2018-06-20

【イベント】「シュタインズ・ゲート ゼロ」オンリーショップ in アニメイト秋葉原ラボ レビュー

シュタゲのためなら例え遠方でも駆けつけます!(※TOF2018のついでに行きました

※若干シュタゲ本編のネタバレがあるのでご注意※

「シュタインズ・ゲート ゼロ」オンリーショップ in アニメイト秋葉原ラボ

続きを読む(ネタバレ注意) »


2018-06-17

【イベント】TOF2018 17日公演 レビュー

午前中は横浜にあるボークスショールームに行ってきました。目的の物はなかったのですが別のアイテムをゲットしたのでこれも後日。

テイルズオブプレミアムショップにも寄ったのですが、半端ない人出であきらめました。TOPのグッズ、ほしかったよ…(ばたり

17日公演

開演前

14:15 会場に到着。昨日より早いくらいなのに1.5倍くらい人がいる…しかし、自分の経験ではこのあたりならOP集(15:30開始)に間に合うはず。頼むぞ…

14:45 先頭が見えないくらい列が並んでいたのでよく分かりませんが、この頃には開場していた様子。

15:00 入場。S席で、久々に正面寄りでしたがステージからはかなり遠い…やっぱりSS席じゃないとだめか。

15:30 ルークとガイのカゲナレ。ルークがかんだことにツッコんだガイまでかむという奇跡の展開(カゲナレは生)。それからいつものOP集でいつもの2日目仕様。

16:20 ユーリとレイヴンのカゲナレ。ユーリがめっちゃ棒読みで爆笑。

16:30 オープニングトーク

今日の司会は小野坂氏と、TOBライフィセット役の浅倉さん。昨日はちょっと奇をてらったオープニングでしたが、それを肴に斬新な登場シーンの演出話で盛り上がってます。浅倉さんトークうまいなぁ。

いつもはこのままスペシャルスキットですが、今回はここでキャスト全員が登場して自己紹介。そのままスペシャルトークショーになだれ込みます。

16:50 スペシャルトークショー

ジーニアス(折笠愛さん)…初めて拝見しましたが、とてもノリのいい方でびっくりしました。コーヒー3杯も飲んだからなのか、小野坂氏にすらテンションがおかしいとツッコまれる始末。「これまで登場できなかったのは、小野坂さんに嫌われてるからかなぁ?」「そんなわけあるか!嫌いなやつも何回も来とるわ!」

ガイ(松本保典氏)…自称海の家のおじさん、6年ぶりの登場。前回スギちゃんのネタをやって受けなかったのがトラウマだそうです。そう言われれば似てるわ。でも僕の中では永遠にナディアのエーコーさん。

ザビーダ(津田健次郎氏)…「キャラと本人がほぼ同じでおなじみの」と紹介されてました。とにかくでかい声を出すというキャラで、小野坂さんにいいように使われてました。でもスキットでも声が死んでなかったのはさすが。

16:55 「テイルズ オブ」チームバトル

チーム対抗でゲームをして勝敗を競うというバラエティタイム。

シンフォニア&アビスのAチーム、ヴェスペリア&エクシリア2のBチーム、ゼスティリア&ベルセリアのCチームに分かれましたが、3人しかいないCチームからブーイングが。そうこうしているうちに木村氏が全方面にけんかを売った関係でステージ上はカオスなことに。そこへ颯爽とシークレットゲストの逢坂氏が登場したのですが、誰にも注目されずぬるっと参戦。

優勝チームには、これから開発されるテイルズシリーズをイメージしたアクセ(数万円相当)が贈られるそうです。

「テイルズ オブ」ジェスチャーバトル

出されたお題をジェスチャーでチームメイトに伝えるというジェスチャーゲーム。

誰がジェスチャーをするかはチームで選べるのですが、Bチームは「実質3人じゃねーか!」ともめてます。TOVのドラマCDをご試聴の方はご存じかと思いますが、森永さんはこの手のゲームが下手ってレベルじゃないです。しかし鳥海氏がそれを逆手にとって、「うちはリタにジェスチャーをやらせるので、得点を倍ください!」と直談判。見事40点を獲得しました。(※他のチームも20ポイントずつ取ってますが)

「テイルズ オブ」メッセージバトル

いわゆる伝言ゲーム(伝言される側はヘッドホンをしているため、口パクで伝える必要がある)です。得点は10~50点の間で小野坂氏が適当に決めます。

最初はAチーム。松本氏→鈴木氏→折笠さん→小西氏の順。お題は「ガイ様華麗に参上」。このセリフを知っていた松本・鈴木両氏はうまく乗り切りますが、折笠さんが「神様華麗に参上」と聞き間違えたためぐだぐだに。結局「俺様華麗に参上」とかなりいい線行きましたが、小野坂氏の一存で20点に。

次はBチーム。森永さんを回答者に入れるとどうなるか分からないので、森永さん→鳥海氏→竹本氏→近藤氏の順に。ところがお題は「エンシェントカタストロフィ!これが私の研究成果よ」というかなりの無茶振り。森永さんがそのポンコツぶりを発揮し、鳥海氏にはほぼ伝わらず。「エステルは俺が守る!」と誤解した鳥海氏から3人が無事つなぎ、結局0点に。

最後はCチーム。佐藤さん→津田氏→逢坂氏→木村氏の順。しかし「容赦しない!一撃じゃ生ぬるい!絶破滅焼撃」という絶望的なお題。誰が考えたんだ。予想通り津田氏は「しょうちゅうしゃしない?きき、絶版した、ナマステ、押忍!」という絶望的な空耳状態。しかしそれを受けた逢坂氏が奇跡をみせ、「容赦しない!」を理解します。しかしそこまで。結局「容赦しない!秘技 絶破!ナマステ、押忍!」でフィニッシュしてしまいましたが、健闘をたたえられて20点獲得。

ばら撒きバトル

センターステージに置かれたカードを持ち帰り、そこに書かれていたクイズに解答すれば勝利です。得点は50点。小西氏、森永さん、逢坂氏がカードを取りに行く役になります。

一応女性と言うことで気を遣ったのか、森永氏が一着でカードを持ち帰ります。ここでポンコツ返上か!?と思いきや、カードはまさかの「はずれ」。

次に小西氏が到着。お題は「今日来ているキャストが登場する作品名を全て答えよ」。しかし「テイルズ オブ アビス」と間違えてしまい(正しくはジ アビス)失敗。

最後は逢坂氏。クイズは「リタとルークの手料理、どっちが食べたい?」観客にペンライトの色でアンケートを採るので、多い方を当てれば正解になります。正解は「ルーク」。見事正解し、優勝はCチームになりました。

そのあと、お情けでラストチャンスをもらった森永氏が持ち帰ったカードも「はずれ」でした。神か。

今回は大喜利以来の大爆笑コーナーでした。

17:50 スペシャルスキット 二人の少年探偵~バーニッシュランドの危機~

テーマパーク「バーニッシュランド」にやってきたフィーとベルベット。そこではジーニアスとロイド、ユーリやレイヴンが臨時スタッフとして働いていた。エステルとやってきたリタや、ガイとやってきたルークも顔を見せる。(※エステルは登場しません)

