2017-07-28

STEINS;GATE 0のアニメ化プロジェクト進行中!

待ちに待ってた知らせが来たわ。Ivanさんありがとうございます。

STEINS;GATE World Line 2017-2018 プロジェクト始動!|TVアニメSTEINS;GATE公式ブログ

詳しい内容はこちらのPVをどうぞ。

まずは情報解禁以来全然音沙汰のなかった、「STEINS;GATE 0」のアニメ化企画が進行しているようです。

と言ってもPVに新規素材はなさそうだったので、まだ作り始めた段階かな。放送は少し先になりそうです。

2017年10月から、「STEINS;GATE」のアニメ版が再放送予定です。

こちらも名作なので、まだご試聴になっていない方はぜひこの機会をお見逃しなく。ということは秋・冬にこのアニメを流して、2018年春くらいにゼロの放送かな。もしかするとまたもやサプライズがあるか…?(ELITEとの連動とか)

またSG0のコミカライズも決まりました。シュタゲのコミカライズは久しぶりですね。個人的にはドラマCDのコミカライズを担当された成家先生が好きでした。今回はどなたが作画担当なのかな?

それからノベライズ企画も出てます。ノベライズも久しぶりだなぁ。シュタゲ小説は全て購入しているので、今回も買うと思います。あのゲームをどう小説に落とし込むのか楽しみにしています。

しかしゲーム発売から2年半も経ってるのに急にあれこれ動き出しましたね。いいぞいいぞ。あとはウェブラジオが復活してくれれば言うことない。


2017-07-15

サモンナイトU:X 順調に制作進行中…かな?

最近ブログのネタにできるニュースが少なくて困ってます。こういうときにはゲームのプレイ日記を付けたいところですが、今プレイしているゲームがどれも日記に向いてないんだよな…

さて、サモンナイト4と5の間の失われた時代を描く、公式小説「サモンナイトU:X」ですが、前巻が昨年5月に発売されてから全く音沙汰がなく、まさかエター(未完で終了のこと)ではないかとやきもきしていたのですが、作者である都月先生のTwitterで

とあったので大丈夫ですかね。

小説が完結したら、SN6に収録されていたサモナイトリーフのスクショを使って、人物図鑑を画像付きのものにアップデートしたいんですよね。今年中に読めるといいなぁ。


2017-05-30

森岡先生の最新作キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!…じゃなくてキテタ━━━━Σ(゚д゚lll)

文春文庫から5/10に発売された「人工知能の見る夢は AIショートショート集」に森岡先生の作品が掲載されているみたいです!

これを見落としていたとは、先生のファンとして汗顔の至り。Amazonによると、

日本を代表するSF作家たちが人工知能を題材にショートショートを競作し、それを「対話システム」「神経科学」「自動運転」「人工知能と法律」「環境に在る知能」「人工知能と哲学」「ゲームAI」「人工知能と創作」の8つのテーマ別に編集、テーマごとに第一線の研究者たちが解説を執筆した画期的コラボ企画。“AI作家”の新作「人狼知能能力測定テスト」も収録。文庫オリジナル。

※上記リンク先より引用

ということですので、法律家としても気になるところです。早速購入し、旅行中に読もうと思います。


2017-03-12

キノの旅が2度目のアニメ化決定!

フィリスのアトリエ始めました。今回時間制限の縛りが結構キツいな…。でも雰囲気はいつものアトリエで安心です。リア姉こんなキャラだったのか。

さて、先日コミカライズが発表された「キノの旅」ですが、2度目のアニメ化が決定しました。

キノの旅 the Beautiful World TVアニメ化決定!!

電撃 – 『キノの旅』の新作アニメが制作決定。キノ役は悠木碧さん、エルメス役は斉藤壮馬さん

実は僕は第1期は見ていないので、今回のアニメ化は新鮮な気持ちで楽しめそうです。悠木碧さんが演じるキノにも超期待。しかしこの小説800万部も売れてるんですね…すごいや。


2017-02-19

キノの旅がコミカライズ&オーディンスフィア新フィギュア発売予定

V3のキャラ育成ですが、結構適当にやっても1人当たり15分くらいかかります。でもSN6と比べたら全然セーフか…と思う自分がいる。

さて、キノの旅がコミカライズだそうです。あー以前電撃でやってたよねーと思ってましたけど、あれアリソンだった。

電撃文庫で発表されている小説のコミカライズが講談社でコミカライズって、どういう力学が働くとそうなるのかちょっと気になる。

初期キノっぽいデザインです。最近のキノはすっかり女の子っぽくなってますからね。…僕は断然今キノ派だということをお伝えしておきます。


それから、オーディンスフィアの新フィギュアが発売予定です。

これ、よく見ると宙に浮いているんですよね。どうやって浮いているのかと思いましたけど、普通に後ろから棒で支える構造でした。

小さい画像で見ると表情がちょっと微妙ですが、拡大してみると全然可愛いです。ぜひリンク先をご覧ください。

メルセデスはよ。


2017-02-15

森岡先生の「突変世界」 書評が週刊ダイヤモンドに掲載されてます

森岡先生の最新単行本「突変世界 異境の水都」の書評が週刊ダイヤモンドに載っているという噂が!

