッポは二足歩行のラッコみたいな生き物)と言ったため、立木さんが悪のりしてめっちゃかわいらしく読み始めて大爆笑。さすが立木さん。キャラ崩壊などなんのその。

要するに、魔物退治とアトラクションをかねて、宝玉探しをセネルたちにやらせたと言うこと。ジェイとクラトスも計画の一部を知らされて協力していたのだった。無事イベントは成功に終わり、キュッポからの報酬「ロイヤルホタテパンのレシピ」を受け取った一同は、パーティ会場に移動する。アッシュも誘いたかった…というナタリアに、セネルたちはナタリアがパン作りを勉強して作ってあげればいいと提案するが、それを聞いたルークとアニスは青い顔をするのだった(ナタリアはメシマズ)。

17:30 スペシャルトークショー

一応オープニングトークを挟みつつ、そのままトークショーへ。

セネル(鈴村健一氏)…今まで同様、レジェンディアのPRに余念がありません。今日もよろしくレジェンディア。

クロエ(浅野真澄さん)…あでやかなドレスでした、この方美人ですよね。セネルから人を刺す人と紹介されてがっかりしてました。

アニス(桃井はるこさん)…コケティッシュ?な格好で登場。桃井さんらしいいつものキャラでしたけど、まんまアニスじゃねーか!

ナタリア(根谷美智子さん)…ねやピーはこういうイベントに登場することは珍しいとのこと。何度もオファーがきたのでついに出てくれたそうです。この方もお美しい方でした。昔神谷浩史氏がご執心だったのも分かるわ。

クラトス(立木文彦氏)…過去の人気投票で上位にいたことを懐かしく思い出してました。そういえば最近あんまり上位には来てない感じがしますね。

ミクリオ(逢坂良太氏)…久しぶりのスレイとの共演でしたが、相変わらず服装がラフすぎる!といじられてました。

スレイ(木村良平氏)…「どーも、キムラスカ良平です。よろしくレジェンディア」と全方向に隙の無い媚び(※キムラスカはアビスに出てくる地名で、ナタリアの名字の一部)。

18:00 「テイルズ オブ」名シーンカムバック

今回は出演者が偏っているので、それぞれの作品の名場面を振り返りつつ生アフレコします。あと当時の思い出話なんかも。

シンフォニア

「二人の父親」(クラトスとダイクが協力して契約の指輪を作るシーン)

ロイド役の小西氏はオークションで選ばれたようですが、当時おじさん役が多かったので本人もびっくりしたそうです。

レジェンディア

グリューネ編「決戦前夜」(単身出撃するグリューネに仲間たちが合流するシーン)

古すぎて記憶が曖昧なせいで、思い出話がずいぶん雑でした。鈴村氏は当時からクロエ一押しだったようです。あと他作品と違い、一切移植されていないことを鈴村氏が嘆いていました。…あれ、TOL移植発表あるんじゃないの??

アビス

「アッシュの戦い」(ルークに敗北したアッシュが、敵を単身食い止めるシーン)

「届かなかった告白」(最終決戦後、仲間たちがルークに別れを告げるしシーン)

鈴木氏がアッシュとルークを同時に演じ分けているのを知ったみんなが「野沢雅子さん並じゃん!」と驚いてました。DBか。

ゼスティリア

「ミクリオとの神依」(スレイとミクリオとの初神依シーン)

木村氏は元からテイルズが好きだったらしく、「シンフォニアもアビスもゼスティリアもプレイしてます!」と言ってました。…あれ?

18:40 テイルズ オブ エンターテイメント ニュース

例年の「最新情報コーナー」。頼むぞ…頼むぞ…

  • アスタリア、TOTRの今後のイベント情報
  • いつもの茶番劇

今回は、「オタオタを倒せ!」ということで、オタオタの絵が貼り付けられたかごに玉入れの要領で玉を入れるというイベント。小西氏、鈴木氏、福圓さんが1分で30個入れれば最大数のバラまきがされる予定。

開始の合図がなった途端、ロイドがかごを倒し、その間に小西氏と福圓さんが全ての玉を押し込みゲームクリア。だってオタオタを倒せって…って白々しいわ!

  • テイルズ オブ ホームルーム
  • テイルズオブツアー第2弾開催決定
  • テイルズオブ屋形船 企画中
  • オーケストラコンサート 10/6(土)にパシフィコで開催

今回はシリーズ楽曲だそうです。しかも週末だー!今年も行きたい!

…ってこれで終わり?TOLリメイクの発表すらなかったし、一応明日に期待しますけど、多分だめだろうなぁ。仮にマザーシップタイトルの発表があるなら、2日目まで引っ張る意味ないもん。そしてTOPリメイクの可能性もほぼなくなったわー絶望した!

19:15 テイルズ オブ ライブ

椎名豪氏のライブ。

  • Rising Up(TOZ)
  • 伝説の巫術師
  • バトルアーティスト
  • 鳥は鳴き、僕は歌う
  • 進軍
  • ステラ
  • 蛍火(以上TOL)
  • 競うのは地の誉れ(TOZ)
  • CRADLE OF CRYSTAL(TOTR)
  • 光る闇(TOWRU)
  • Journey’s End(TOZ)

Rising Up、蛍火、Journey’s Endなどなんという俺得選曲でした。しかもボーカル付でありがたい。オーケストラコンサートとはまた違った迫力がありましたね。椎名氏も押しも押されもせぬ作曲家になられたなぁ。

20:00 エンディングステージ

今回は出演者の方にまじめな方が多く、いつもに比べると落ち着いた雰囲気でした。根谷さんや浅野さんなど、初出場の方がなかなかなじめていなくて大変そうでした。

そんな中、鈴村氏と小野坂氏の掛け合いはすばらしかったですね。鈴村氏が隙あらばボケ倒すので、今日は小野坂氏がひたすらツッコんでました。今日は立木氏も含め、ベテランの力業がいろいろ光る回でした。

しかしTOLのリメイクは今年じゃなくてもいいけどしてほしいですね。思うに一度も移植されていないマザーシップって、TOX以降の新作を除くとTOLだけじゃないですかね…さすがに今からPS2を買うのはつらすぎる。特にレジェンディアは、ストーリーは高レベル、バトルはアハハな出来なので、移植じゃなくリメイクすれば名作になると思うんですよ!

しかし予想されていたTOL関係の発表もなかったし、これマジでやばいんじゃね?明日頼むよマジで。

20:15 終演

カゲナレはロイドとクラトス。久々の親子の会話でした。


2018-06-15

【イベント】TOF2018 15日公演 レビュー

これはマジでTOPリメイク来るんじゃね?

テイルズ オブ クレープショップ

今回は物販でほしいものは特にないため、気になるアイテムを売っていた「テイルズ オブ クレープショップ」に行きました。

09:20 さすがに平日だけあって、土日とは人の量が違います。物販列も断然短いですし、クレープショップに至っては50人くらいしか並んでいませんでした。雨が降りそうだったので近くのコンビニで傘を購入して列に並びます。

10:00 雨がけっこう降ってきました。お店はいわゆるワゴンショップで、飲食スペースはありません。商品を受け取ったら近くのスペースで立ち食いのようです。

11:00 ようやく購入。クレープは3人ほどで作っているらしく、結構時間かかりましたね。まあ許容範囲。僕がほしかったのは、TOBコインチョコ。コインチョコ10枚で1500円となかなかの価格ですが、ほしいのはおまけの「真鍮製レプリカガルドコイン」。yukkun20はコイン収集も趣味なのです。個人的には、表にマーテル、裏にダオスが彫刻された「カーラーン金貨」もグッズ化してほしいところです。

それだけではなんなので、「ユーリ特製!?リオンも大好き殿堂入りプリン・アラモードクレープ」(700円)も購入。現場で焼いているだけあって、結構クオリティが高く、700円なら全然OKのレベルでした。

おまけのユーリ/リオンとエドナ/アイゼンのクリアファイルもゲット。

キュービックプラザ新横浜

新横浜駅隣接のキュービックプラザ10階でパネル展示をしていたので、見学に行ってきました。去年も行ったので、まあ儀式みたいな物です。

入り口にはキービジュアルパネルが。去年はこの奥のスペースにキャラパネルがあったんですよね。

…今年はないみたい(調べて行けよ)。

テイルズオブオプレミアムストア

さらに駅のすぐ東にあるプリンスぺぺの特設ショップに行ってきました。

しかし!目当てだったTOPのアクリルバッジが売り切れていて絶望した!いや、TOPの人気が高いのは喜ぶべきなのか…

その代わり、トラベルタグを売っていました。久々のアーチェさんグッズだー!