そこへ、パフォーマー兼コックとして雇われているルドガーが焦った様子で現れた。何でも港で積み荷荒らしが発生し、夜のステージで使用するステージ衣装が盗まれてしまったという。不埒な悪党を許すわけには行かない。一行は積み荷泥棒を追うことになった。

しかしここはテーマパーク。子供たちの夢を壊すわけにはいかないと、園内でやっている謎解きイベントに紛れて犯人を捜すことになる。探偵役はジーニアス少年とフィー少年。二人は二手に分かれ、犯人を捜すことになった。

一方テーマパーク内を歩いていたスレイとミクリオは、慌てた様子のガイとぶつかってしまう。ガイは大量の衣装を抱えていた。どうしたのかと二人が尋ねると、道に大量の衣装が落ちていたので、回収して届けに行くところだという。スレイとミクリオもそれに協力することになった。

ジーニアスチーム(ロイド、ルドガー、リタ、ルーク)は、船着き場へ。偶然その場にいたゼロスも合流し、不審な足跡を調べていると、突然近くの積み荷が崩れてしまう。危ないところを助けたのはガイだったが、ガイが盗品を抱えているのを見た一同には犯人扱いされてしまう。

ガイの女性恐怖症を利用してリタが抱きつき攻撃をするのですが、実際に森永さんが松本氏に抱きついたせいで「役を忘れそうだ!」「(間に入ったルークに対し)なんで引き離すんだよ!」とマジでうれしそうでした。

スレイやミクリオが事情を説明しようやく誤解は解けたが、衣装の中にはもっとも大事な「バーニッシュの着ぐるみ」がなかった。どうやら犯人の目当てはこれの様子。ここでゼロスがかっこよく「犯人はおまえだ!」と指名したのはルドガー。

ルークが、「主人公やりたくなかったんだよな、その気持ちわかるぜ」と同情していました。確かに二人ともかわいそう系主人公だけども。ルドガーは「俺は悪くねぇ!」とルークのセリフを乗っ取りましたが、ルークが「俺も悪くねぇ!」と乗っ取り返してました。さすが本家。

ルドガーにはアリバイがあった。崩れた積み荷から、「怪盗Xからの挑戦状」が発見される。一行は怪盗Xが指定したアトラクション、ティーカップに向かうことに。

フィーチーム(ベルベット、ユーリ、レイヴン)は園内で聞き込みをしていた。上半身裸の怪しい男の目撃情報があったが、それはフィーに探偵七つ道具を届けに来たザビーダだった。ザビーダは道具を渡すと「美女の香りがする!」と言いだし(それに付いていったレイヴンと)どこかへ姿を消す。そこへスレイとミクリオが現れ、ジーニアスチームがティーカップに向かったことを伝えた。

ティーカップにいたのはプレザだった。美女の香りに釣られてやってきたザビーダとレイヴンにゼロスも加わり、派手なナンパ合戦が幕を開ける。

さすが大人の女性のプレザだけあって、男を手玉に取る悪い女を佐藤さんが熱演してました。

結局プレザは、何者かに「今日は女性キャラが少ないから協力してくれ」と言われていただけで犯人ではなかった。場を荒らすだけ荒らしてどこかに行ってしまったプレザに、ジーニアスたちはこれは犯人が用意した時間稼ぎであることに気づく。

一足先に時間稼ぎであることを見抜いたフィチームは、この島から脱出するには船を使うしかない、と船着き場に来ていた。出航直前の船をリタのタイダルウェーブで足止めしている間にジーニアスチームも合流。

船内にいたのはヴィクトルだった。ヴィクトルは、着ぐるみを渡すわけには行かない!と戦いを挑んでくるが、仲間たち(※ルドガーは都合により除く)の総力を結集しどうにか撃破。ヴィクトルは、娘にバーニッシュを見せてやりたかったと言うが、ロイドが「盗んだ物で娘が喜ぶと思うか!」と一喝すると、負けを認めて去って行った。

無事衣装も取り戻し、ルドガーと、ショーに参加することになったガイとレイヴンは振り付けの練習をしていた。そして本番前に実際の衣装を着てリハーサルをしようということになるが、ルドガーがバーニッシュの着ぐるみだと思っていたのは、バー・ニッシュ(本編にも登場するバーニッシュのパチもの)の着ぐるみだった。ヴィクトルがすり替えたのか…その後3人の行方を知るものは誰もいなかった。(終わり)

18:40 テイルズ オブ エンターテインメント ニュース

例年の「最新情報コーナー」。まさか昨日以上の絶望があるとは。

  • TOVリマスター発売決定

これについては新しい情報は無し。ユーリ、レイヴン、リタが登壇しましたが、「俺は本編ではあんなにやれやれ言うキャラじゃない」「俺も本編ではもっとかっこいいから!」「リタも天才魔導師なので」と、最近のフェスティバルでのキャラ設定に言いたいことがある様子(笑)

  • TOV10周年記念イベント開催決定

9/16開催予定。なんとメインキャスト9人が全員参加です!マジか!ということは宮野氏もくーさんも綾姉さんもちわちわも来るってことですよね!これは行くしか!行くしか…

9/16は例年の海外旅行中だorz いや、まだキャンセルは効くはずだし、ここはヨーロッパ9日はやめて、東京2日+もうちょっと近郊6日くらいにすべきか?これがTOV以外のオンリーイベントなら迷わず旅行に行くところですが(TOPオンリーなら迷わずイベントに行く)、ぐぬぬ…悩む…

  • アニメイトカフェ(池袋・名古屋)でTOVコラボイベント
  • サンリオピューロランドとコラボ

今年はサンリオから「バッドばつ丸」が応援に駆けつけてくれました-!…誰?いや、名前くらいは知ってるけど、どの世代に刺さるキャラなのこいつ?