既にバックナンバーになっているので、デジタル版を購入してきました。

300字くらいのごく短い書評でしたけど、文芸評論家の北上次郎氏が褒めてくださっていたので嬉しかったです(僕はどういうポジションの人間なんだ

それだけではあまりに支払った690円がもったいないので、他の記事もぱらぱらと読みましたが、「大人のための最先端理科」が面白かったです。整数論と幾何学の関連について分かりやすく述べられた記事でした。僕の経験上、数式と幾何学を頭の中で融通できると、数学や物理の理解が飛躍的に進むと思います。こういうのもっと中学~高校教育で教えた方がいいと常々思ってるんです。思ってるだけですけど。


2016-11-15

森岡先生の2年ぶりの新作単行本情報! 今年中に出ましたね!

森岡先生の最新単行本「突変世界 異境の水都」が、徳間文庫から12/2発売予定です!

「突変」シリーズの最新作、前日譚を描いたもののようですね。森岡先生ありがとうございます!

そういえば今年の初めにあったトークショーで、

  • 頭の中には3部構成の本編がある。それぞれ「星空の彼方の真実」「笛吹きどもの大地」「とある時空」(?)。「突変」は第1部と第2部の間の話。
  • 本編は全宇宙的な災厄が進行しているというストーリー。第1部は大阪のおっちゃんが原因を見つける話。第2部はごにょごにょ。第3部で宇宙滅亡。
  • 第1部と第2部の間は20年余、第2部と第3部の間は約100年開いている。
  • 次は「星界の戦旗」になる予定だが、「突変」の方が先になるかも。徳間書店は勝手に「突変」を秋頃出す予定にしているとのこと。

っておっしゃってましたね。

[関連記事]【イベント】池澤春菜&堺三保のSFなんでも箱#27(森岡浩之先生ゲスト回) レビュー | Y.A.S.

ということは並行して制作されている星界の最新作ももう佳境に来ている!?と勝手な妄想を膨らませつつ、楽しみに12月を待とうと思います。また発売記念のトークショーやってくれないかなぁ。池澤さんお願いします!あと突変はAmazonではあまり評判良くないですけど、面白いですよ。

[関連記事]【小説】突変 レビュー | Y.A.S.

あと大阪が「水都」って呼ばれていることを今回知りました。


2016-09-28

信長の忍び&キノの旅 最新刊情報

帰国以来風邪気味です。でもそれを人に言うと、「遊んできたくせに病気とか甘え」って言われるので黙ってます。

さて、先日アニメの紹介をした「信長の忍び」ですが、最新巻10巻が明日発売です。

信長包囲網のキーパーソン、浅井長政といよいよ決着の時。そして長政に嫁いだ信長の愛妹のお市は?大人気戦国4コマ、10巻もギャグいっぱいです!

※上記リンク先の作品紹介より引用

という、どう考えてもギャグにしている場合ではないシチュエーションですが、重野先生がこのシーンをどう描いているか楽しみです。特に髑髏を盃にした件は…

それから、今年もキノの旅の最新巻が出ます。こちらは10/8発売予定。

毎年こうやってコンスタントに本を出せるのはさすがです。あれ、そういえば今年の秋頃には森岡先生が新刊を出すって言っていたようないなかったような。


2016-06-29

いつかアーヴ語のオフィシャルな文法書も出てほしいですねぇ。和天辞典とかでも可

星界シリーズに登場する、森岡先生が考え出した人工言語「アーヴ語」の会話を収録した動画が評判になってるみたいです。Ivanさん、ご紹介ありがとうございます。

そもそもアーヴ語の文法に関する資料で現在手に入るものは、「星界の紋章読本」に掲載されている数ページのものしかなく、あとは過去に発行されていたファン有志の同人誌と、アニメの冒頭ナレーションくらいしか資料ないはずですよね…それでここまで再現するとかすげーな。

こうやって聞くとアーヴ語が日本語をベースにしているのもよく分かります。これはいいものを聞かせて頂きました。つーかこの作者の方、ヒュムノス(ガストのRPG「アルトネリコ」シリーズに登場する人工言語)も扱ってんのかよ…中の人どんな方なんでしょ。


2016-05-28

森岡先生がブログをされているのご存じでしたか…(震えながら

今日も今日とてネットの海をたゆたっていたら、「SF Prologue Wave」という、日本SF作家クラブ会員有志により運営されるネット・マガジンを発見しました。

SFPW

森岡先生も、いくつかの投稿をしてくださっています。特に、「星界の断章Ⅲ」の各話についてのコメントが寄せられている、

SF Prologue Wave – 『星界の断章Ⅲ』森岡浩之

と、「突変」のプロローグが掲載されている

SF Prologue Wave – 「入港遅延船」森岡浩之

は、ファンにはたまらないのではないでしょうか。

っていうか皆さんこのサイトの存在をご存じでしたか?僕は全然知らなかったのですが…

それはさておきそろそろ今年も折り返し地点が来ようとしています。今年はどの新作が来るのかなー。


1 / 812345...最後 »