ちなみに、トラベルタグはTOLバージョンもありました。…これ、やっぱり今回TOLとTOPに関する重大発表来るんじゃない?

2日公演

開演前

17:20 会場に到着。雨も上がりました。

18:00 開館。今日はキャパも少ないので、手荷物検査もありましたが10分ほどで入場できました。今回は席の区分がありませんが、ステージの正面で見やすかったです。舞台はやっぱりモニターじゃなく直に見たいですしね。

18:15 カゲナレ。ナタリアとアッシュ(どちらも声優ではなく役者さんの方)。今年はOPムービー集はなく、昨年公演のBDに収録されている、「最後の預言」のメイキングVTRが流れました。演劇にあまり興味が無い自分でも見ていて面白かったです。演劇もやっぱり総合芸術なんですね。

18:50 再びナタリアとアッシュのカゲナレ。

19:05 テイルズ オブ ザ ステージ ローレライの力を継ぐ者

最初にルーク、ティア、アニスによる前説。今回は観客参加型ということで、観客も叫んだりライト振ったりといろいろすることがあるようです。…コンサートライト買ってないわ。しかし3人が暴走気味に話を展開し、さらに子安(ジェイドの中の人。声のみ)も絡んだせいで前説が長くなってしまい、ついにアッシュが「長いんだよ!」と乱入して本編スタート。

で、今回はアッシュが主役の物語ということですが、どちらかというと、「8,9月に行われる本公演のプロモーション」兼「ファンサービス」の側面が強く、コメディ部分が多かったです。ストーリーも、本編でアッシュが絡んだ場面を切り出したような構成で(間はナレーションでつないでいるが、はしょりすぎなのであくまでアビスを知っている人向け)、ストーリーの説明が難しいので、以下箇条書き形式で。

  • 誘拐されたアッシュ(本当のルーク)が脱出して実家に戻った時の出来事
  • 7年後のナム孤島。アッシュはヴァンの命令で、「漆黒の翼」の本拠地を訪れ、首領ノワールを逮捕しようとする。しかしノワールは、ヴァンがアッシュのいない間に導師イオンを探していることを伝え、アッシュはヴァンの目的に疑問を抱く。

ノワールの衣装が妙に露出が高い!

  • エンゲーブでのルーク・ティアとアニスの出会い。

ルークが味噌を買いに行かされたので、伝説の「ミソくれよ」が出るかと思いましたがそこはスルーでした。

  • ダアトで六神将集結。

ディストは、原作では空飛ぶイスに乗って移動するという設定ですが、さすがに舞台は歩きだよな…という一般の予想を覆すまさかのバランスボード(セグウェイの持ち手がないやつ)で登場。しかもめっちゃ器用に動きまわっていて驚き。

  • ザオ遺跡でのルーク一行VS六神将。

ルークとアッシュが同時に同じ技を出して戦う場面がかっこよかった。

  • アクゼリュス崩落後、アッシュはルークがレプリカであることを明かして罵倒。ナタリアはアッシュの正体を知り、そのことに気づかなかった自分を責める。
  • ワイヨン鏡窟の調査に来たアッシュ、ナタリア、アニス、ガイ。ガイは、「本物のルークはおまえだろう。けど俺の親友はあのバカの方なんだよ」と行ってパーティを離脱。

ここゲームでも印象深いシーンです。ガイとルークの関係は、主従でもあり親友でもあり○○でもあるんですけど、ここは本当に「親友」らしい場面です。

  • しばらく進むとセーブポイント。体力が減っていたアニスはこれでHPが回復できる~と喜ぶが、そこにあったのはHPが回復する緑色のセーブポイントではなく、回復しないセーブポイントだった。そのまま進んでいくと敵に急襲され、あえなくゲームオーバー

ティアが全滅のナレーションを読むためだけに出てきて、笑いを誘っていました。アニスが「裏の人」に泣きを入れて、先ほどのセーブポイントから再開。展開メタすぎ!

  • ルークの断髪。
  • キムラスカに向かうためにケセドニアに来た一行。国境に建つ酒場を通り抜けようとすると、ノワールに邪魔をされる。

何とか通してもらえることになるが、そこへグラサンをかけ、ストリートファッションに身を包んだヴァン、リグレット、アリエッタが登場。ヴァンが昨年を彷彿とさせるキレッキレのダンスをまたもや披露。完全にそういうネタでこれから行くつもりか(笑)

そしてそこに鈴木千尋氏(ルーク・アッシュの中の人)が登場。ルークやアッシュのものまねをしたあげく、アビスに深く関わる謎の存在と主張して秘奥義撃ったりジェイド(子安)を呼び出したりとやりたい放題。最後は宣伝大使として、夏の本公演のCMをしていきました。なんだったんだよ(笑)

  • バチカルでナタリアの出生の秘密が明かされる。命を狙われるナタリアたちだが、アッシュとノワールの介入で無事に脱出、
  • フェレス島廃墟でリグレット、ラルゴ、アリエッタが悪巧み。
  • シェリダンで、ルークたちはバチカルに戻ることを決める。不安を抱えるナタリアを、そこに現れたアッシュが優しく励ます。
  • ザレッホ火山で、ヴァンの命を受けたシンクがルークたちと交戦。自分の正体を明かし、火口に消える。

今回はイオンとシンクは一人二役でしたが、全然違う演技で驚かされました。ゲームでも大谷育江さんがハイレベルな演じ分けをしていましたが、それに迫る勢いでしたよ。

  • アッシュはヴァンと決別し戦いを挑む。ヴァンを追い込むが、隙を突かれて倒されてしまう。しかしそこに乗り込んできたルークたちがヴァンを倒す。
  • ヴァンは死んではいなかった。アッシュはローレライの声を聞き、ローレライの鍵を手に入れる。

ここで終了でした。原作に登場しないオリジナルストーリーが展開されるのかと思っていたので、原作シーンばかりだったのは少し期待外れ。しかしコメディシーンもよくできていて、ファンサービスと考えればよくできていたと思います。メタネタも多いので人は選びそうですが、少なくとも僕は好きですよ。

あと、去年は一部の演者の滑舌が気になりましたけど、今年は全然気になりませんでした。さすがはプロの底力でした。

20:45 スペシャルトーク

おなじみ名越アナと鈴木氏をMCにしたキャストのトーク。

前半は主人公PT+ヴァン、モース。やっぱりヴァンのダンスの尺ががっつりあったのは昨年の人気?を踏まえてのことだったんですね。本公演も期待できそう。

そして残念ながら今回出演がなかった、ジェイド役の俳優(高橋駿一氏)のVTRメッセージもありました。

後半は六神将+ノワール。こちらは今年から参戦した方が多いですが、皆さんクオリティ高かったです。特にディスト、アリエッタ、ラルゴはいろいろ極端なキャラですけど、うまく3次元に落とし込めていたと思います。

最後に、本公演では新キャラとして「少年アッシュ」が登場することが発表され、藤島先生がデザインしたキャラクターイラストが公開されました。

21:30 終演

カゲナレは再びナタリアとアッシュ。もうおまえら結婚しちゃえよ。

終わった後、物販ブースをのぞいてみたら待ち時間0分だったので、マルチカラーライトとエドナのメタリックチャームを購入。ほかにも開発中のアイテムが展示されてました。…TOPグッズ結構あるな。

今年も大満足のステージでした。本公演も大阪に観に行きたいですね。明日先行発売のチケット買っておこう。


2017-06-04

【イベント】TOF2017 4日公演 レビュー

なんの発表もなかった!絶望した!

4日公演

開演前

14:35 会場に到着。昨日と同じ時間なのに列が3倍以上伸びている…これはカゲナレ間に合わないかも!?

15:30 少し早めに開館してくださったのか知りませんけど、ともかくカゲナレにぎりぎりで間に合うタイミングで入場。ありがとう横浜アリーナ。ありがとうバンナム。カゲナレはジュードとルドガーでした。そして今日も席はステージの後方だーやっぱりSS席以上じゃないとだめだ。
OP集は2日目仕様(SはUの「そして~」版、IはR版、Xはジュード版)でした。

16:20 エレノアとフィーのカゲナレ。僕の隣に座ったやつがいちいち合いの手を大声で入れるので耳障りで超うざい。なんなのこいつ。声出すなら空気読め。

16:30 オープニングトーク

今日も司会は小野坂氏と佐藤さん。毎回二人の登場シーンは観客もペンライトを赤くして迎えるんですけど、ようやくベルセリアのテーマカラーだと言うことに佐藤さんが気づいてくれたようです。

そして今日のスキットは、史上初・観客の選択によってストーリーが分岐する仕様らしい。でも小野坂さんは「絶対赤の方が面白いよ」と念を押して去って行きました。…企画の意味は!?