…って終わった-!もうだめだ…唯一楽しみなTOVオンリーもあの体たらく…この一年何を楽しみに生きればいいのか。

19:20 テイルズ オブ ライブ

久々にmisonoのライブ。相変わらずの自虐MC。エゴサーチしない方がいいと思うよ。でも歌唱力はさすが。

  • 二人三脚(TOS-R主題歌)
  • そして僕にできるコト(TOS(PS2版)主題歌)
  • Starry Heavens(TOS(GC版)主題歌)
  • with you(RM3主題歌)(BACK-ONとコラボ)
  • テイルズ主題歌カバーサビメドレー(L/R/X/X2/G)
  • ホ・ン・ト・ウ・ソ(TOS(OVA世界統合編)OP)
  • VS(TOT主題歌)
  • Tales…(TOFの事実上のEDテーマ)

misonoさんのテイルズ楽曲全部出ましたね。毎年聞いてるそして~やStarryはともかく、ホ・ン・ト・ウ・ソやVSはさすがに歌詞忘れてたわ。

20:00 エンディングステージ

今日はステージが盛り上がりましたね。バラエティコーナーはどうなるかと小野坂氏は心配していたようですが、大爆笑の神展開でした。特に森永さんの逆才能は声優業以外のどこかで生かすべきだと思いますw

あと浅倉さんの名アシスタントぶりが光ってました。小野坂氏がボケたらすかさずツッコむ、他の出演者がボケてもやんわりツッコむ、誰もボケない時は自らボケるとベテラン並みの采配でした。

あと昨日の初出演組が若干なじめてなかったので、今回の折笠さんのことも心配していたのですが、杞憂でしたね。というかあんなにノリの軽いお方だったとは。世界名作劇場、大好きでしたよ。

そしてキャストの皆さんがはけたあとに、突如モニターに「テイルズオブシリーズ 家庭用ゲーム最新作 鋭意制作中 乞うご期待!」の文字が。場内は一気に盛り上がりyukkun20もテンション上がりましたが、これ結局0回答じゃねーか!あと2年は新作出そうにないな…

20:15 終演

カゲナレはスレイとミクリオ。ナマステのことはもう忘れてあげて。


2018-06-16

【イベント】TOF2018 16日公演 レビュー

午前中は秋葉原に行って、シュタゲグッズを大量買いしてきました。帰ってからレビューします。

あとキュービックプラザでキャンペーン絵はがきもゲット。

16日公演

開演前

14:20 会場に到着。ちょっと早めに行きましたがいいくらいでした。

14:50 10分早く開場。雨が降りそうだからでしょうか。

15:05 入場。S席で、ステージの真となりという何ともいえないポジション。

15:30 アニスとナタリアのカゲナレ。昨日のステージのアニス役もさすがでしたが、モモーイはやっぱりはんぱないわ。そのままいつもどおりOP集。

16:20 シャーリィとクロエのカゲナレ。クロエが男性キャラを名字で呼ぶという設定を今思い出した。スレイとミクリオ(名字がない)呼ぶときどうするんだろ?

16:30 スペシャルスキット 対決!遺跡船で眠る宝を探せ

今日はTOLの舞台となる遺跡船へ、セネルたちが友人たちを招く日。セネルは昨日もてなし用のパンを焼いていたからか眠そう。ついつい道ばたで眠りこけてしまう。やってきたシャーリィとクロエはセネルを起こそうとするが、セネルはなかなか起きない。最後は観客の力を借りてどうにかたたき起こした。

観客が「セネルー!」と叫ぶ演出だったのですが、セネルがなかなか起きずあまつさえ「もっと艶やっぽく起こして」と注文がうるさい。

そうこうしているうちに、ルーク・ナタリア・アニスが船で到着。またスレイ・ミクリオ・エドナも船で到着。

毎年やっている「なんで私たち見えているのかしら?」の下りが面倒くさいとカットされました。

一方レアバードでやってきたロイドとゼロスは森に不時着。洞窟を進んでいくと、巨大な宝箱が置いてあった。開けてみると中には宝の地図が。偶然近くにいたジェイと合流し、二人は町に向かう。

全員そろうと、話題はロイドたちが見つけた宝の地図に。地図は2枚あるので、遺跡船の探検もかねて、2チームでどちらが早く宝を探せるか競争することになった。

赤チームになったスレイ、エドナ、セネル、ゼロス、シャーリィ、ナタリアは、宝のある場所に看板が立っているのを発見する。妙に新しいその看板には、闇を呼ぶようにと書かれていた。観客のペンライトを消せばいいことに気づいたエドナは、観客にかわいくおねだり。

土の神殿での「エドナにちょうだい♪ おじたまの♥ は~や~く~♥」「おじたま~ん♥ ワタシ我慢できないの~♥♥」を彷彿とさせるこびっぷりに大歓声でした。福圓さん、今日はいろいろ吹っ切れたな。

謎を解くと魔物が大量に出現。そのピンチに、突如アッシュが現れ敵を一掃する。ナタリアといい感じになったが、そのままアッシュは去って行った。敵を倒した後には、青い宝玉と地図が残されており、一同は次の目的地に向かう。

一方白チームのミクリオ、クロエ、ロイド、アニス、ジェイ。いつの間にかルークがはぐれていたが、地図に書かれた場所には何もなかった。アニスが、ここに来る途中で赤い宝玉を発見したが、罠っぽくて手を出さなかったと言っていると、脳天気に宝玉を回収したルークが現れる。

もちろん、「俺は悪くねー!」の出番です。8回はやり過ぎだろ!

予想通り大量の魔物が現れるが、今度はクラトスが現れて敵を全滅させる。

シークレットゲストの立木さん登場には驚きました。今日のシークレットは鳥海さんだと思ってたので。

地図をたどってきた赤チームとも無事合流。二つの宝玉を見たクラトスは、その宝玉を回収する仕事を請け負っているといい、力ずくで回収しようとしたため、ロイドたちと戦いになる。

まあ数の暴力で退けると、またも宝箱が出現。そこにはキュッポからの手紙が入っていた。

最初はクラトスが普通に読んでいたのですが、「キュッポはもっとかわいいんです!」(※キュッポは二足歩行のラッコみたいな生き物)と言ったため、立木さんが悪のりしてめっちゃかわいらしく読み始めて大爆笑。さすが立木さん。キャラ崩壊などなんのその。

要するに、魔物退治とアトラクションをかねて、宝玉探しをセネルたちにやらせたと言うこと。ジェイとクラトスも計画の一部を知らされて協力していたのだった。無事イベントは成功に終わり、キュッポからの報酬「ロイヤルホタテパンのレシピ」を受け取った一同は、パーティ会場に移動する。アッシュも誘いたかった…というナタリアに、セネルたちはナタリアがパン作りを勉強して作ってあげればいいと提案するが、それを聞いたルークとアニスは青い顔をするのだった(ナタリアはメシマズ)。

17:30 スペシャルトークショー

一応オープニングトークを挟みつつ、そのままトークショーへ。

セネル(鈴村健一氏)…今まで同様、レジェンディアのPRに余念がありません。今日もよろしくレジェンディア。

クロエ(浅野真澄さん)…あでやかなドレスでした、この方美人ですよね。セネルから人を刺す人と紹介されてがっかりしてました。

アニス(桃井はるこさん)…コケティッシュ?な格好で登場。桃井さんらしいいつものキャラでしたけど、まんまアニスじゃねーか!