16:50 スペシャルスキット テイルズ オブ 究極の選択

昨日のパーティの続きだが、主催者のエステルが帰国してしまったので、本日はユーリが代行。何でも竜宮城でのおもてなしで参加者に楽しんでもらう趣向のようだが…

会場に向かうゼロスとルドガー。ルドガーと言えば選択肢、ということで、ストーリー分岐の重要選択肢の前に、ルドガーの行動を選択。「歌う」/「踊る」。票は割れましたが「踊る」になったためルドガーが微妙な創作ダンスを披露。そしてゼロスのあおりでもう一つの選択肢もやらされることに。「何歌おうか?」の声に観客から「主題歌!」という声がかかりましたが、「主題歌はね、いろいろ難しいから」(※主題歌は浜崎あゆみさんの歌)ということで「証の歌」をハミングで披露。

そこにルークとロイドも合流。「竜宮城」ってそもそもなんなのか分かっていない一同だが、ゼロスだけは妄想を膨らませている様子。

会場に到着すると、エミルとアスベルも合流。しかし女の子を連れてくるはずのアスベルは、近くで海賊船を見たという情報から「女の子は俺が守る!」と持ち前の正義感を発揮し、女性を置いてきてしまった。猛烈なブーイングのゼロス。

一方ジュード、スレイ、ベルベット、ライフィセット、エレノアの5人もは、アイゼンの海賊船で目的の島に到着して合流。妹が近くに来ているという情報を聞いて単独行動しているアイゼン以外のメンバーがそろった。新しい女の子キャラのエレノアにゼロスのテンションも上がる…が、乙姫様役をやれそうな女性がいない。そこで企画は変更することに。

一方、エドナを探してさまようアイゼンは、島の警邏をしていたルークに絡まれるが、ベルベットが仲介に入ったため無事合流。

アイゼンとユーリがお互いを「いい声」と呼んで褒め殺し合いに。また昨日エドナがノルミンダンスを踊っていたという情報を聞いたアイゼンが、「あんな破廉恥なダンスを!?」と取り乱す一幕もありました。

さて、結局代案はヒーローものに決定。「サンオイルスター」をやるか、「アビスマン」をやるかの選択肢が出ます…が、事前の仕込みが成功し赤(サンオイルスター)圧勝。劇中劇が始まります。

7人組のヒーロー、「サンオイルスター」は、前回敵との戦いで散ったグリーンの分も浜辺の平和を守るため、今日も海辺を警備中。ちなみにメンバーはレッド(ルーク・ロイド・アスベル※人数の調整がつかなかったため3人1役)、ブルー(ルドガー)、ホワイト(スレイ※ホワイトは女性だが人数の調整が以下略)、ブラック(アイゼン)、ピンク(エレノア)、レインボー(フィー)の6人(8人)。そこへ砂浜に打ち上げられた魚を拾いにやってきた漁師兄弟(ジュード・エミル)に、悪の秘密結社の怪人(ユーリ・ベルベット)の手が伸びる!

ユーリもベルベットもキャラを崩壊させながらノリノリで演じていて(笑)

慌てて事態に介入し名乗りを上げるサンオイルスター。敵も前回1人倒したはずなのに人数が2人増えていることに驚きを隠せない様子。おまけに前回やられたグリーン(ゼロス)も無事復活再生して合流。しかしあまりの茶番に、通りすがったリオンが乱入したため話はうやむやになってしまった。

ここでまさかのグリリバ登場で観客は大いに沸きました。しかもシャルティエのレプリカを持参という熱の入れよう。

何となくぐだぐだになったところ、今度は唐突にダオス登場(※中の人がアイゼンと同じだから)。フェスティバルを掌握してやるために来たと戦いを挑んできます。仲間たちも必死に応戦しますが、さすが初代ラスボスだけあって圧倒的な実力を魅せます。しかしこれまた唐突に登場したユアン(※中の人がアイゼンと以下略)の助けもあって無事撃破。森川氏の大活躍によって大団円を迎えたのでした。

17:40 スペシャルトーク

今回は初めての人、久々の人が多いのでそちら中心のいじり。

リオン(緑川氏)…シークレットだから絶対ばれないようにね!と念を押されたにもかかわらず、当日の朝スタバで目撃されてしまいました。…鳥海さんに。またいつものように自己紹介の語尾にニャンを付けてしまい、あとの人が困ることに、

ロイド(小西氏)…今日も安定のゲスト。水樹さん出演のための自分の(と小野坂氏の)ギャラを返上する覚悟のようです。

ルーク(鈴木氏)…今日もヴァンの踊りについて言ってました。よっぽど印象的だったんだな。

エミル(下野氏)…久しぶりでしたが、いまいちシンフォニアチームになじめず、そろそろマルタ(釘宮理恵さん)を呼びたいとのこと。くぎみーも乗り気みたいですよ!

ユーリ(鳥海氏)…人気投票の司会として大活躍。しかし元1位の余裕があちこちで…

アスベル(櫻井氏)…彼の顔芸は鉄板ネタかと思ってたんですけど、このイベントでしかやらないそうです。ほかのイベントじゃ許されないからとか。…このイベントの立ち位置ってなんなの?

ルドガー(近藤氏)…ディフェンディングチャンピオンとして参戦。X2はもう5年ほどたつのに相変わらず根強い人気。

ジュード(代永氏)…相変わらずのいじられ役。2年前のスキットで盛大なミスをしたことを引きずってる様子。

スレイ(木村氏)…相変わらず持ち込んだ自分のスマホで自撮りに励んでました。しかしスレイのような人格者っぽいセリフも随所で。

ライフィセット(浅倉さん)…ベルベットから、うちのチームはライフィセットがいて初めてまとまってるから、と言われてました。

エレノア(小清水さん)…ゲームデビューもテイルズだった(TOLのフェニモール)らしく、感無量とのこと。彼女は声がよく通るので、他のキャストの演技に終始後ろで笑い転げているのがばっちりマイクに乗ってました。

アイゼン(森川氏)…前回も2役でしたが今回は3役になってさすがに大変だったとのこと。それなのに小野坂氏から「おまえいつからそっちに行っちゃったんだよ!」と責められてました。

18:10 テイルズ オブ キャラクター 人気投票 2017

テイルズチャンネル+でしていたアンケートの結果発表。今日は総合ランキングのみ。司会は殿堂入りしたユーリとリオン。そして今回も、ランキングが低かった人は箱馬、高かった人は豪華ないすが用意されてます。

結果発表は公式サイトをご覧いただくとして、出演者で言うと、

・14位…エミル
・11位…ロイド
・10位…ジューダス

周囲からずるくね?とブーイングが。ロイドもジューダスがいなければ俺が10位だったのに…と泣いてましたw

・9位…ゼロス
・8位…ジュード
・7位…ベルベット
・6位…スレイ
・5位…アイゼン
・4位…アスベル(笑)

とここまで発表したところで、自分たちの運命を悟ったフィーとエレノアが、「今回はもうあきらめたので、次回ランクインするために何か目立つ仕事をください!」と直訴し、緑川氏と司会者を交代。

・3位…ルーク
・2位…ルドガー

3位と2位のいすに座った二人を鳥海氏がインタビューする時に、自分はさっさと1位のいすに座って会場を盛り上げてました。

・1位…ミクリオ

でした。まさかの1位が会場にいないという前代未聞の事態でしたが、逢坂氏からはビデオメッセージが届いていたようです。しかしフィーは20位には入ると思ってたんだけどなぁ…。ちなみに今回はリタもランキングから外れてしまい、20位以内に入った女性はベルベット、ミラ、アリーシャ、エドナだけでした。…アーチェさーん!!

18:40 テイルズ オブ エンターテイメント ニュース

例年の「最新情報コーナー」。名越アナ、鈴木氏、代永氏、木村氏と共にスペシャルゲストとして仕事を選ばないことで有名なハローキティちゃんが登場。…キティちゃん声あるんだ。

今回もあまりたいした情報はなく、ちょっとがっかりでした。

・ピューロランドで7/1からテイルズ オブ アフターフェスティバル 2017開催
・オーケストラコンサート2017が11/7に開催

くらいかな。今年のコンサートはTOZXがテーマのようです。

19:15 テイルズ オブ ライブ

TOZXに楽曲を提供しているMinamiさんのライブ。

  • illuminate(TOZX第2期OP)
  • STRAIGHT JET(インフィニットストラトスの曲)

illuminateはシナリオを読んだ上で、スレイの気持ちになって作ったそうです。
この人歌いながらのダンスも切れてましたし、アイドルっぽかったですね。

それから同じくFhanaさんのライブ。

  • calling(TOZX第1期ED)
  • 青空のラプソディ

callingは「使命」という意味だそうです。

19:40 エンディングステージ

人気投票はやっぱり盛り上がりましたが、ミクリオがいなかったのはいろいろまずかったような。というかミクリオが1位というのは運営も予想してなかったんでしょうね。僕も上位に来るとは思ってましたけど1位とは思いませんでした。2位の発表がされた時、「あれ、ミクリオランク外だったんだ」と思ったくらいです。

今日はなんと言っても緑川さんが来てくれたのがうれしい。ベテランですし僕も大好きな声優ですので。しかし関さんとのコンビも見たかったなぁ。リオンの愛剣シャルティエの中の人も、ほかの役(TOHのガラド)持ってますし、一緒に出てくれてもいいのだぜ?

しかし最新情報がきわめてしょぼかったのは残念。会場も「え…これで終わり…?」っていう空気でした。さて、帰ったらSwitch買いに行くか。

20:00 終演

カゲナレはユーリとリオン。名台詞キタコレ。


2017-06-03

【イベント】TOF2017 3日公演 レビュー

関智マジ関智。

3日公演

開演前

14:35 会場に到着。今日は例年より混雑している気がします。しかもスタッフの手際が例年より悪い感じが。しかし暑い。

15:00 時間通り開場。

15:15 ようやく入場。S席ですがステージ後方という残念ポジションでした。3階席よりはましだと思うしかないか。トイレに向かう途中で、昨年活躍したノルミン着ぐるみ発見(あとで写真UPします)。

15:30 昨年より10分早いカゲナレ。今日はエドナとミクリオ。エドナが「アナウンスは大きな声でね」→「(声が)うるさいわよ!」のわがままコンボ。そのままOP集。昨日同様の1日目仕様でしたが、なぜかXのみミラバージョンに。

16:20 エステルとリタのカゲナレ。リタはなにやら今日の企画を勘違いしている様子…?

16:30 オープニングトーク

今年の主役はおなじみゼロス役の小野坂氏とベルベット役の佐藤さん。佐藤さんは滑舌がいいので聞いていて気持ちいいです。でもシークレット出場→シークレット出場→司会という大抜擢にちょっと戸惑っている様子。小野坂氏は楽屋(主に関智一氏)が静かなのが気になってるとか。

16:50 スペシャルスキット テイルズ オブ セレブレーション パーティー

テイフェス10回目を記念してエステルが主催したお祝いのパーティ。エステルとレイヴン、ユーリとリタは会場になる古城前で合流。リタはTOV10周年のお祝いをしてもらえるなんて!と一人浮かれている。…が、実はテイフェス10回記念パーティと知って愕然。ユーリも「だってテイフェスの1回目が始まった年にTOVも発売されたんだから、今年が10周年だと思うじゃん!俺は悪くねぇ!公式が悪い」と逆ギレ(※実際に去年もそういう話をしていたが、テイフェスは10回目=9周年なので、当然TOVも9周年)。周りの人みんなにもう言っちゃったわよ!と錯乱してファイアボールをぶっ放すリタに、先に到着していたベルベットもあきれ気味。

レイヴンやリタと初対面のベルベットは、「昨年はうちの岸…ロクロウが勝手をしたいみたいね」と言って笑いを誘ってました。

ベルベットはエステルがマギルゥに頼んでいた、「願いを何でも叶えるお札」を3枚持ってきていた。早速エステルはその1枚を使い、やってくるはずのミクリオとエドナが困らないよう、「皆さんに皆さんが見えますように」という願いをかける。

一方会場に向かう途中のロイドとゼロス、ルークとティアは、古城の方で何かの爆発が起きたのを確認し(実際はリタの魔術)、急いで会場へ向かう。

ティアは久々の登場でしたが、ルークが全力で観客を煽って「俺は悪くねぇ!」を連発するので、「何かキャラ変わった?」と驚いてました。あとお化け嫌いのエピソードもかわいい。

他方こちらも会場に向かうミクリオとエドナ。エドナはミクリオに「ノルミンダンスを踊りなさい」といつもの無茶振りをしているが。ミクリオに「じゃあ今度はエドナが」と返され、「この流れはまずいわ、誰も幸せにならない」と反省した様子。

一方単身旅をしていたスタンは、会場の近くで魔物に囲まれてしまう。近くを通りかかったベルベットのおかげで事なきを得たものの、旅の途中で愛剣・ディムロスを落としてしまったらしい。

会場前に小野坂氏が、「僕や関君が通路から出てきたら触ってもいいよ!」と煽っていたせいで、関氏はおしり触られ放題だったようです。

エステルとフレンが手配したはずの会場付近で魔物がでたことに驚く一同。おそらくこの近くには巨大な魔物が封じられており、それが魔物よけの役割を果たしているが、先ほどのお札が予想外の作用をもたらしたのでは…と推測する。とにかく魔物を追い払おうと、男性陣は魔物退治に、女性陣(+デザートが得意なミクリオ)は食事の準備をすることになった。しかし一人残ったゼロスは怪しい動きを…

ユーリ、スタン、そしていつの間にか返信したシュヴァーンは、魔物退治のついでにディムロスを探しているがなかなか見つからない。一方ルークはロイドに、「エステルが持っている札があれば魔物退治の楽ができるんじゃないか」と言って二人で家捜しを始めるが、札はすでにゼロスが見つけ出していた。ロイドは思わずその札を持って、「スタンのディムロスが見つかりますように!」と願ってしまう。途端にディムロスの声がスタンに(そして最初の願いの効果で全員に)聞こえるようになった。

ロイドが2つめの願いを使ってしまったことに驚いたルークは、3つめの願いとして、「あと願いを100回叶えろ」という願いをかける。しかしさすがに無理があったのかお札が暴走、封印されていた強大な魔物が解放されてしまう。みんなで戦いを挑むが、全員の必殺技を持ってしても倒すことはかなわなかった。しかしそこにディムロスを取り戻したスタンが現れ見事にとどめを刺す。

ここでまさかのシークレットゲストの置鮎氏登場。おなじみのディムロスコスプレで会場は大盛り上がりに。

料理も完成し、いよいよパーティの始まり。エステルはテイフェス10周年と、TOD20周年を祝い、乾杯の挨拶をするのだった。

17:40 スペシャルトーク

今回は初登場の人がいないので、ぼんやり話を回してます。

スタン(関智一氏)…いきなりゼロスから、スタンのキャラを逸脱しすぎという容赦ないツッコミが。そんなことないよな!と観客に振りましたが観客からも微妙な反応。「お客さんのくせに生意気だぞ!」と某猫型ロボットアニメのトンガリヘアーのセリフがでたところで怒られてました。「だってプロデューサーの人がいいって言ってたし!」「こっちがよくても向こうに怒られるんだよ!向こうの方がでけーんだぞ!」

ディムロス(置鮎氏)…香盤表にキャラの顔写真が張られているのですが、ディムロスは剣ではなく人間バージョン(ディムロスはオリジナルの人間の人格を投影した剣)で描かれていたのを見て、関氏が「何で人間なの?」と聞き、設定を忘れられていることに絶望したそうです。

ロイド(小西氏)…今回も安定のゲスト。そろそろ水樹さんを本当に連れてきてくれそう。

ルーク(鈴木氏)…昨日のステージの何が印象に残りましたか?という質問に「ヴァンの踊り」と答えてました。

ティア(ゆかなさん)…最近ファンの人に、「俺は悪くねぇ」って原作ではシリアスなシーンだったんですね、といわれて愕然としたとか。

ユーリ(鳥海氏)…10周年だと勘違いしていたのは俺は悪くねぇ!

エステル(中原さん)…彼女もリタもレイヴンもちょっとフォーマルチックな格好でしたが、これはTOV10周年と勘違いしていたからとのことでした。しかし中原さんはアシンメトリな髪型が似合うな。

リタ(森永さん)…ノルミンダンスの振り付けを任され、即興で考えてました。さすがミュージシャン。あと小野坂氏の半ズボンが嫌いだそうです。

レイヴン(竹本氏)…昨年はレイヴンでもシュヴァーンでもなく落ち武者でキャラが確定してしまったことにやや後悔が…

ミクリオ(逢坂氏)…今日は普通の服装でしたね!