ナタリア(根谷美智子さん)…ねやピーはこういうイベントに登場することは珍しいとのこと。何度もオファーがきたのでついに出てくれたそうです。この方もお美しい方でした。昔神谷浩史氏がご執心だったのも分かるわ。

クラトス(立木文彦氏)…過去の人気投票で上位にいたことを懐かしく思い出してました。そういえば最近あんまり上位には来てない感じがしますね。

ミクリオ(逢坂良太氏)…久しぶりのスレイとの共演でしたが、相変わらず服装がラフすぎる!といじられてました。

スレイ(木村良平氏)…「どーも、キムラスカ良平です。よろしくレジェンディア」と全方向に隙の無い媚び(※キムラスカはアビスに出てくる地名で、ナタリアの名字の一部)。

18:00 「テイルズ オブ」名シーンカムバック

今回は出演者が偏っているので、それぞれの作品の名場面を振り返りつつ生アフレコします。あと当時の思い出話なんかも。

シンフォニア

「二人の父親」(クラトスとダイクが協力して契約の指輪を作るシーン)

ロイド役の小西氏はオークションで選ばれたようですが、当時おじさん役が多かったので本人もびっくりしたそうです。

レジェンディア

グリューネ編「決戦前夜」(単身出撃するグリューネに仲間たちが合流するシーン)

古すぎて記憶が曖昧なせいで、思い出話がずいぶん雑でした。鈴村氏は当時からクロエ一押しだったようです。あと他作品と違い、一切移植されていないことを鈴村氏が嘆いていました。…あれ、TOL移植発表あるんじゃないの??

アビス

「アッシュの戦い」(ルークに敗北したアッシュが、敵を単身食い止めるシーン)

「届かなかった告白」(最終決戦後、仲間たちがルークに別れを告げるしシーン)

鈴木氏がアッシュとルークを同時に演じ分けているのを知ったみんなが「野沢雅子さん並じゃん!」と驚いてました。DBか。

ゼスティリア

「ミクリオとの神依」(スレイとミクリオとの初神依シーン)

木村氏は元からテイルズが好きだったらしく、「シンフォニアもアビスもゼスティリアもプレイしてます!」と言ってました。…あれ?

18:40 テイルズ オブ エンターテイメント ニュース

例年の「最新情報コーナー」。頼むぞ…頼むぞ…

  • アスタリア、TOTRの今後のイベント情報
  • いつもの茶番劇

今回は、「オタオタを倒せ!」ということで、オタオタの絵が貼り付けられたかごに玉入れの要領で玉を入れるというイベント。小西氏、鈴木氏、福圓さんが1分で30個入れれば最大数のバラまきがされる予定。

開始の合図がなった途端、ロイドがかごを倒し、その間に小西氏と福圓さんが全ての玉を押し込みゲームクリア。だってオタオタを倒せって…って白々しいわ!

  • テイルズ オブ ホームルーム
  • テイルズオブツアー第2弾開催決定
  • テイルズオブ屋形船 企画中
  • オーケストラコンサート 10/6(土)にパシフィコで開催

今回はシリーズ楽曲だそうです。しかも週末だー!今年も行きたい!

…ってこれで終わり?TOLリメイクの発表すらなかったし、一応明日に期待しますけど、多分だめだろうなぁ。仮にマザーシップタイトルの発表があるなら、2日目まで引っ張る意味ないもん。そしてTOPリメイクの可能性もほぼなくなったわー絶望した!

19:15 テイルズ オブ ライブ

椎名豪氏のライブ。

  • Rising Up(TOZ)
  • 伝説の巫術師
  • バトルアーティスト
  • 鳥は鳴き、僕は歌う
  • 進軍
  • ステラ
  • 蛍火(以上TOL)
  • 競うのは地の誉れ(TOZ)
  • CRADLE OF CRYSTAL(TOTR)
  • 光る闇(TOWRU)
  • Journey’s End(TOZ)

Rising Up、蛍火、Journey’s Endなどなんという俺得選曲でした。しかもボーカル付でありがたい。オーケストラコンサートとはまた違った迫力がありましたね。椎名氏も押しも押されもせぬ作曲家になられたなぁ。

20:00 エンディングステージ

今回は出演者の方にまじめな方が多く、いつもに比べると落ち着いた雰囲気でした。根谷さんや浅野さんなど、初出場の方がなかなかなじめていなくて大変そうでした。

そんな中、鈴村氏と小野坂氏の掛け合いはすばらしかったですね。鈴村氏が隙あらばボケ倒すので、今日は小野坂氏がひたすらツッコんでました。今日は立木氏も含め、ベテランの力業がいろいろ光る回でした。

しかしTOLのリメイクは今年じゃなくてもいいけどしてほしいですね。思うに一度も移植されていないマザーシップって、TOX以降の新作を除くとTOLだけじゃないですかね…さすがに今からPS2を買うのはつらすぎる。特にレジェンディアは、ストーリーは高レベル、バトルはアハハな出来なので、移植じゃなくリメイクすれば名作になると思うんですよ!

しかし予想されていたTOL関係の発表もなかったし、これマジでやばいんじゃね?明日頼むよマジで。

20:15 終演

カゲナレはロイドとクラトス。久々の親子の会話でした。


2018-06-15

【イベント】TOF2018 15日公演 レビュー

これはマジでTOPリメイク来るんじゃね?

テイルズ オブ クレープショップ

今回は物販でほしいものは特にないため、気になるアイテムを売っていた「テイルズ オブ クレープショップ」に行きました。

09:20 さすがに平日だけあって、土日とは人の量が違います。物販列も断然短いですし、クレープショップに至っては50人くらいしか並んでいませんでした。雨が降りそうだったので近くのコンビニで傘を購入して列に並びます。

10:00 雨がけっこう降ってきました。お店はいわゆるワゴンショップで、飲食スペースはありません。商品を受け取ったら近くのスペースで立ち食いのようです。

11:00 ようやく購入。クレープは3人ほどで作っているらしく、結構時間かかりましたね。まあ許容範囲。僕がほしかったのは、TOBコインチョコ。コインチョコ10枚で1500円となかなかの価格ですが、ほしいのはおまけの「真鍮製レプリカガルドコイン」。yukkun20はコイン収集も趣味なのです。個人的には、表にマーテル、裏にダオスが彫刻された「カーラーン金貨」もグッズ化してほしいところです。

それだけではなんなので、「ユーリ特製!?リオンも大好き殿堂入りプリン・アラモードクレープ」(700円)も購入。現場で焼いているだけあって、結構クオリティが高く、700円なら全然OKのレベルでした。

おまけのユーリ/リオンとエドナ/アイゼンのクリアファイルもゲット。

キュービックプラザ新横浜

新横浜駅隣接のキュービックプラザ10階でパネル展示をしていたので、見学に行ってきました。去年も行ったので、まあ儀式みたいな物です。

入り口にはキービジュアルパネルが。去年はこの奥のスペースにキャラパネルがあったんですよね。

…今年はないみたい(調べて行けよ)。

テイルズオブオプレミアムストア

さらに駅のすぐ東にあるプリンスぺぺの特設ショップに行ってきました。

しかし!目当てだったTOPのアクリルバッジが売り切れていて絶望した!いや、TOPの人気が高いのは喜ぶべきなのか…

その代わり、トラベルタグを売っていました。久々のアーチェさんグッズだー!

ちなみに、トラベルタグはTOLバージョンもありました。…これ、やっぱり今回TOLとTOPに関する重大発表来るんじゃない?