エドナ(福圓さん)…ノルミンダンスを踊りなさいが口癖になっているせいで、他のキャラからエドナはダンサー役だと思われていたようです(笑)

18:05 テイルズ オブ キャラクター 人気投票 2017

テイルズチャンネル+でしていたアンケートの結果発表。ただし総合ランキングは明日のお楽しみで、今回はテーマ別ランキングのみ。

「好きなテイフェス スペシャルスキットは?」

1位は2015年の「ミラ雪姫と7人の小人」でした。おとぎ話ベースのやつはギャグに走りやすいので人気が出るのも当然かと。関智はどれか覚えているのある?と話を振られ2つほど答えてましたけど、どっちにも出演してねーだろ!

「好きなマスコットキャラは?」

1位は安定のラピード。しかし小野坂氏が「ラピードはPCでマスコットじゃないよね?」という今更なツッコミ。そのため次回のマスコット部門でラピードが1位を取ったら、殿堂入りすることになりました。ちなみに僕が投票した「ビバ★くん」は選外。(それはそうと中の人っていまやシリーズのIP統括なんですね)

「好きな敵キャラは?」

1位はなんとアッシュ。やはり舞台化効果か。僕が投票したダオスも5位で満足。

「生まれ変わるなら誰になりたい?」

いろいろツッコミどころ満載で小野坂氏が死にそうです。

5位ミクリオ「死にたくないんでしょうね」(逢坂氏) 4位スレイ「男子とも女子とも合体できるしね」 3位ルル「生まれ変わりたいって、どういう人生送りたいかってことでしょ!ネコじゃん!」 2位ミラ「ずっと生きれるし」「またですか」

1位はユーリ。しかし鳥海氏も生まれ変わりたいかと聞かれ、即座に「僕はならないですけど」「無職だし」と言ってました。

18:40 テイルズ オブ エンターテイメント ニュース

例年の「最新情報コーナー」。今年も大きな発表はなし。アスタリアとのリンクの新章配信、レイズの新キャラ登場予定など。

そしておなじみの小西氏をメインにした、課金石をばらまくための小芝居がありました。いつもはさいころですけど、今回は鳥海氏と中原さんを招いて3人でダーツ。1人があたりを当てるごとにアスタリア、リンク、レイズのうち1つずつ課金石が配られる仕組みです。

まずは中原さんが挑戦。やっぱり女性なのでハンデを付けて近くから。だけど的はすごい早さで回すから…早すぎて止まっているように見えるほどです。中原さんが矢を直接当たりに突き刺してまずは1勝。

次は鳥海氏。今度は普通に投げて、見事「ハリセン」に命中。すると軽妙な音楽と共にどこからともなくハリセンを持った小野坂氏と、ピコハンを持った森永さんが現れ、鳥海氏をどついて去って行きました。続いて挑戦した小西氏も狙ったように「ハリセン」に刺し、同じ目に。

さすがにこのままでは…と司会の名越アナに泣きついた結果、名越アナがダーツの表面をはがすと、その下からほとんどが「当たり」になったルーレット板が登場…という流れのはずだったんですが、のりのききがよすぎて表面がはがれず、無理矢理はがしたところ下の表示までスタボロに。やむなく鳥海氏が(勝手に)全部当たりと書き込み、見事当たりを射止めた結果、全ての課金石が配られることになりましたとさ。

茶番もここまで行くと気持ちいいわ。

その他、テイルズ オブ ステージの本公演、テイフェスカフェが7月中旬に都内で開催、全国のアニメイトで1000円以上購入するとオリジナルポストカード配布のフェア実施(イベントの半券があると+1枚)、テイフェス後夜祭開催、TOZXのBDBOX2巻発売などのニュースがありました。…え、それで終わり!?

19:15 テイルズ オブ ライブ

TOZXやTOBに楽曲を提供しているFLOWのライブ。

  • INNOCENCE
  • DAYS
  • BURN
  • GO!!!
  • 風ノ唄

の5曲でした。自分がカバーしている「DAYS」を聞けて、小野坂氏もご満悦だった様子。FLOWさんは本当にテイルズ大好きなのでありがたいです。

19:55 エンディングステージ

今日も例年に比べると長かった気がしますけど、本当にあっという間でした。今回はボケ役が少なかったので、小野坂氏のがんばりが目立ちましたね。

関氏は最後までキャラが定まりませんでしたが、最後に中原さんから「わたしTODをプレイしていてファンだったんですよね」と言われて苦い顔してました。でもカゲナレではきちんとしてましたし、スタンも古いキャラとはいえ今でもソシャゲなどで演じる機会も多いはずなので、今日のは彼なりの照れ隠しだったんだと思います。それにしては某猫型ロボットネタ使いすぎですけどね!(笑)

とにかく面白かったですが、TOD20周年だったのに置鮎さんをうまく使えてなかったのが残念でした。せっかくシークレットゲストだったのに、完全に出オチでしたしね。

20:20 終演

カゲナレはスタンとディムロス。最後急に関氏が覚醒してきっちりスタンになってました。


2017-06-02

【イベント】TOF2017 2日公演 レビュー

久々に物販で無駄遣いしてしまった…でもそれも幸せのかたち。

テイルズ オブ フェスティバル 2017 ウェルカムストリート

新横浜駅隣接のキュービックプラザ10階でパネル展示をしていたので、見学に行ってきました。初日だけあってほとんど人がいなくて快適でした(一般客の視線はちょっと痛いですが)。

パネルはTOFの会場に展示してあるものとはイラストが違いますね。凝ってるなぁ。

2日公演

開演前

17:40 会場に到着。最近は時間前に開場することも多いですが、今日は定刻でしたね。

18:00 開館。今日はキャパも少ないのですぐに入場できました。今回は席の区分がありませんが、ステージのすぐ右そでのあたりで見やすかったです。舞台はやっぱりモニターじゃなく直に見たいですしね。

18:10 着席したとたんにカゲナレ。今回はミュウ役の丸山美紀さんでした。登壇はなかったのでおそらく録音(いつもカゲナレは生)。そして間髪入れずOPムービー。早めに入場できてよかった…。いつもの1日目仕様で、Sはリメイク版、Iはオリジナル、V、Hはリメイク版、Gはf、Xはジュード版でした。Bも初出し。最近はOPムービー流すだけで30分かかります。

18:50 再びミュウのカゲナレ。

19:05 スペシャルスキット(無題)

パーティメンバー+ミュウでお送りするスキット(生ではなく収録。顔出しなし)。テイルズオブステージにゲストとして招待された…という舞台設定のギャグスキット。

大倉山駅にやってきたルーク、ティア、ミュウ。最近は円高が進んだため、節約しようと私鉄でやってきたとのこと。

オールトラント(アビスの舞台である世界の名前)と地球の為替相場を仕切ってるバンナムってやばいんじゃ…というルークの指摘に慌ててその口をふさぐティアが面白い。

横浜アリーナまでの道が分からず困っていると、そこにアニスが通りかかったため合流。アニスはバンナムからヒッチハイクでここまでたどり着いたらしい。無事横浜アリーナに到着すると、ジェイドとガイもすでに来ていた。そしてナタリアも巨大なリムジンで登場。迎えが来るとは聞いていたものの、リムジンが来たこと、そして社内に花束と自分が好きな飲み物が用意されていたことに少し驚いているナタリア。

男衆がコンビニで飲み物を買って戻ってきたので、いよいよ会場に入ることに。ところがルークの持ってきた招待状がない。ジェイドの提案で、ルーク、ガイ、ナタリアの3人が受付に直談判することになったが、受付にいたのはアッシュだった。なぜか急にお金が入り用になったとかで、バンナムに雇われてバイトをしているとのこと。

ルークの招待状がないことに気づいた時に、仲間たちが自分の招待状を譲ろうとするんですが、ジェイドもその波に乗ろうとすると仲間たちから冷たくあしらわれ、「これが老人の介護放棄ですか」とやさぐれるシーンが面白かったです。

結局ルークのチケットを持っていたのはジェイドだった。落としたのを拾ったまま返すのを忘れてたとうそぶくジェイド。しかしティアだけは、ジェイドの真意を見抜いていた。ハプニングを装ってアッシュとナタリアを会わせることで、ナタリアがアッシュの気遣いに気づけるようにしたのだ。ナタリアも誰がリムジンを用意してくれたのか気づき、二人はいい雰囲気に。そんな二人を仲間たちも温かく見守るのだった。

 

全体的にコメディ色が強く、ティアのかわいさ、アニスのがめつさ、ジェイドの鬼畜さなど、キャラの特徴をうまくいかしたスキットでした。これ是非BDに収録してほしいですね。それでも最後はちょっといい話にまとめたのもさすが。

19:30 テイルズ オブ ステージ

外伝的な話かと思いきや、ゲームの第一部(外殻降下まで)を一通り描くものでした。

今日もヴァンの元で稽古に励むルーク。しかし稽古中にヴァンを狙ってティアが襲撃。ルークがヴァンをかばってティアの攻撃を受けると、ルークとティアの体は光を放ち、二人は見知らぬ場所に飛ばされてしまった。

初めて屋敷の外に出たことに慌てるルーク。そこに現れた導師イオンを追う魔獣ライガを何とか退けた二人は、イオンに同行していたマルクト軍の大佐ジェイドに保護される。駆けつけたルークの友人ガイの助けもあり、イオンの身柄を狙うリグレットの襲撃も退け、なんとかバチカルの自宅にたどり着いたルーク。ヴァンは彼を温かく迎えるが、同時に彼は、ルークがこれまで兵器として国に軟禁されている事実を告げ、自分の言うことを聞けば英雄になってその生活からも解放されるとそそのかす。

ちょうどその折、関係が険悪になっていたキムラスカとマルクトの和平のため、親善大使として国境の町アクゼリュスに向かったルーク。途中でリグレットの仲間のシンクの襲撃を受け、彼に操られたガイがルークに刃を向けてしまう。イオンから、シンクの術は本人の記憶を元に人を操るものだと聞いたルークは孤独を深め、ますますヴァンに傾倒していく。そしてヴァンの言葉に従い街の地下にあるパッセージリングを破壊してしまう。その途端、アクゼリュスは地底に崩壊を始め、そこにいた住民もろとも消滅してしまった。

ティアの力で無事に地底にたどり着いた一行は、そこで自分たちが暮らしていた大地は空中に作られた外殻大地であること、そしてそれを支えているのがセフィロトツリーとパッセージリングであることを知る。それを聞いてもヴァンに責任を転嫁し続けるルークに、仲間たちもあきれて離れて行ってしまう。そしてアッシュから自分はアッシュのレプリカだと言うことを聞かされたルークは深く落ち込むが、内省を深め、これからは自分のできることをして罪を償うとティアに誓い、その証しとして髪を切る。

一方、一足先に地上に戻ったジェイド・アニス・ナタリアだったが、すでに地上では戦端が開かれていた。ヴァンはアクゼリュスの事件で戦争を煽り、戦場を崩落させることで両国の戦力をそごうとしていたのだ。ジェイドはマルクト軍を指揮するフリングス将軍を説得して兵を引かせ、その間に皇帝から停戦交渉の全権を譲り受ける。ナタリアもまた父であるキムラスカ国王を説得しようとするが、途中ヴァンに協力するモースが現れ、ナタリアが国王の血を引いていないことを理由に反逆者として処刑しようとする。しかし助けに来たアッシュと市民たちの助けもありそれを退けたナタリアは、父を説得し、無事両国の停戦はなった。

戦争は止まったものの、このままではセフィロトツリーが順次崩壊し、この惑星自体が滅びることが判明する。どうせ崩壊するものであれば、その状況を利用して大地を地底まで安全に降下させようと、要になるロニール雪山のセフィロトツリーに向かう一行。そこではルークたちを阻止しようとしたシンクが再び襲撃してくる。ルークたちは彼を退けるが、シンクの仮面の下から現れたのはイオンと同じ顔だった。シンクもイオンも、病気のため死に瀕した本物の導師イオンのレプリカだったのだ。レプリカであることをいとい、自らの命を絶ったシンクを見て、ルークもイオンも少なからずショックを受けるが、パッセージリングの閉鎖には成功した。

あとはアブソーブゲートを操作すれば、外殻降下は成功する。しかしそこで待っていたのは正体を現したヴァンだった。ヴァンはユリアの預言に依存するこの世界を破壊するため、全ての人間を滅ぼし、レプリカだけの世界を作ろうとしていたのだ。死力を尽くした戦いの末、ルークたちはヴァンを倒し、ヴァンはアブソーブゲートの中に消えた。これで世界は救われた…かに見えたのだが。

というわけでここで終了。最後に「to be continued」のテロップが出て、このあとに出てくるはずの名場面のダイジェストが演じられました。どうも後編は、今年の夏に東京と大阪で行われる本公演で演じられるみたいですね。

 

さて、僕は舞台演劇というのを見るのは初めてなので、今回の舞台がよいものなのかどうかはよく分かりません。最近はやりの最新技術を使って魅せる舞台とは違い、昔ながらの技法で作られている舞台でした。殺陣のレベルもそれほど高くはない…ような気がしますが…なんというか、思った以上によかったです。

最初はそもそも2次元を3次元に落とし込むのはどうなの?と思ってましたが、皆さんなかなかの再現度でした。声の違いも違和感あるかな~と思ってましたが、それも最初だけで、すぐに慣れてしっくりきました。特にアニス(原作ではロリ枠できゃぴるん口調)はどうなるかと思いましたけど、全然違和感なくて驚きました。話は駆け足ながらも原作の名場面をうまくつないでましたし(もちろん説明不足でわかりにくいところもあるんですが)、これはこれで。思えばアビスは対人戦が多い(ボスも中ボスもほとんど人型)なので、舞台化には向いてたのかもしれませんね。

気になったところ。まずジェイド(原作では術士)は術エフェクトが乏しいため完全に肉弾戦キャラになってましたね。まさかバク宙するとは。それからヴァンの衣装が安っぽすぎ。あの肩のところの衣装は硬い素材でお願いします!(ナタリアの弓もちょっとアレでしたがこっちはまあ仕方ないか…)それからヴァンに意味のないダンスシーン(しかも長い)があったのも、ラスボスとしてはどうなの?それから数名滑舌に問題がある方が…

しかしそれらの点は目をつぶれる範疇でした。というわけで、舞台化とか興味ないyukkun20でも、大阪まで本公演観に行ってもいいかな…と思ってます。

20:50 スペシャルトークショー

原作ルーク役の鈴木氏、ティア役のゆかな氏、舞台ルーク、ティア、アッシュ役のお3方の5名+おなじみ名越アナによるトークショー。

なんとティア役の方は今回が初舞台とのこと。アッシュ役の方も2回目、ルーク役の方も3回目という非常にフレッシュな配役でしたけど、不安定さは感じさせない演技でした。本公演のラストシーンで最後に登場するのはルーク役の人なのかアッシュ役の人なのか、鈴木氏も興味津々のようです。

しかしゆかなさんは相変わらずいい人だなぁ。最後の一言で何回「ありがとうございました」言うんだよ。

21:20 終演

カゲナレは再びミュウ。今日もミュウ役だけはオリジナルキャストでした(さすがに擬人化には無理があったのでぬいぐるみ出演)でしたし、お疲れ様でした。

明日からも楽しみです。

終演後、物販が空いていたので久しぶりに散財してしまいました。今日の戦利品。

右上は推しメンバッジ。いつもはこの手の商品は買わないのですが、SDキャラがかわいかったので、初代ファンタジアの2キャラと、僕の好きなキャラベスト5に入っているリタ(3位)とエドナ(5位)を購入(ちなみにあと3人はアーチェ(1位)とリリス(2位)とシェリア(4位)ですが商品化されてない(涙))

中央上は「ドラマ&DJCD テイフェスラジオ2017」。下に敷いているのが会場購入特典のビニールポスター。先日紹介したテイフェスラジオが収録されてます。これはどうせ後日ネットで購入するつもりだったので、特典目当てにこちらで購入。

左上は「テイルズ オブ オーデトワレ」。キャラクターをイメージした香水です。これ本当に商品化したんだ…(詳しくはTOF2015を)。ちょっと高かった(30mlで5400円)けど、大人のたしなみとして香水の一つくらいは持っておこうと思ったので…(一応言っておきますが、普通の香水も持ってますからね?客商売だし)。


2016-07-10

【イベント】TOF2016 10日公演 レビュー

今日も飛ばしてるなー。来年の10周年イベントが今から楽しみです。

10日公演

開演前

15:20 会場に到着。今日はS席でしたが、ステージの斜め後方でちょっとショボン。

15:40 セネルとシャーリィのカゲナレ。昨年間違えてパシフィコに行ったという去年から続きのネタ。それにしてもレジェンディア最近優遇されてる感あるなぁ。やっぱり鈴木氏の草の根活動が実ったんでしょうか。

15:45 おなじみOPムービー集。

16:20 アスベルとリチャードのカゲナレ。お忙しい浪川さんが来てくれました!その後TOLINK、TOアスタリアのOP、TORAYSのPVも流れました。

16:30 オープニングトーク

今日は普通の衣装の司会2名。なぜか小野坂氏は左足に湿布を貼ってます。それに触れるな!とやや切れ気味の小野坂氏。風呂釜にぶつけたらしいです。

DVDではカットされるかも…といいつつ、福圓さんが昨日の小野坂さんにチキン南蛮をごちそうになったという話。ところが小野坂氏は先に帰った隣のテーブルの残り物をこっそりもらっていたことが発覚。おいおい。