2日公演

開演前

17:20 会場に到着。雨も上がりました。

18:00 開館。今日はキャパも少ないので、手荷物検査もありましたが10分ほどで入場できました。今回は席の区分がありませんが、ステージの正面で見やすかったです。舞台はやっぱりモニターじゃなく直に見たいですしね。

18:15 カゲナレ。ナタリアとアッシュ(どちらも声優ではなく役者さんの方)。今年はOPムービー集はなく、昨年公演のBDに収録されている、「最後の預言」のメイキングVTRが流れました。演劇にあまり興味が無い自分でも見ていて面白かったです。演劇もやっぱり総合芸術なんですね。

18:50 再びナタリアとアッシュのカゲナレ。

19:05 テイルズ オブ ザ ステージ ローレライの力を継ぐ者

最初にルーク、ティア、アニスによる前説。今回は観客参加型ということで、観客も叫んだりライト振ったりといろいろすることがあるようです。…コンサートライト買ってないわ。しかし3人が暴走気味に話を展開し、さらに子安(ジェイドの中の人。声のみ)も絡んだせいで前説が長くなってしまい、ついにアッシュが「長いんだよ!」と乱入して本編スタート。

で、今回はアッシュが主役の物語ということですが、どちらかというと、「8,9月に行われる本公演のプロモーション」兼「ファンサービス」の側面が強く、コメディ部分が多かったです。ストーリーも、本編でアッシュが絡んだ場面を切り出したような構成で(間はナレーションでつないでいるが、はしょりすぎなのであくまでアビスを知っている人向け)、ストーリーの説明が難しいので、以下箇条書き形式で。

  • 誘拐されたアッシュ(本当のルーク)が脱出して実家に戻った時の出来事
  • 7年後のナム孤島。アッシュはヴァンの命令で、「漆黒の翼」の本拠地を訪れ、首領ノワールを逮捕しようとする。しかしノワールは、ヴァンがアッシュのいない間に導師イオンを探していることを伝え、アッシュはヴァンの目的に疑問を抱く。

ノワールの衣装が妙に露出が高い!

  • エンゲーブでのルーク・ティアとアニスの出会い。

ルークが味噌を買いに行かされたので、伝説の「ミソくれよ」が出るかと思いましたがそこはスルーでした。

  • ダアトで六神将集結。

ディストは、原作では空飛ぶイスに乗って移動するという設定ですが、さすがに舞台は歩きだよな…という一般の予想を覆すまさかのバランスボード(セグウェイの持ち手がないやつ)で登場。しかもめっちゃ器用に動きまわっていて驚き。

  • ザオ遺跡でのルーク一行VS六神将。

ルークとアッシュが同時に同じ技を出して戦う場面がかっこよかった。

  • アクゼリュス崩落後、アッシュはルークがレプリカであることを明かして罵倒。ナタリアはアッシュの正体を知り、そのことに気づかなかった自分を責める。
  • ワイヨン鏡窟の調査に来たアッシュ、ナタリア、アニス、ガイ。ガイは、「本物のルークはおまえだろう。けど俺の親友はあのバカの方なんだよ」と行ってパーティを離脱。

ここゲームでも印象深いシーンです。ガイとルークの関係は、主従でもあり親友でもあり○○でもあるんですけど、ここは本当に「親友」らしい場面です。

  • しばらく進むとセーブポイント。体力が減っていたアニスはこれでHPが回復できる~と喜ぶが、そこにあったのはHPが回復する緑色のセーブポイントではなく、回復しないセーブポイントだった。そのまま進んでいくと敵に急襲され、あえなくゲームオーバー

ティアが全滅のナレーションを読むためだけに出てきて、笑いを誘っていました。アニスが「裏の人」に泣きを入れて、先ほどのセーブポイントから再開。展開メタすぎ!

  • ルークの断髪。
  • キムラスカに向かうためにケセドニアに来た一行。国境に建つ酒場を通り抜けようとすると、ノワールに邪魔をされる。

何とか通してもらえることになるが、そこへグラサンをかけ、ストリートファッションに身を包んだヴァン、リグレット、アリエッタが登場。ヴァンが昨年を彷彿とさせるキレッキレのダンスをまたもや披露。完全にそういうネタでこれから行くつもりか(笑)

そしてそこに鈴木千尋氏(ルーク・アッシュの中の人)が登場。ルークやアッシュのものまねをしたあげく、アビスに深く関わる謎の存在と主張して秘奥義撃ったりジェイド(子安)を呼び出したりとやりたい放題。最後は宣伝大使として、夏の本公演のCMをしていきました。なんだったんだよ(笑)

  • バチカルでナタリアの出生の秘密が明かされる。命を狙われるナタリアたちだが、アッシュとノワールの介入で無事に脱出、
  • フェレス島廃墟でリグレット、ラルゴ、アリエッタが悪巧み。
  • シェリダンで、ルークたちはバチカルに戻ることを決める。不安を抱えるナタリアを、そこに現れたアッシュが優しく励ます。
  • ザレッホ火山で、ヴァンの命を受けたシンクがルークたちと交戦。自分の正体を明かし、火口に消える。

今回はイオンとシンクは一人二役でしたが、全然違う演技で驚かされました。ゲームでも大谷育江さんがハイレベルな演じ分けをしていましたが、それに迫る勢いでしたよ。

  • アッシュはヴァンと決別し戦いを挑む。ヴァンを追い込むが、隙を突かれて倒されてしまう。しかしそこに乗り込んできたルークたちがヴァンを倒す。
  • ヴァンは死んではいなかった。アッシュはローレライの声を聞き、ローレライの鍵を手に入れる。

ここで終了でした。原作に登場しないオリジナルストーリーが展開されるのかと思っていたので、原作シーンばかりだったのは少し期待外れ。しかしコメディシーンもよくできていて、ファンサービスと考えればよくできていたと思います。メタネタも多いので人は選びそうですが、少なくとも僕は好きですよ。

あと、去年は一部の演者の滑舌が気になりましたけど、今年は全然気になりませんでした。さすがはプロの底力でした。

20:45 スペシャルトーク

おなじみ名越アナと鈴木氏をMCにしたキャストのトーク。

前半は主人公PT+ヴァン、モース。やっぱりヴァンのダンスの尺ががっつりあったのは昨年の人気?を踏まえてのことだったんですね。本公演も期待できそう。

そして残念ながら今回出演がなかった、ジェイド役の俳優(高橋駿一氏)のVTRメッセージもありました。

後半は六神将+ノワール。こちらは今年から参戦した方が多いですが、皆さんクオリティ高かったです。特にディスト、アリエッタ、ラルゴはいろいろ極端なキャラですけど、うまく3次元に落とし込めていたと思います。

最後に、本公演では新キャラとして「少年アッシュ」が登場することが発表され、藤島先生がデザインしたキャラクターイラストが公開されました。

21:30 終演

カゲナレは再びナタリアとアッシュ。もうおまえら結婚しちゃえよ。

終わった後、物販ブースをのぞいてみたら待ち時間0分だったので、マルチカラーライトとエドナのメタリックチャームを購入。ほかにも開発中のアイテムが展示されてました。…TOPグッズ結構あるな。

今年も大満足のステージでした。本公演も大阪に観に行きたいですね。明日先行発売のチケット買っておこう。


2018-03-03

【イベント】アミューズメント一番カフェ『テイルズ オブ』シリーズ 2018春 レビュー

珍しく近くでも開催していたので、アーチェさんグッズ目当てに行ってきました。

アミューズメント一番カフェ『テイルズ オブ』シリーズ 2018春

と言っても普通のカフェで開催されていて、コラボメニューが何種類かあるという感じですね。今回はもちろんアーチェさんグッズ狙いです!

セットはこれです。ドリンク1個、缶バッジ(ランダム)、ペーパーコースターの3点セットでお値段750円。いくらなんでも高すぎぃ!yukkun20もけっこうなテイルズファンですけど、アーチェさんグッズじゃなかったらこの値段では手を出しませんからね!?

ちなみにドリンクはピーチサイダーです。yukkun20は炭酸は基本的に飲まないのですが、ピンクにあやかって…

まずは缶バッジを開封。…一瞬誰かと思ったのは秘密です。TOLの主人公・セネルですね。今年のTOFでリメイクの発表あるといいですね。

そしていよいよ運命のコースターを…

運命は運命でもそっちの運命デスティニー家族かよ!(上手いこと言っちゃいましたかね?)

というわけで、野郎3人の散々な結果に終わりました。いや、カイルの後ろにルーティが小さく写ってるからギリギリセーフか?

というわけで残念な結果になりました。また機会があれば挑戦したいと思います。


2017-11-26

【イベント】らんま1/2カフェ@心斎橋161 レビュー

仕事で神戸に行っていたのですが、少し足を伸ばしてみました。

らんま1/2カフェ@心斎橋161

レビュー

会場はこちら。

心斎橋駅のすぐ近くにあります。今日は(昨日も含めれば)4連休だからなのか、人通り多かったですね。

午後1時30分頃に行ったのですが、会場には約100人程度の行列が出来ていてびっくりしました。結局入店まで1時間半ほど待たされましたね。作品の性質上、自分と同年代の人が多かったように思います。親子?で来ている人もいました。

店内に入るまでの階段にはいくつかパネルが展示されています。このカットだけでエピソード思い出せますね。年の数茸だっけ。

店内には高橋先生のイラストパネルがいくつか飾られていました。店内はコラボカフェとは思えない広くて清潔ですっきりした店内でちょっと驚きましたね。

乱馬とあかねの恋愛エピソードとして名高い「伝説の道着」エピソードに出てきたベンチ。店員さんが席に案内してくれる時に、「こちらに座って写真を撮ることも出来ますけどどうされますか?」と聞いてくれました。恥ずかしかったので断っちゃいましたけど、あとでこっそり撮影。カップルで行く人はちゃんと女性をひざの上に載せてあげればいいんじゃないかな!?

各席に置いてあるペーパーランチョンマット。お持ち帰りOKです。右端のレンゲは別に購入したもの。

コラボメニュー「召しませ!猫飯店の五目ラーメン」。一応猫飯店を模しているというコンセプトなので、これは注文しないわけには。店員さんがおかもちに入れて持って来てくれます。わざわざ写真撮影用におかもちを置いて帰ってくれるサービスに感動。味も結構良かったです。ちょっと高級な冷凍食品レベル(一応褒めてます)。

コラボメニュー「お好み焼き屋「うっちゃん」のお好み焼き」。実はコラボカフェの発表があった時は別のメニューを食するつもりでしたが、鶴ひろみさんの件があったのでこちらにさせて頂きました。上の文字は3種類ありますけど、これはうっちゃんが良牙とあかねをくっつけようとしたエピソードに登場したやつですね。原作ではマヨネーズでしたが、これはデンプン?か何かで作った薄い膜の上に文字がプリントされていました。大きさの比較対象がないので分かりにくいと思いますが、直径10~15センチくらいあります。

コラボメニュー「早乙女玄馬の和風甘味プレート」。白い部分は綿菓子、黒い部分は最中です。左のヤカンにはほうじ茶が入っています。このヤカンのデザインも憎いですね。らんまではおなじみのアイテムです。

ほうじ茶をかけて綿菓子を溶かすとこんな感じになります。中には抹茶とバニラのアイス、白玉、あんこ、クリーム、グラノーラ的なものが入ってます。見た目通りの味ですが結構おいしい。ちなみに中に入っている玄馬は最中ですが、「どうも!父です」は紙ですので食べられません。(ちなみに裏には「しまったパンダはしゃべれない」と書いてある)

本日の戦利品。クリアファイルとキーホルダーです。キーホルダーはガチャなのでがらは選べませんが、一発であかねを引き当てたので即撤退。物販コーナーではカフェ限定アイテムの他に、コミックスやキャラソンCDなども売っていました。らんま以外のルーミック作品関連グッズも少々ありましたよ。

というわけで、コラボメニューのクオリティも高く、味も美味しく、お店の雰囲気も良く、店員さんのサービスも言うことなしで良かったですね。これまで行ったコラボカフェの中でも一番良かったかも。らんま1/2の根強い人気も感じることが出来ました。

あーBD-BOXほしいんだよなぁ。もう何年もAmazonの「あとで買う」に入れっぱなしになっています。でもあれTVアニメ3巻+劇場版を全部そろえると13万するんだよ…さすがに気軽に手を出せる価格じゃないです。


2017-11-12

【イベント】「らんま1/2」30周年記念 ミュージアムショップ レビュー

たまにはアニメイトでも寄っておくか…とおもったら偶然遭遇。ちなみにyukkun20は結構な高橋留美子ファンです。特にらんまとうる星やつらが好きです。

「らんま1/2」30周年記念 ミュージアムショップ

レビュー

詳しい告知はこちらをどうぞ。

[らんま1/2]30周年記念ミュージアムショップを開催!|WEBサンデー

アニメイト池袋店の3Fの一角にコーナーがあります。一番奥には猫飯店を模したパネルが設置されています。猫飯店だけど猫飯店と関係のあるキャラが1人しかいないのは秘密だ。

その近くには複製原画が展示されています。どのイラストも懐かしいなぁ。画集持ってたはずだけどどこにしまったっけ。

ちなみに連載当時の関連グッズも展示されていましたが、そちらは撮影禁止でした。

また関連商品を1000円購入するごとに、イラストカードがもらえるのですが、すでにキャンペーンは終了していて残念。

おまけ

実はアルトニアにも行ったのですが、なんだかめちゃ混みですでに当日のカフェ入場券は売り切れていました。やむなく物販のみ利用しました…が、KH15周年記念なのになんでKHのグッズはないの?ディズニーの陰謀??