また今日は昨年好評だった大喜利があります。「今日は大喜利できるメンバー集めたから!」と観客を煽る煽る。キャストの皆さん楽屋で苦い顔してませんかねぇ。

16:50 スペシャルスキット テイルズ オブ 肝試し

昨日に引き続き舞台は夏祭り。リチャードはお化け屋敷の主催者として準備に余念がない。ところが、目の前に落とし物のマントが…

祭りにやってきたスレイとザビーダ。たまには息抜きをしろとザビーダはテンションが高い。そこにゼロス、レイヴン、カロルも合流。しかしお化け屋敷には女の子がいないと!ということで、スレイが(無理矢理)女の子をナンパしに行くことになった。

スレイが去ったところに、リチャードが迎えにやってきた。お化け屋敷には「悲鳴を上げてくれる子」も「抱きついてくれる子」もそろってるよ!というリチャードにゼロスたちは大喜び。4人はリチャードと共に一足先にお化け屋敷に向かうことになった。

わりと変な私服の上にマントを羽織ったことで浪川氏の服装がかなりカオスなことに。「ちぐはぐ」「ミスターちぐはぐ」「ミスちぐ」とひどい言われようでした。

一方祭りにやってきたセネルとシャーリィの兄妹。シャーリィのためにほたてすくいに夢中のセネルをほっといて、エドナと合流したシャーリィは会場をふらふら。

途中で脈絡なく、ノルミン(着ぐるみ)が登場。かわいいアクションで会場の完成を独り占めしてました。エドナがとシャーリィが「三点倒立やってくれるらしいよ」「脇固めできるらしいよ」というひどいあおり。

ナンパをしていたスレイと合流し、シャーリィもお化け屋敷に向かうことに。一方エドナはシャーリィの代わりにセネルのところへ。暴走しているセネルを「心の迷子」扱いし、警備員を召喚。警備員としてやってきたロイド、ユーリ、アスベルも、あとはお化け屋敷をチェックすれば仕事も終わりということなので、5人でシャーリィたちを追いかけることになった。

その頃。リチャードたち5人はお化け屋敷に到着。ゼロスやレイヴンは、見えない力に肩や腕を引っ張られて落ち着かない。大騒ぎしていると突如リチャードが豹変し、ゼロス、レイヴン、ザビーダの3人を捕まえてしまった。カロルも襲われそうになるが、シークレットゲストのルークの助けで辛くも脱出した。

次にやってきたのはスレイとシャーリィ。お化け屋敷の中に入ると、お化けになったちょっとおかしいゼロスたち3人に襲われてしまう。そこにやってきたエドナたち5人と逃げてきたカロル・ルークも合流するが、お化けが大暴れしててんやわんや。ホーリィボトル投入で3人は正気を取り戻した。エドナとセネルもここで合流。

レイヴンは落ち武者幽霊だったので真ん中はげのヅラをかぶってるんですが、そのビジュアルが面白すぎて原稿を読めないキャストが続出。

そこにやってきたリチャード。だが明らかに様子がおかしい。アスベルの呼びかけでリチャードを正気に戻そうと攻撃を加えると、リチャードの羽織ったマントが魔物と化す。しかし一同の力でどうにか撃退。

―が、これは全てリチャードの演出だった。みんなを驚かせようとリチャードが考えた仕掛けだったのだ。安心する一同。しかしゼロスとレイヴンを引っ張った幽霊についてはリチャードも知らないということで、微妙に寒さの残る結末となった。

今回はアドリブいっぱいで非常に面白い舞台でした。昨日より10分近く長かったし。女性陣もテンション高く、さすが大喜利メンバーとして選ばれたメンツだけのことはある。

17:55 スペシャルトーク

いつもどおり初登場ゲストを中心にしたイジリ。

シャーリィ(広橋涼氏)…エドナに「幽霊ダンスをしなさい」と無茶振りされても観客を味方に付けて盛り上げることができる希有な才能。昨年のスペシャルスキットでワルター(櫻井孝宏氏)に部屋を荒らされたと知ってどん引き。

カロル(渡辺久美子氏)…今日はショタコンテンツを広げるために来ました。というありがたいお言葉。そういえばテイルズでショタキャラってあまりいないなぁ。ライフィセットが救世主となるか。大喜利でも面白かったです。さすがベテラン。

リチャード(浪川大輔氏)…「リチャード役の人って実在してたんですね」と言われるほど忙しくて抜き録りが多い浪川氏。大喜利要因として櫻井氏が連れてきたそうですが、下ネタはやめてー!イメージが!…いや、浪川氏はそういうイメージだったか。

ザビーダ(津田健次郎氏)…めっちゃいい声&ザビーダばりのハイテンション。初めてで感覚がつかめないと言いつつしっかりなじんでましたよ。

18:10 テイルズ オブ プレゼンテーション 2016

という名の大喜利。昨年のが好評すぎたために今年も開催。一応プレゼンの体をしていた昨年(最優秀作品を決めていた)に比べ、完全に大喜利で投げっぱなしと言う潔い構成。

「オリジナルグミを考えよう」

→「パングミ」(明らかに形がアンパンマン。ツッコまれて出てきた代案はしょくパンマン)
 「3年Bグミ」(効能:不良が更生する)
 「世田谷育ちのグミコサミン」
 「仙豆」
 「真ん中に星があって7つ集めると願いが叶うグミ」(みんなDB好きだな)
 「長澤めグミ」「渡辺グミ子」
 「ねえグーミン、こっち向いて♪」

「新戦闘システムとその略称を考えよう」

→「SNG 素手で殴る」
 「TOS」(シンフォニアと思いきや「父さーん!!」)
 「TOZX」(本日第1話放送予定!)
 「SYI・OWN」(先生がやれって言ったんだ!俺は悪くねぇー!)

「TOF10周年でやりたい企画は」

→「ゲストが意味もなく嵐」
 「1日10ステージ」(死んじゃう)
 「まじんけん出るまでかえれま10」

浪川氏が「小野坂」を「小野板」と書いてしまい、漢字の弱さを遺憾なく見せつけてました。

18:50 最新情報コーナー

今回もあまり大きな発表はなかったですね。

TOLINKのキャンペーン、TOアスタリアのアイマスコラボ、両者のロイド祭り、TORAYSのOP先行公開など。

いつも通りのロイドとルークの茶番で、課金石10個の配布が決定しました。これDVDに収録されないのが残念なんだよな。

19:20 テイルズ オブ ライブ

TORAYSの主題歌を担当したAlexandrosのライブ。今年はロックバンドばっかりですね。ロックはちょっと苦手。持ち曲4つに、主題歌「NEW WALL」を熱唱してくれました。

18:50 最新情報コーナー(続き)

コトブキヤでの後夜祭は今年も開催。LALABIT Marketが全国のPARCOでコラボイベント、TOBとハローキティのコラボなど。

19:55 エンディングステージ

今日は昨日にまして笑わせてもらいました。大喜利はキャスト的には結構つらかったみたいですけど、こちらとしては非常に楽しませてもらいました。小西氏と鈴村氏は相変わらずクオリティ高いです。昨年気を吐いた櫻井氏はちょっとおとなしかったですが。渡辺さんと広橋さんの女性陣も結構ネタに走ってくれてました。このノリなら女性が少ないのも納得ですわ。

一つだけ残念だったのは、亡くなられたライラ役の松来さんに誰も触れてくださらなかったことでしょうか。こういうイベントにはふさわしくない話題と思われたのかもしれませんが、TOZが注目されている今だからこそ、一言だけでも触れてほしかったですね。

それはさておき、今年も十分楽しませてもらいました。これだけ笑えるイベントは1年でもこれだけですからね。BDも必ず買います!

そしてついに来年は10周年ですね。10周年ならではのゲストに期待したいなぁ。井上喜久子さんはいつでてくれるんですかね。

20:00 終演

カゲナレはスレイとザビーダ。ザビーダめっちゃカミカミでした。お疲れ?