当日の戦利品。(ペルソナ5カフェ含む)

  • コースター(一番左)…ペルソナ5コラボメニューについてくるコースター。ブラインド。
  • ミニファイル(その右)…ペルソナ5コラボカフェで販売していた描き下ろしイラストのみにファイル。ブラインド。一番好きな春が引けたので満足。
  • ミニ色紙コレクション(中央)…全12種(ブラインド)、しかも隣同士に置いてあったのを2枚購入したのに奇跡のシャンプーかぶりで絶望した。
  • でっかい★ラバーストラップ(その右)…ゴム製の大型ストラップ。らんま1/2バージョンとうる星やつらバージョンの2種類。これは高橋先生ではなく、イラストレーターのせきやゆりえさんのイラストが元になっています。
  • キーブレードキーホルダー(その右上)…アルトニアで購入した、キーブレードを模した金属製のキーホルダー。いくつか種類がありますが、これは「約束のお守り」。いつか「過ぎ去りし想い出」も購入してペアにしてあげたいですね。
  • ラバーストラップ(その下)…おなじみラバスト。らんまから3種、うる星から3種、犬夜叉から2種の「#A」と、らんまから4種、うる星から2種、犬夜叉から2種の「#B」がありました。両方1つずつ購入したら、まさかの主人公ヒロインペア。これはここでの先行販売だそうです。
  • うまるちゃんストラップ(その下)…アニメイトのガチャで購入。見えにくいですが干物妹うまるが寝転んでゲームをしているところです。

こういう昔の作品のグッズは、ここを逃すともう手に入らないのではないかと思ってついつい買ってしまいます。

しかし最近は昔の作品のアニメ化が流行っているようですし、そろそろらんま1/2の再アニメ化、あると思います!でもキャストそうなったら総入れ替えだろうなぁ…。オリジナルキャストでリメイクしたらいくら予算がかかるのか、考えるだけで恐ろしい。


2017-11-10

【イベント】ペルソナ5×プリンセスカフェ池袋新館 レビュー

先日上京した際に行ってきました。

ペルソナ5 × プリンセスカフェ池袋新館

レビュー

プリンセスカフェ池袋新館はこちら。

池袋のオタク街の一角ですね。雑居ビルであまり目立つ看板もないので、危うく通り過ぎそうになりました。

エレベーターで6階に上がると、いきなり物販コーナーがあります。グッズはほしいけどコラボカフェはちょっと…という方でも安心です。ここからは見えませんが、左手奥がカフェスペースです。

カフェスペースに入ると、右側はペルソナ5カフェ、左側は妖狐×僕SSカフェになっていました(特に仕切りなどは無い)。10席ずつくらいだったでしょうか。平日の昼間だったので、妖狐カフェの方にカップルが1組いただけでした。普段は女性向けのコラボカフェを中心に行っているようです。

中ではP5のPVが流れていて懐かしい気分にさせてくれました。発売からもう1年以上経つのか…

すいていたので、座席は自由にチョイスできました。PVが見える壁際の席を選択。デフォルメキャラのマットが敷かれています。

コラボメニューを2品注文。

左が「カロリーヌとジュスティーヌの対照デザートプレート」780円。チョコレートケーキとチーズケーキが載っていて、周囲にブルーキュラソーがあしらわれています。キャラは最中にプリントされているので、そのまま食べられます(これ自体は甘さがない)。ケーキは普通に美味しかったですよ。

奥がドリンクの「主人公/アルセーヌ」500円。アイスコーヒーです。本当は上にレッドカラントと、羽型のチョコレートが載っていてアルセーヌらしさを演出してるんですが、どちらも品切れ(一応代わりにチョコソースがかけてある)ということでただのアイスコーヒーになってしまいました。ざけんな。

右はおまけで付いてきたコースター。祐介とモナという微妙な結果に。

個人的にコラボカフェでは「キャラをイメージしたメニュー」より、「作中に登場する料理を再現したメニュー」の方が好きですので、選択を間違った感あり。

20分くらいまったりとして、その後グッズを購入して店を出ました。戦利品についてはまた別のエントリで触れたいと思います。

 


2017-11-07

【イベント】テイルズ オブ オーケストラ feat. テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス レビュー

テイルズ オブ オーケストラ feat. テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

時刻 旅の日記 写真
18:00 「テイルズ オブ オーケストラ コンサート」に今年も行くことが出来ました。「東京フィルのコンサートを年一で聞きに行ってます( ー`дー´)キリッ」って言ってもいいよね?

今年も本日の演奏のCDの予約を受け付けていました。昨年まで予約特典はチケットホルダーだったのに、今年からキャラが印刷されたカードになっていて激おこ。これならデジタル版を購入した方が…

Amazonでも予約始まってますよ。

19:00 開演。

例年あんまり座席に恵まれていないTOOCですが、今年は真正面でかなり前の方といういい席でした。下屋さんのお顔もじっくり拝見できましたよ。

 
 

曲目は以下の通り。

  • スレイのテーマ~導師~
    なんと3年連続で登場。オーケストラらしい重厚感のある曲に仕上がっていました。スクリーンでは今回のために描き下ろされたTOZのキャラたちのイラストとキャラ名が紹介されています(TOFのOPで流されるアレみたいな感じです)

ここで早速下屋さん…と言うかライラのナレーションが入ります。ライラ視点で見たプロローグからスレイが導師として覚醒するまでのあらすじ紹介ですね。途中かんでいたので生っぽいんですけど、ご本人のお姿は…?

  • 導師の伝承
    壮大な始まりを予感させる曲です。ゲームのプロローグの曲だったかな。スクリーンでは主にアニメ版の映像が流れてました。ここはプロローグのシーン。
  • 天族の杜 イズチ
    イズチのBGM。テイルズらしい、金管主体の重みのあるメロディです。もちろんスクリーンにはイズチのシーンが。確かアニメの曲のはず。
  • 聖剣祭
    聖剣祭に湧くレディレイクの街のBGM、穢れとの戦闘シーン、スレイの導師覚醒と3つの曲のメドレー。導師覚醒はスレイのテーマのアレンジになってますね。スクリーンの迫力ある戦闘シーンとのコラボが良い感じです。

再び下屋さんのナレーション、今度はTOBのプロローグの紹介です。そしてここで桜庭氏が登壇し、次の2曲のピアノを担当してくださいました。今年はインタビューがなくて残念。

  • 災厄のはじまり
  • Theme of Velnet
    TOBから2曲。Theme of VelvetはTOBの楽曲の中でも一二を争うくらい好きな曲ですね。今年はコーラスも入って泣けるわー。桜庭さんらしい曲調と思ってましたけど、パンフに掲載されていたインタビューでも「元々ぼく自身が持っている音楽性で作ることが出来ました」とおっしゃってましたね。

そしてここで下屋さんも登壇!ライラをイメージしたのでしょうか赤いドレスに身を包んでおられました。思ったより小さい!けど笑顔の素敵なお姉さまでした。そしてMinamiさんも登壇し、下屋さんが軽い紹介。

  • illuminate
    TOZX第2期OP。もちろん生歌です。情熱的に、時にしっとりと、時に激しく熱唱してくださいました。

20分休憩。

ライラのナレーション。今度は先代導師ミケルに呼びかける形でスレイとの旅路を語ります。オケのBGMも流れた…んですけど、下屋さんの声量の方が小さかったのでなれが聞こえないよー(´Д⊂ヽ

  • calling
    TOZX第1期ED。オーケストラに負けない伸びのあるヴォーカルが凄い迫力でした。

下屋さんからfhánaへのインタビュー。さらに次の曲の企画説明。CDにも収録されますと言ってからの物販案内に会場からは笑いが。

  • 風ノ唄
    TOZX第1期OP。今年はFLOWさんがいないので、会場のみんなで歌うことに。なんだか寒い企画だと思いましたが、意外と(失礼)盛り上がって良かったです。でも僕は男性ボーカルの曲はキーが合わなくて苦手です…

ライラのナレーション。アニメでもゲームでもポイントとなるティアマット戦に関するものです。

  • Rising Up
    個人的にはTOZでNo.2の名曲。アニメのティアマット戦の映像が流れました。アニメ版はスレイのピンチにアリーシャが従士として協力するというオリジナル展開が足されていて余計泣けるんですよ!もう一回アニメみなきゃ。もちろんAyeshaのヴォーカルもあります。

ライラのナレーション。デゼルとロゼの関係と、デゼルの最期について。

  • 風が育んだ二人の絆
    アニメ23話で流れたBGM。デゼルが大活躍したサイモン戦と、デゼルがロゼに別れを告げるシーン。静かなピアノソロが心にしみます。

ライラのナレーション。ラスボス戦とエンディングですね。
ここで椎名氏が登壇し、自身初めてと語るピアノに挑戦。

  • Journey’s end
    TOZで一番の名曲。この曲はもう何十回も聞いて歌詞もほぼ暗記するくらいだけど、今でも聞くと泣ける。歌詞の意味を考えるとミクリオの心情を歌ってるのかな?そういうこと考えるともうだめ。そしてラストバトルとエンディングの映像流すとか卑怯でしょ。

これでプログラムは終了ですが、もちろんアンコールもあります。

  • 流浪のザビーダ
    珍しくギター伴奏の入った、ちょっとウェスタンチックな曲。スクリーンにはザビーダ名場面が。おいしいところもっていくなぁ。それもまたザビーダ。
  • White Light
    TOZのOP。あれ、これが大トリかと思った。
  • INNOSENSE
    TOZX第2期ED。どちらかというとゆったりした曲が多かった今回の中で目立つアップテンポな曲。コンマスさんが大変そうでした。

そして再度アンコールが。

  • 「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」エンディング
    TOZXのエピローグで流れた曲ですね。アニメではスレイとミクリオの再開がきちんと描かれて良かった。「これが…世界!」のシーンで幕を閉じました。

最後に出演したみなさんが全員登場してご挨拶。

 
21:20 終演。
今年はTOZXメインということで、むしろ過去作リスペクトな自分が楽しめるのかどうか不安でしたけど本当杞憂でした。
特にボーカル曲が多かったのがうれしい。アニメやゲームで何度も聴いている曲は思い入れもありますし、懐かしさもあります。「Rising Up」と「Journey’s end」の2大名曲はいうまでもなく。

ゲストのインタビューが薄めだったのは残念でしたけど、ライラのナレーションも時系列に沿っていて分かりやすく、記憶を喚起するのに大いに役立ってくれました。司会なんていらんかったんや!(去年の日記を参照)

 
22:30 本日の戦利品。プレミアムチケットの特典アイテム。
左上からパンフレット、トートバッグ、マグカップ、タオル。去年と全く同じですね。いずれも非売品。パンフには桜庭氏と椎名氏のインタビューが載っていました。

というわけで今年も大満足な一日でした。指揮も3年連続で栗田さんでしたけど、今年はちょっと動きが少なかったような。でも茶目っ気のあるキャラクターは相変わらずで、今後もタクトをぜひ振っていただきたいですね。

これで3回目のテイルズオケだったわけですけど、そろそろBD化してくれてもいいんじゃないかなぁ。毎年後ろに流される映像も非常に良くできていますし、そこら辺もまとめて見たいのが本音です。バンナムさん、何とかお願いしますよ!

そして来年こそはシリーズの楽曲をやってほしいです。いずれにせよ必ず参加する所存です。


2017-09-01

【イベント】堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館 レビュー

テイルズ オブ ザ ステージ 大阪公演のついでに、堺市にあるアルフォンス・ミュシャ館に行ってきました。

《公式サイト》

堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館

会館について

会場は、JR堺市駅から徒歩3分の立地にあります。少し引っ込んだところにありますが、駅には大きなポスターがあるので迷わず辿り着けるでしょう。観覧料は大人500円とリーズナブル。

アルフォンス・ミュシャは、19世紀末~20世紀初頭にフランスやチェコで活躍した、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家です。主線のくっきりした、特徴的な絵は一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。現代で言うとイラストレーターというくくりになるかも。

建物の2階がエントランス、3階の半分と4階がギャラリーになっています。正直に言うと、日本のコレクションだしそんなに大したものじゃないだろうと高をくくっていたのですが、本場チェコで見たミュシャ美術館にも負けないくらいの作品が収蔵されていて非常に驚きました。「主の祈り」や「ウミロフ・ミラー」など、初めて見る作品も結構多かったです。

館内は撮影禁止ですが、3カ所撮影スポットがあるのでそこで写真を撮影してきました。この中で一番有名なのは3枚目の「夢想」でしょうか。僕は2枚目が好きなんですが。

ミュシャ自身のことはよく知らなかったんですけど、あまりに仕事が多すぎて、イラストの描き方をまとめたマニュアル本を出版し、他の人が技法を真似られるようにすることで仕事を減らそうとしたら、その本を見た一般の人から注文が殺到して逆効果だったり、また祖国のためにたくさんの仕事を無償で引き受けたりと、興味深いエピソードを知ることも出来ました。チェコのミュシャ美術館では日本語の解説は当然ないので、そのへんの知識が足りなかったんだ…

ミュージアムショップについて

公式サイトを見て頂ければわかりますが、こちらもかなりの充実度。特にA3ポスターがわずか540円で売られているのには驚きました。商売っ気なさ過ぎる…!個人的に好きな一枚「黄道十二宮」を買うかどうかかなり迷ったのですが、ポスターを抱えて移動するのはちょっと辛かったので、泣く泣くあきらめました。でもどうせまた行くと思うので、その時の楽しみに取っておきます。

代わりに「黄道十二宮」のクリアファイルと、「百合」の描かれた金属製ブックマークを購入しました。装飾も美しく、気に入っています。これが300円と1080円は本当にお値打ちだと思いますよ。この倍してもおかしくないですから。

そんなわけで、大満足の美術館でした。今滋賀県の佐川美術館でもミュシャ展やってるんだよな…そっちも行きたくなりましたけど、滋賀はちょっと遠いな。あー何で今年国立美術館でやってたやつ見に行かなかったんだー!バカバカバカ。


1 / 512345