2016-07-09

【イベント】TOF2016 9日公演 レビュー

去年はテロ対策で手荷物検査とかいろいろ面倒でしたが、今年は一切なし。危機管理とは…

6日公演

開演前

14:45 会場に到着。15時開場でしたが。雨だったからかすでに開館していました。ほとんど並ぶことなく入場できました。

15:00 今回はプレミアムシートなんですが、なんと右サイトステージ前の最前列だー!めっちゃうれしい。何年か前にステージ前2列目だったとき以来の良席ですわ-。

15:40 ティトレイとヴェイグのカゲナレ。「不動の名コンビだよな!」とテンションの高いティトレイとついて行けてないヴェイグの対比がよい。

15:45 おなじみOPムービー集。今年はTOZが追加されました。あとは去年と同じ。

16:20 ロクロウとマギルゥのカゲナレ。「落ち着くためにこの呪文読んで~」「ってアナウンスじゃねーか」

16:30 オープニングトーク

リニューアルした横浜アリーナ。今年はステージ奥の2階席から司会の二人、小野坂氏と福圓さんが登場します。あれ…福圓さんの方は普通に階段なのに、小野坂氏の方はなぜか滑り台(通称:小野)に…?

オープニングムービーはいつものテーマをちょっぴり和風にアレンジした曲でした。夏祭りがテーマですからね。司会が二人とも浴衣だったので出演者みんながそうかと思いましたが、そんなことはなかったぜ。

16:50 スペシャルスキット テイルズ オブ 夏祭り

夏祭りにやってきたミクリオとエドナ。といっても祭りを楽しみに来たのではなく、なにやら謎の力の高まりを受けて調査にやってきたらしい。祭り会場では自分たちの姿が見えていることに驚くミクリオ。そこにやってきたゼロスやエステルと共に会場を調査することに。

一方ベルベットからくすねた財布をなくしてしまい、路銀を稼ぐために会場に紛れ込んだロクロウとマギルゥ。エステルを探すユーリや、伝説の味噌を探すヒスイに適当な占いをしたりしていたが、祭りで様々なアトラクションをこなしてポイントをためれば、なにやら黄金のなにがしがもらえると言うことで張り切って会場に消えていった。

主催者のルークは、会場を見て回っていた。最初に来たのはティトレイの焼きそば屋とヴェイグのかき氷屋。ロイドやシングもやってきて焼きそば大食い大会が始まったが、ティトレイがその辺で拾った毒キノコを隠し味に投入したことで全員「ですの」という語尾でしかしゃべれなくなってしまう。偶然通りかかったエステルの治癒術で事なきを得たが、全員にボコられるティトレイ。

Lの中の人(アニメ版のCVである山口氏)がデスノー(ト)デスノー(ト)言ってたけど大丈夫か?というツッコミが(笑)

他方事件を調査中のエドナと下僕扱い中のゼロス。店番を押しつけられたユーリとヒスイの射的屋へ。特にこれといって情報は手に入らなかったが、兄妹談義で盛り上がるゼロス、ヒスイ、エドナ。

ロクロウとマギルゥがやってきたのは、ヴェイグの店で行われているかき氷大食い大会。飛び入りで参加した二人だが、「かき氷を食べても頭がキーンとならない」という特殊体質を使って見事に勝利。次にユーリの射的屋では掟破りのブレイズスウォームで商品を全て燃やして勝利。自分の祭りで好き勝手されて気に入らないルーク。

それぞれ祭りを楽しんでいた一同だったが、ようやく全員が集合。エドナとミクリオの調査も終わり、この祭り自体が何者かを召喚するための儀式になっているらしい。ルークが拾った魔道書通りに祭りの配置をしたのが原因らしいが、ついに最後のピースが偶然そろってしまい、強力な魔物が召喚されてしまう。マギルゥが大技を放つため全員で時間稼ぎをするが、マギルゥの術でも敵を倒すには至らない。何となくまずい雰囲気になったところで、シークレットゲストの佐藤利奈さん…じゃなくベルベットが乱入。きっちりおいしいところを持って行った。

ルークが用意していた「黄金のなにがし」は、「黄金の輝きのピーチパイ」だった。勝負は勝負として、パイはみんなで楽しもう、と全員分用意していたルーク。何となく大団円…かと思いきや、今回の騒ぎで被害が出た出店者から天文学的な請求書が届き、END。

結局魔道書の出所などの伏線は改修されず。ちょっと今回のシナリオはがばがばでした。

あと最後どさくさ紛れに岸雄氏がトンガリの物まねを挟んでました。持ちキャラじゃねーだろ!

17:45 スペシャルトーク

いつもどおり初登場ゲストを中心にしたイジリ。

ヴェイグ(檜山修之氏)…いつも「クレア-」と叫ばされることに以前不満を述べてましたが、今回は全くなし。それはそれでつまらないらしく、関係ないところで叫んでました。

ティトレイ(山口勝平氏)…僕の中ではマヨナカラジオの下ネタ担当(まああのラジオは全員汚れですが)というイメージしかなかったんですけど、今日はおとなしかったです。

エステル(中原麻衣氏)…この人鼻高いですよねー。今日もあでやかな服装ですてきでした。

シング(柿原徹也氏)…第1回ではVTR出演だったことを未だにいじられてました。松風さんのフォローをしたりとできる子。

ヒスイ(松風雅也氏)…前回調子に乗りすぎたせいでしばらく干されていたとのこと。全然反省してない様子でしたがw

ミクリオ(逢坂良太氏)…昨年は一人だけ服装指定を無視したことをいじられてましたが、今回は人からもらった服でそろえたため、再びいじられてました。

ベルベット(佐藤利奈氏)…スケジュールあってよかったです。カッキーと同じ末路を味わわせるのはかわいそうすぎる。あとロクロウを止められなかったのは仕方がないです。

ロクロウ(岸尾だいすけ氏)…本日もっともはっちゃけてた人。アドリブ、ギャグ、体を張ったネタと松風氏と二人で気を吐いてました。「暑がり寒がりトンガリ!」じゃねーよ。「53万の半分も実力を出してない」じゃねーよ!でも全然ネタバレをしなかったところを見ると、やっちゃイケないこととの線引きはしっかりしている様子。

マギルゥ(佐藤聡美氏)…しゃべるたびにくねくねくねくね動いてかわいい!初めてお顔を見ましたけどあんなかわいい人だったとは。

あと福圓さんをすごく近くでお見かけするチャンスがあったのですが、めっちゃ美人でびっくりしました。とても3X歳には…ゲフンゲフン

18:10 テイルズ世論調査 結果発表

テイルズチャンネル+でしていたアンケートの結果発表。

「夏休みに冒険したい世界は?」→①ヴェスペリア②レジェンディア③グレイセス

ヴェスペリアの見所で「ハルルの木」が挙がってましたが、ユーリもエステルもあまり覚えてなかった様子。エステルにとっては割と重要なポイントなのですが…

「盆踊りがうまそうなキャラは」→①ロイド②レイヴン③ティトレイ

レイヴンは和装っぽいので何となく、でもロイドとティトレイが何で??と疑問になってましたが、あいにくアンケートに理由を書く欄がなかったので闇の中へ。

「射的がうまそうなキャラは?」→①レイヴン②ヒスイ③ザビーダ

何で1位と3位が来る明日やらなかったんだよ!とヒスイがいじけてました。

18:40 最新情報コーナー

今年はあまり大きな発表はなかったですね。

TOBの最新PVの先行公開、オリジナルサントラ9/28発売、TOZXの先行上映会Ⅱが開催決定、BD-BOXが12/22発売予定、くらいでしょうか。

19:20 テイルズ オブ ライブ

TOZXやTOBに楽曲を提供しているFLOWのライブ。

  • BURN
  • COLORS
  • Steppin’ out
  • GO!!!
  • 風ノ唄

の5曲でした。曲もMCもノリのいい感じで面白かったですね。

小野坂さんから「全部バンナム絡みの曲ですね」といわれて「心得てますんで!」と返してたのが(笑)

20:00 エンディングステージ

今日は長かったですねー。あちこちで「巻きで」って言う指示があったみたいなので、多分岸雄氏が悪ふざけしすぎたせいだな。いいぞもっとやれ。

始まる前は女性成分が少なすぎてどうなるかと思ってましたけど、佐藤利奈さんが来てくれてよかったです。しかしこの業界のおっさんは元気すぎる。この観客を喜ばせてなんぼというところはさすが芸能人でした。

あと佐藤聡美さんは今日の活躍でファンになってしまいました。TOBには期待せざるを得ない。キャストの皆さんもそろって、シナリオがすばらしい!と絶賛していたので期待しています。

あと1ヶ月半ですからねー。その前にクロバラノワルキューレどこまで行けるかしら。

20:00 終演

カゲナレはシングとヒスイ。なんだかんだで仲いいじゃん。ていうかカッキーは微妙にシングの演技忘れてる気がする。

明日は3時頃に行けばいいかな。渡辺久美子さん楽しみ。